教育

同志社の国登録有形文化財「フレンド・ピース・ハウス」解体撤去
同志社創設期に建てられた国登録有形文化財「フレンド・ピース・ハウス」(京都市上京区)が昨年11月に解体撤去されていたことが19日までに分かった。老朽化した同志社幼稚園をこの敷地に新築移転するためだ。移築も検討したが、断念したという。
ルーテル学院と九州ルーテル学院 学校法人間の包括的連携協定を締結
ルーテル学院(東京都三鷹市)と九州ルーテル学院(熊本市)が21日、学校法人間の包括的連携協定を締結し、その調印式が九州ルーテル学院で行われた。両理事長は「連携をさらに進めていきたい」と述べ、今後切磋琢磨しながら協力を深めていくことを確認した
酪農学園大 韓国CCCの学生メンバーと新年礼拝
酪農学園大学(北海道江別市)は8日、韓国からCCC(キャンパス・クルセード・フォー・クライスト)のメンバーと日本同盟基督教団・文京台レインボー教会の金周煥(キム・ジュファン)牧師を迎え、黒澤記念講堂で今年最初の礼拝を行った。
長崎西高生考案の「キリシぱん」、長崎のローソンで限定発売
長崎県内のローソン各店で菓子パン「キリシぱん」が、22日から約1カ月間の予定で販売される。長崎県立長崎西高等学校の生徒とローソンが共同開発した。世界遺産である五島列島にちなみ、長崎の郷土菓子「かんころもち」などを包んで焼き上げられたもの。
阪神・淡路大震災から24年 関西学院大メモリアル・チャペル
阪神・淡路大震災(1995年)で学生15人と教職員ら8人が亡くなった関西学院大学(兵庫県西宮市)は9日、西宮上ケ原キャンパスにあるランバス記念礼拝堂で阪神・淡路大震災メモリアル・チャペルを開催した。学生や教職員など約160人が集まった。
日本ルーテル神学校が「神学一般コース」新設、15日から出願受付開始
日本ルーテル神学校(東京都三鷹市、石居基夫校長)に4月から「神学一般コース」が新設され、出願受付が15日から始まる。どの教派の信徒でも、またキリスト教に深い関心のあるノンクリスチャンに広く開かれた学びを2年間のプログラムによって提供する。
【インタビュー】青山学院院長の山本与志春さん 「地の塩、世の光」となるサーバント・リーダー育成を目指す(後編)
青山学院は幼稚園から大学・大学院までを擁し、キリスト教信仰に基づく建学の精神で「人と社会のために何ができるか」を考え、実践し続けている。昨年7月に院長に就任した山本与志春(やまもと・よしはる)さんに話を聞いた。後編はこれまでの歩みなど。
【インタビュー】青山学院院長の山本与志春さん 「地の塩、世の光」となるサーバント・リーダー育成を目指す(前編)
青山学院は幼稚園から大学・大学院までを擁し、キリスト教信仰に基づく建学の精神で「人と社会のために何ができるか」を考え、実践し続けている。昨年7月に院長に就任した山本与志春(やまもと・よしはる)さんに話を聞いた。前編は青学の教育方針について。
聖心女子大 新学長に髙祖敏明氏
聖心女子大学は1日、第9代学長に髙祖敏明(こうそ・としあき)氏(71)を11月20日の理事会で選任したと発表した。任期は2019年4月1日から4年間。髙祖氏は聖心女子学院理事で上智大学特任教授。岡崎淑子学長の任期満了に伴うもの。
遺愛女子中学・高校がキャロリング 函館市内にキリスト誕生の喜びを届けて
遺愛(いあい)女子中学校・高等学校(福島基輝校長)は5日、毎年恒例のクリスマス・キャロリングを函館市内で行った。今年は、188人の生徒がグループに分かれ、病院や教会、幼稚園や福祉施設、JR函館駅など市内17施設を訪れ、美しい歌声を響かせた。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.