「学校」 一覧

阿久戸光晴氏が福岡女学院大学・福岡女学院大学短期大学部学長に
聖学院大学学長と聖学院理事長・院長を務めた阿久戸光晴(あくど・みつはる)氏(67)が4月1日付で福岡女学院大学・福岡女学院大学短期大学部(福岡市南区)の学長に就任した。前任は髙島一路氏。 入学式が4月2日(月)に行われ、746人(大学、大学
関西学院大学准教授の榎本てる子氏、召天
関西学院大学神学部准教授の榎本てる子(えのもと・てるこ)氏が4月25日、急性肺炎のため召天した。55歳。病気療養中だった。前夜式は27日19時から、告別式は28日(土)11時から、日本基督教団・京都葵教会(京都市左京区下鴨下川原町30)で執
東京基督教大学の新入生は57人、山口学長の新体制がスタート
東京基督教大学(TCU、千葉県印西市)の入学礼拝が4月4日に行われた。新入生は57人。山口陽一新学長が「Stand in the Gap 破れ口にキリストの平和を──友なるイエスに応えて」と題して説教した。「Stand in the Gap
東洋英和女学院で全学院新年度礼拝、メッセージは新学院宗教部長の伊勢田奈緒氏
東洋英和女学院(東京都港区)は4月13日、小学部講堂で全学院新年度礼拝を行い、幼稚園、小学部、中高部、大学・大学院、法人事務局の教職員約160人が出席した。 今年度新たに学院宗教部長に就任した伊勢田奈緒(いせだ・なお)氏が「主のために」と題
日本人初のWCC会長で国際基督教大学名誉教授の武田清子氏、召天
思想史学者で国際基督教大学(ICU)名誉教授の武田清子(たけだ・きよこ、本名・長清子=ちょう・きよこ)氏が4月12日、老衰のため召天した。100歳。故人の意思により、葬儀は家族で執り行われた。後日、偲ぶ会を開くが、日取りなどは未定。連絡先は
明治以降、宣教師や日本人キリスト者によって創設された私立学校(女学校)で、その後、国から大学として設置認可されたもの。最初は海外の宣教団体によって運営されているところも多かったが、その後、独立して日本人の手で学校経営されるようになった。 日
際基督教大学名誉教授の古屋安雄氏、召天
古屋安雄氏(国際基督教大学名誉教授)が4月16日未明に召天した。91歳。葬儀は22日午後1時から同大礼拝堂(東京都三鷹市大沢3−10−2)で行う。司式は加山久夫氏(明治学院大学名誉教授)。 遺族は花料を辞退している。葬儀に関する問い合わせは
セブンスデーの三育学院、4月からどう変わる
セブンスデー・アドベンチスト教会(SDA)が設立母体である私立の広島三育学院(高等学校・中学校・大和小学校:広島県三原市)と沖縄三育学院(中学校:沖縄県名護市、小学校:中頭郡)はそれぞれの学校法人によって運営されてきたが、4月1日、学校法人

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.