国際

米朝首脳会談についてカトリックとプロテスタントの代表者がコメント「対立的なレトリックから和解的な言葉へ」

投稿日:2018年6月14日 更新日: -

 

バチカン駐韓国大使のアルフレッド・シュエレブ大司教は12日、米朝首脳会談について次のようにコメントした。バチカンニュース(英語)が報じた。

バチカン駐韓国大使のアルフレッド・シュエレブ大司教(写真:Antho.Espinoza12)

「会談は実に歴史的であり、教会は希望と信頼に満ちている。しかし私たちは、まだ長いプロセスの始まりにいるにすぎない。

韓国の人々と教会は『この真に歴史的な出来事』をずっと待ち望んできた。米朝首脳会談は、(平和に向けた)長く困難な道のりの始まりに重要な1ページを開いた。

私たちは希望に満ちている。それは、この始まりがとてもポジティブで、とても良いものだからだ。『炎と激しい怒り』『北朝鮮の完全な壊滅』といったレトリックや言葉が、平和について語る、より和解的な言葉へと変わったのだ。

韓国の教会はこの出来事の間、大きな信仰をもって過ごした。ソウルのカテドラル(司教座聖堂)では毎週火曜日に、平和と和解のための特別な祈りがささげられてきた。韓国の司教らは、17日から25日まで、朝鮮半島の平和、和解、統一のための『ノベナ』(9日間の祈り。ラテン語のnovem〔数字の9〕から)を提案している。

この歴史的な首脳会談と、その結果生まれたより和解的な雰囲気の中で、北朝鮮に福音が伝道されるよう教会は祈っている。

ローマ教皇庁は、対話と和解のためのあらゆる働きを率先してサポートし、この機会に北朝鮮にイエス・キリストの良い知らせがもたらされることを望んでいる」

エキュメニカル・センターのチャペルで行われた祈りのためのキャンドル・サービスでオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事(写真:Ivars Kupcis/WCC)

また、世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事は、米朝首脳会談の後、次のように述べた(WCCのウェブサイト、英語)。

「この地域にとってより平和で安全な未来に向かう道筋の、重要な最初のステップを神に感謝している。

両首脳の署名した共同声明が認めているように、これらの相互の確約を行動に移す詳細かつ困難な作業は、まさに始まったばかり。私たちは、両国の首脳が平和のための対話の道筋に留まり続け、過去の対立的なレトリックに逆戻りしようとする衝動に抗し続けることを求める。

WCCは、米国と韓国、北朝鮮の諸教会と共に、また諸教会を通して、その努力を続け、広げるだろう。この3国の人々の間に信頼と相互理解の架け橋を築き、数十年に及ぶ緊張と敵意、孤立によって築き上げられたパターンを克服するために。

信頼を醸成する他の重要な措置の中で、将来の米韓合同軍事演習の中断、北朝鮮に対する制裁の緩和を求める。この会談に続いて、早く朝鮮戦争の終結を公式に宣言し、1953年の停戦協定の代わりに平和条約を締結して、中断した戦争状態を終わらせ、この地域の諸課題を解決するために助けとなる状態を作り出すことを、私たちは特に求める。

朝鮮半島の非核化へのコミットメントが、世界的な核軍縮の努力に刺激を与えることを祈っている。そうでなければ、このような存在の脅威から自由になることはできない」

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

サポーター募集中!
メルマガ(無料)登録 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています
日本聖書協会おすすめ聖書特集

-国際
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.