今日は何の日?

4月12日はガリレオ裁判が始まった日

投稿日:2019年4月12日 更新日: -

 

今日4月12日は、ガリレオ・ガリレイの異端審問が始まった日。1633年のことです。ガリレオはカトリック信者でしたが、地球は太陽のまわりを回転しているという地動説を唱えたことで、ローマ教皇庁の検邪聖省(異端審問所から改称)に出頭するよう命じられました。ただ、地球中心説がカトリックの教義であったことはなく、「キリスト教と科学の戦い」という分かりやすいストーリーは19世紀以降に創作されたものだと現在ではいわれています。科学的に無知だった当時の教職者から快く思われなかったために有罪にさせられたのです。この裁判には疑問が多いことから後に検証され、最終的に1992年、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が誤りを認め、ガリレオに謝罪しました。ガリレオの死から350年後のことでした。

ジョゼフ=ニコラ・ロベール=フルーリー「ガリレオ裁判」

Print Friendly, PDF & Email
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-今日は何の日?
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.