その他 今日は何の日

4月7日は「ヨハネ受難曲」の初演日

投稿日:2019年4月7日 更新日: -

 

今日4月7日はバッハが「ヨハネ受難曲」を初演した日です。1724年、39歳になったばかりのバッハが、宮廷楽長をしていたケーテンから70キロほど南にあるライプツィヒに移り、聖トーマス教会のカントールとして着任して初めて迎える聖金曜日(キリストが十字架につけられる日)でした。

ライプツィヒの聖トーマス教会(写真:Frank Vincentz)

聖週間(イースターの前の1週間)の典礼では、イエスの受難を追体験するため、早い時期から受難物語の朗唱が行われていました。現在もカトリックなどでは聖金曜日、司祭と朗読者と会衆が受難の場面を読み交わす朗読劇のようなかたちでヨハネ福音書18〜19章が読まれます。当時、カトリックが世俗的な音楽を排除しようとしたのに対して、ルター派は寛容だったため、16〜17世紀、集中的に受難曲が作曲され、やがて合唱や管弦楽を伴うオラトリオ受難曲の頂点としてバッハの受難曲が誕生しました。

クリスチャンプレス は、FELLOW WORKER(同労者)同士が手をつなぐために記事を配信しています。ぜひシェアしてご活用ください。

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-その他, 今日は何の日
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.