放送案内

9月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「あさのことば」

投稿日:2018年9月5日 更新日:

Print Friendly, PDF & Email

 

日本キリスト改革派教会のラジオ番組「あさのことば」。IBS茨城放送(水戸1197KHz)で午前6:12~6:17に放送されているほか、テレフォンメッセージ(03-3291-4604)や「ふくいんのなみ」ホームページでも24時間聴ける。

持田浩次氏(写真:RCJメディア・ミニストリー提供)

2日~7日担当:持田浩次氏(三郷教会牧師)

2日(日)「信仰のメガネ」
3日(月)「神様は全てを益にされる」
4日(火)「かけがえのない価値」
5日(水)「キリストの平和」
6日(木)「神様のわざが現れるため」
7日(金)「捜して救うために来た主」

三川栄二氏(写真:RCJメディア・ミニストリー提供)

9日~14日担当:三川栄二氏(稲毛海岸教会牧師)

9日(日)「実を実らせるのは神」
10日(月)「大江牧師の種子島伝道」
11日(火)「種子島伝道の実り」
12日(水)「献身者の家族」
13日(木)「4代目の牧師」
14日(金)「生きて働かれる神」

坂井孝宏氏(写真:RCJメディア・ミニストリー提供)

16日~21日担当:坂井孝宏氏(勝田台教会牧師)

16日(日)「天国人のボキャブラリー レッスン18 慰め」
17日(月)「天国人のボキャブラリー レッスン19 安心」
18日(火)「天国人のボキャブラリー レッスン20 憐れみ」
19日(水)「天国人のボキャブラリー レッスン21 賛美する」
20日(木)「天国人のボキャブラリー レッスン21 交わり」
21日(金)「天国人のボキャブラリー レッスン22 執り成す」

小峯明氏(写真:RCJメディア・ミニストリー提供)

23日~28日担当:小峯明氏(船橋高根教会牧師)

23日(日)「人生の点検」
24日(月)「罪の赦(ゆる)しの福音」
25日(火)「わたしに従いなさい」
26日(水)「食卓の主人 イエス様」
27日(木)「イエス様の憐れみ」
28日(金)「罪を赦す権威」

三川共基氏(写真:RCJメディア・ミニストリー提供)

30日担当:三川共基氏(松戸小金原教会牧師)

30日(日)「私の助けは、天地を造られた主から来る」

「東北あさのことば」は毎週土曜日の午前5:55-6:00、TBC東北放送(仙台1260KHz・気仙沼801KHz・鳴子1557KHz・志津川1215KHz)で聴ける。テレフォンメッセージ(03-3291-4604)も土曜日にある。

風間義信氏(写真:RCJメディア・ミニストリー提供)

担当:風間義信氏(仙台教会牧師)

1日「神に望みを置く信仰」
8日「神の愚かさ」
15日「まことの知恵」
22日「かけがえのないもの」
29日「どこから来てどこへ行く」

-放送案内
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
雜賀信行(さいか・のぶゆき)

雜賀信行(さいか・のぶゆき)

「クリスチャン・プレス」編集長。カトリック八王子教会(東京都八王子市)会員。日本同盟基督教団・西大寺キリスト教会(岡山市)で受洗。1965年、兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒業。90年代、いのちのことば社で「いのちのことば」「百万人の福音」の編集責任者を務め、新教出版社を経て、雜賀編集工房として独立。2001年からキリスト新聞社をはじめ、キリスト教出版社を中心に書籍や雑誌の編集を数百冊手がけてきた。著書に『人生が変わる聖書のことば60』(いのちのことば社)、『牧師夫人新島八重』『キリシタン黒田官兵衛』『宮沢賢治とクリスチャン』などがある。

2018年11月17日 患難との戦い(フィリピの信徒への手紙 1:12-20)
Print Friendly, PDF & Email

兄弟たち、わたしの身に起こったことが、かえって福音の前進に役立ったと知ってほしい。

つまり、わたしが監禁されているのはキリストのためであると、兵営全体、その他のすべての人々に知れ渡り、

主に結ばれた兄弟たちの中で多くの者が、わたしの捕らわれているのを見て確信を得、恐れることなくますます勇敢に、御言葉を語るようになったのです。

キリストを宣べ伝えるのに、ねたみと争いの念にかられてする者もいれば、善意でする者もいます。

一方は、わたしが福音を弁明するために捕らわれているのを知って、愛の動機からそうするのですが、

他方は、自分の利益を求めて、獄中のわたしをいっそう苦しめようという不純な動機からキリストを告げ知らせているのです。

だが、それがなんであろう。口実であれ、真実であれ、とにかく、キリストが告げ知らされているのですから、わたしはそれを喜んでいます。これからも喜びます。

というのは、あなたがたの祈りと、イエス・キリストの霊の助けとによって、このことがわたしの救いになると知っているからです。

そして、どんなことにも恥をかかず、これまでのように今も、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望しています。

(フィリピの信徒への手紙 1:12-20)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.