聖書

「聴く聖書ドラマ」大和田伸也さん、つるの剛士さん、六平直政さんの囲み取材と完成披露パーティー

 

日本で初めての本格的なドラマ仕立てのオーディオ・ブック聖書アプリ「聴く聖書ドラマ」の無料ダウンロードが18日から始まった(スマホのApp StoreGoogle Playストアから)。同アプリを制作した日本G&M文化財団は記者会見をGINZA SIX「ザ・グラン銀座」(東京都中央区)で開き、その中で出演者への囲み取材があった。その後、日本のキリスト教界の代表者など100人あまりが招待され、完成披露パーティーも開催された。

左からつるの剛士さん、大和田伸也さん、六平直政さん。ざっくばらんに質問に応じる出演者に会場は明るい雰囲気に包まれた。

今回取材の応じたのは、父なる神の声を演じた大和田伸也(おおわだ・しんや)さん、福音書記者マタイを演じたつるの剛士(つるの・たけし)さん、創世記の父祖ヤコブを演じた六平直政(むさか・なおまさ)さん。

──出演依頼が来たとき、どう思われましたか。また、どのように役作りをされたのでしょうか。

大和田:「聖書」は世界的大ベストセラーで、演じるのは神の役。父が敬虔(けいけん)なクリスチャンだったので、私のような人間が神をやっていいのか大いに悩みましたが、自分が持っている低音が役に立つならと思いました。

神を表現するにあたっては、「人間の世界ではなくて、もう少し崇高(すうこう)なところから喋(しゃべ)らなくてはいけない」とか、「人間でなく神はどうなんだろう」という気持ちを掘り起こして演じるようにしていました。

六平:私は浄土真宗のお寺に生まれたので、「聖書の中の人物を演じてもいいのかな」とためらいがありましたが、「天で神様はつながっているはずだ」と思い、引き受けました。これまで聖書を読んだことがなかったので、創世記のヤコブがどういう人かも分かりませんでした。資料も台本だけだったので、自分で想像しながら演じました。ただ、録音前にはG&Mの会長が祈ってくれたので、気持ちが清くなっていく気がしました。

つるの:僕はクリスチャンで、小さい頃から教会に通い、聖書にも親しんできたので、「あの徴税人で、イエスの弟子になり、後に福音書記者になったマタイを演じられるのか」と緊張しました。始まってからも、マタイがどんなキャラクターなのか、悩みながら録音にあたっていました。それから、聖書は分厚く、見かけることはあっても手に取ることはあまりないと思うので、大人も子どももこの機会に聖書に触れてほしいと思います。

さまざまなメディアからの質問に答える3人。

──印象に残ったシーンを教えてください。

大和田:「人間はこうあるべきなんだ」と毎日教えられながら過ごしていたので、どのシーンも心に刻まれています。映画の「十戒」は見ましたけれど、あれは神でなくてモーセの視点なんですね。今回初めて聖書を読み通し、「旧約聖書はこういうものなんだ」とものすごく勉強になりました。神は俯瞰(ふかん)で人間を見ているようだけれど、グイグイ心に入っていくんですね。そういうところを表現するのが面白く、そこがものすごくやりがいがありました。

六平:ヤコブの家族や同胞に対する愛の深さがすごいと思いました。いま「絆(きずな)」という言葉がよく聞かれますが、聖書にはすでに「絆」が描かれていて、新しい書物と言ってもおかしくないと思います。

つるの:すべて印象に残っていますね。小さい頃に教会で歌った賛美歌が、ここの聖書の言葉がメロディーになっていたのかと気づかされることもあって、新たな発見を得ることができました。こういうふうに音声になると、立体的に聖書を捉えることができるので、とてもいいですね。

──心に残っている聖書の言葉はありますか。

大和田:たくさんあります。その一つが「光あれ」です。相変わらず争いごとの絶えない現代、その中にいる人に「光あれ」と言いたいし、災害にあわれた方にも、病気で苦しまれている人にも「光あれ」と本当に思います。

つるの:「赦(ゆる)し」です。どんなことがあっても赦していく。それが良い時代につながっていく。そういう普遍的なメッセージが聖書の中にずっと紬(つむ)ぎ出されているので、そこのところを皆さんに感じてほしいと思いました。今回やっていて思ったのは、神はいろいろなことを赦してくださっているということで、その上で一人ひとりに使命を与えているのだなということを感じ、神様の懐(ふところ)の限りない広さを思いました。

六平:言葉ではありませんが、ヤコブを演じて感じ取った「絆(きずな)」ということです。

左からつるの剛士さん、大和田伸也さん、六平直政さん。

──特にどんな人に聞いてほしいですか。

大和田:こういう考え方もあるということを、若い人に聞いて分かってもらいたい。また、壮年世代にも手軽に聞いてほしい。両方の世代に楽しみながら聞いていただきたい。

つるの:子どもたちも含め、これまで聖書に触れる機会がなかった人はもちろんですが、改めてクリスチャンの方にも聞いてほしいです。僕自身、「こういうことが書かれていたのか」と改めて再認識する素晴らしい機会を与えられたので、昔から聖書に触れている人にも聞いていただきたいと思います。

六平:小・中学校の道徳の時間に流すのはいいかなと。無理やり聞かせるのではなく、BGMのように流しておいたらいいのではないでしょうか。

このあと開催された完成披露パーティーには約100人が集まった。その中で、グローバルG&Mグループ会長のビル・ファンさんは次のように挨拶(あいさつ)した。

「私の人生の最初の45年間、聖書を通読しようと努力はしてみても、結局1度だけ通読するのがやっとでした。しかし、米国で英語版のドラマ・バイブルに出会った後の10年間では、10回も通読することができました。

ほとんどすべてのクリスチャンは『聖書を読みたい』と望んでいます。しかし、それをなかなか実現できないのは、意志や努力ではなく方法の問題です。その方法としてドラマ・バイブルは非常に有用であり、またウォール街で働いていた30年にわたり日本から多大な恩恵を受けた私にとって、日本語でのドラマ・バイブルの実現は最優先事項でした。しかし、ここまで早く実現するとは思いませんでした。制作に関わってくださったあらゆる方と、そして神様に感謝します。

福音の種をまく者がいて、種に水をまく者もいる。しかし、種が育つのはひとえに神の恩寵(おんちょう)によります。そして、神様のパワーを得た者の成長は決して止まることがありません。このドラマ・バイブルにより、日本中に福音の種と神の恩寵が広がりますように」

Print Friendly, PDF & Email
よかったらフォローお願いします。
よかったらシェア

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-聖書
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.