8月22日は、「メサイア」の作曲が始められた日

 

今日8月22日は、ヘンデルが「メサイア」の作曲を始めた日です。演奏時間2時間半、自筆楽譜259ページにも及ぶこの壮大なオラトリオを、速筆のヘンデルはわずか24日間で書き上げました。第2部最終曲の「ハレルヤ」(通称「ハレルヤ・コーラス」)は特に有名です。

「メサイア」自筆稿、「ハレルヤ」の終わりの部分。1741年9月6日の日付で、この8日後に完成した。

「メサイア」(救い主という意味の「メシア」の英語読み)は、救い主キリストの到来の預言から誕生、苦難、十字架上の死、復活、昇天、そして再臨をまでを題材にしたオラトリオ。オラトリオとは、聖書理解を深めるために考え出された音楽のことです。歌詞は欽定訳聖書と『英国国教会祈祷書』の詩編から採られ、すべて英語で歌われます。

ヘンデル(バルタザール・デンナー画)

ヘンデルは生涯、約50曲もオペラ(歌劇)を作曲しました。「オンブラ・マイ・フ」(懐かしい木陰よ)や「私を泣かせてください」など、その中でもよく知られた曲です。そのオペラによって鍛え抜かれたヘンデルは、56歳のとき、オペラのドラマ性や洗練された音楽と聖書の言葉を融合させて、崇高で気品に満ちた楽曲に仕上げたのです。

Share

Related Posts

  1. 【クリスチャンな日々】第20回 「強い意志」は失敗のもと?

  2. 【クリスチャンな日々】第27回 小さなことができれば大きなことは楽勝 MARO

  3. 【インタビュー】ソプラノ歌手・ありめせつこさん(後編) 歌うことは神様が備えてくださった道

  4. 1月3日「博士たちは、喜びに溢れた」

  5. 那覇市の教会でクラスター発生。会食が原因とみられる

  6. カトリック福岡教区と長崎大司教区 公開のミサの中止を延長

  7. 新潟県で震度6強、山形県で震度6弱 イムマヌエル、バプ連の地元の教会は

  8. 【今日は何の日】10月9日 熟睡の日

  9. 【連載小説】月の都(29)下田ひとみ

  10. 【毎日連載】思い出の杉谷牧師(17)下田ひとみ

  11. バプ連が首相と日本宗教連盟に抗議 「宗教団体への公金支出に反対」 2020年6月27日

  12. 【今日は何の日】2021年7月23日 東京オリンピック開会式・・・の予定

  13. 日本福音ルーテル教会 39県で緊急事態宣言の解除を受けて、「礼拝再開に際しての注意事項について」という文書を発表

  14. 【トナリビトの怪】(3)世界民俗学とキリスト教 波勢邦生 『アーギュメンツ#3』

  15. 2020年12月29日「ただ主に仕えよ」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。