8月4日は修道士ドン・ペリニヨンがシャンパンを発明した日

 

今日8月4日は修道士ドン・ペリニヨンがシャンパンを発明した日です。

(写真: THOR)

シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で作られるスパークリング・ワインのこと。フランス語読みで「シャンパーニュ」と発音されるのが正しく、英語読みでは「シャンペン」です。「ドン・ペリ」の愛称でおなじみの高級シャンパン「ドン・ペリニヨン」は、この修道士の名前に由来しています。

「この杯は、わたしの血による新しい契約です。飲むたびに、わたしを覚えて、これを行いなさい」(1コリント11:25)とイエスが命じたように、キリスト教会では聖体拝領(聖餐式)でぶどう酒(教会によってはぶどうジュース)を飲みます。そのため、中世ヨーロッパでは聖職者がミサのためにぶどう酒を必要としたこともあり、キリスト教の修道院でぶどう栽培とワイン醸造が行われていました。また、それが大きな収入源にもなっていたといいます。

(写真:Victor Grigas)

ベネディクト会の修道士ドン・ペリニヨンは、シャンパーニュ地方の修道院のワイン食料貯蔵庫長になります。今のように温度管理ができなかったため、発酵が不完全なまま冬を迎え、春になると再び酵母が活発になり、炭酸ガスが発生してしまうことがしばしばありました。このようなワインをガラスびんに詰めると、内部に炭酸ガスが充満し、びんが破裂する危険性があります。

ドン・ペリニヨンはこの泡をコントロールして質の良いワインを生産できないかと苦心しました。やがて、黒ぶどうから澄んだ果汁をしぼる技法や、異なる個性を持つぶどうをブレンドする「アッサンブラージュ」の手法を生み出すなど、さまざまな研究を重ねますが、完全に泡のないワインを作ることはできませんでした。

そこで、発泡を逆手に取り、分厚いガラスびんにコルクを栓にすることで(それまでは油を染み込ませた木の栓だった)、「発泡ワイン」として出荷できるようになったのです。

スパークリング・ワインは英国のほうが先だったなど諸説ありますが、ドン・ペリニヨンの忍耐とたゆまぬ努力によって誕生したシャンパンは、パーティーをはじめ、華やかな場には欠かせないものとして世界中で愛されています。

Share

Related Posts

None found

  1. 【夕暮れに、なお光あり】 しんがりを、のろのろと 上林順一郎

  2. 【連載小説】月の都(55)下田ひとみ

  3. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第6回 聖書的エステティック? 久米小百合

  4. 1月22日「求めなさい。そうすれば、与えられる」

  5. 2020年7月23日「土の器」

  6. 【訃報】 ジェイムズ・D・G・ダンさん(新約聖書学者) 2020年6月26日

  7. 【発達障害クリスチャンのつぶやき】 一度に複数のことをこなす「マルチタスク」が苦手な理由

  8. 【今日は何の日】8月24日 バルトロマイの記念日

  9. 卒業式に続き入学式を中止するところも プロテスタントのキリスト教主義大学の新型コロナ・ウイルスへの対応

  10. 2020年10月31日「わたしの時はまだ来ていません」

  11. 【宗教リテラシー向上委員会】 トランプ・カルトとキリスト教(2) 川島堅二

  12. 【インタビュー】上馬キリスト教会のツイッターで人気、MAROさんの連載開始 幸せに楽しくなるキリスト教を伝えたい(前編)

  13. 5000人超の足跡を収録 教文館『日本キリスト教歴史人名事典』刊行 日本キリスト教史研究の「里程標」 〝教会ウォッチャー〟八木谷涼子さんが編集の舞台裏を直撃取材 2020年9月21日

  14. 【発達障害クリスチャンのつぶやき】 結婚して逃れられた「毒親」からの洗脳

  15. ゴスペルから生まれた『ジェームズ・ブラウン』というジャンル

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。