8月9日は長崎原爆の日

 

今日8月9日は長崎原爆の日です。広島原爆投下から3日後のこの日午前11時2分、長崎市の上空500メートルで原子爆弾が炸裂(さくれつ)。当時の長崎市の人口24万人(推定)のうち約7万4000人が命を落とし、市内にあった建物も約36%が全焼または全半壊しました。

十数キロ南にある香焼町から撮影された長崎原爆のキノコ雲(写真:松田弘道)

19年の歳月をかけて1925年に完成した浦上天主堂(カトリック浦上教会)も原形を留めないほど破壊されました。教会には、翌日の聖母被昇天の祝日を控えて、ゆるしの秘跡を受けるために多くの信徒が集まっていました。爆心地から500メートルという至近距離にあったため、原爆による熱線を受けたり、崩れてきた瓦礫の下敷きになったりして、全員が亡くなりました。

破壊された浦上天主堂。帽子のような物体は、教会の鐘楼の屋根。圧力が上から来たため、遠くに吹き飛ばされなかった(1946年1月7日。写真:相原秀次)

新しい聖堂は59年、元の場所に外観そっくりに再建されました。がれきの中から発見された「被爆マリア像」(木製のマリア像の頭部)や、吹き飛ばされた「アンジェラスの鐘」(天主堂の鐘楼の一部)などが、原爆の悲惨さを伝えるものとして今も保存されています。

落下した鐘楼(写真:pachopi)

同じくがれきの中にあった木製の十字架が7日、米国ウィルミントン大学平和資料センターから浦上教会に返還されました。当時、長崎に駐留していた米軍人が長崎の教会関係者から譲り受けた後、82年、同センターに寄贈されていたといいます。今回、同センターのターニャ・マウス所長が浦上教会を訪れ、高見三明・カトリック長崎大司教らに「被爆十字架」を手渡しました。今日の午後6時から行われる平和祈願ミサで「被爆マリア像」とともに公開されます。

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】1854年9月19日 高橋是清の誕生日

  2. 【連載小説】月の都(10)下田ひとみ

  3. 2020年9月1日「神のものは神に返しなさい」

  4. カトリック横浜教区、主日のミサを一律に中止せず、それぞれの現場での判断にゆだねる

  5. 6月9日「信じてバプテスマを受ける者は救われる」

  6. 今日7月9日はウィンブルドン大会第1回大会が開催された日

  7. イエス様は雨でも傘をささなかった

  8. 7月8日は小坂忠の誕生日

  9. 【発達障害クリスチャンのつぶやき】 数学だけはフェアだった

  10. 【今日は何の日】1558年11月17日 メアリー1世の忌日

  11. 本田路津子さん、デビュー50周年 「わたしの目には、あなたは高価で尊い」の御言葉に支えられて

  12. 【宗教リテラシー向上委員会】 失われた「ひとづくり」の回復を 池口龍法 2021年1月21日

  13. 【インタビュー】キリスト教カウンセリング・センター理事長・大塩光さん 「牧師」の枠を取り払って、一人の人として(前編)

  14. 4月20日「神の怒りに任せなさい」

  15. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 中高生が都会に出ていってしまいます( ;∀;) 上林順一郎

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。