クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】オーストラリア森林火災に対応するキリスト教会(対訳)

 

毎夏、家族や若者向けの教会プログラムのため、(オーストラリア東南部にある)ニューサウスウェールズ州とビクトリア州の海岸で数百人の青年が2週間ほどを過ごす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Every summer, hundreds of young Australians devote two weeks to running Christian programs for families and youth on the beaches of New South Wales and Victoria.

しかし、大規模な森林火災によって、主催の聖書連合はイベントの中止を余儀なくされた。同地域は(最大都市のシドニーやメルボルンのある)、オーストラリアで最も人口の多いところだ。

But cataclysmic fires in southeastern Australia have interrupted the efforts of Scripture Union teams in the nation’s most populous states.

ビクトリア州マラクータのビーチで30年以上、聖書連合はイベントを開催してきた。しかし今年、この保養地を訪れた時には風向きが変わり、火災がすぐにマラクータへと迫ったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Scripture Union has served in the Victoria beach town of Mallacoota for more than 30 years. But when teams showed up to the vacation town this year, the winds changed and the fires began immediately threatening Mallacoota.

炎が近づき、ガラス瓶の破裂音やサイレンの音が聞こえる中で、グループ・リーダーのクリス・ムヘリンとメンバーは、熱く熱された建物の中で数百人の地元民や観光客と共に数時間を過ごすことになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As the blazes inched closer, leader Chris Mulherin and his team, along with hundreds of locals and tourists were evacuated to a movie theater were they spent hours in the hot building listening to sirens roar and glass bottles explode outside.

「ここに残りたいと思った理由の一つは、この大きな苦難を経験している地元の若者への思いからです。家を失った人もいれば、被害を受けなかった人もいます。ほとんどの人(観光客)は別の町に避難しましたが、地元の人々はここにいたので、置き去りにしたくなかった」とムヘリン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Part of the sense of wanting to stay was the commitment to the local youth who had been through this extraordinarily difficult experience,” said Mulherin. “Some of them had lost their homes. Others hadn’t. Most of the [tourists] were actually evacuated so they moved on or were going to move on but the locals obviously were still around and so there was this sense that we didn’t really want to leave them.”

翌晩、ムヘリンとチームは、(地元民や観光客の)若者がつらい体験を乗り越えられるようサポートするスペースを開いた。その後、ビクトリア州知事がここを災害地域に指定すると、チームはボートで、ムヘリンはその数日後にヘリコプターでメルボルンに戻った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
One night later, Mulherin and his team opened up a space for young people—locals and tourists alike—to come and process their experience. Then, the students headed back to Melbourne on a boat shortly after Victoria’s premier designated the area as a state of disaster, with Mulherin by helicopter a few days later.

その間、聖書連合は、ニューサウスウェールズ州の南海岸で活動する8つのチームを避難させた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Meanwhile, Scripture Union evacuated eight teams serving on the south coast of New South Wales, Australia’s most populous state.

ニューサウスウェールズ州ヒルビルで(写真:Raginginsanity)

この山火事によって、オーストラリアの6つの州すべてが被害を受け、規模は2400万エーカー以上にのぼった。「ニューヨーク・タイムズ」紙はその規模について、「(米国東部の山岳州である)ウェストバージニア州全域とほぼ同じ広さで、2018年のカリフォルニア山火事の3倍以上、19年のアマゾンの熱帯雨林火災の6倍」と説明している。少なくとも25人の死者を出し、何億もの野生動物が犠牲になり、一つの教会を含む数千の建物が焼けた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Australian bushfires have torched more than 24 million acres and spread across all six states. A New York Times article described the scale as “an area almost as large as West Virginia, more than triple the area destroyed by the 2018 fires in California and six times the size of the 2019 fires in Amazonia.” The fires have also killed at least 25 people and hundreds of millions of animals and destroyed thousands of buildings, including at least one church.

救援団体「ビリー・グラハム緊急対応チーム」は、米国やカナダ、英国の牧師による、救援訓練を受けたチャプレン隊を、ビクトリア州やニューサウスウェールズ州に2組送り出すことを今週発表した。同団体が火災対応支援を発表した昨年秋から、援助団体「サマリタン・パース」と連携しつつ、40人近くのチャプレンがオーストラリア各地で支援活動に従事している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Billy Graham Rapid Response Team announced this week that it would be deploying two groups of crisis-trained chaplains from the US, Canada, and the UK to Victoria and New South Wales. Nearly 40 chaplains have been traveling alongside Samaritan’s Purse since last fall as the organization has responded to the fires.

オーストラリアとニュージーランド地域緊急対応チームのリーダー、スチュワード・ベリッジは語る。「次の御言葉を思い起こすよう神様に促されてきました。『すべて重荷を負って苦労している者は、私のもとに来なさい。あなたがたを休ませてあげよう』(マタイ11:28)。そのことを現地で話す機会があるとき、ある人は涙を流し、沈黙してその言葉の意味に思いを馳(は)せました。御言葉から慰めを得ているのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“God has been reminding me the beautiful words in Matthew’s Gospel: ‘Come to Me all who are weary and burdened, and I will give you rest,’” said Steward Beveridge, who leads the ministry’s rapid response team in Australia and New Zealand. “When I have the opportunity to talk with people, there are tears and a moment of silence as they reflect on the words and take comfort in them.”

キリスト教系の国際的な環境保護連合体に加盟している「ア・ロシャ・オーストラリア」は次のような声明を出し、今回の火災避難者支援やほかの環境団体との協働の経験が役員一人ひとりに変化をもたらしたと伝えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The board of directors of A Rocha Australia, part of an international Christian conservation group, acknowledged that the fires had affected them personally, through assisting the evacuated or working with other environmental groups.

「私たちは福音の真理について黙想するため、そして人々と共に悲しみに耐えるために、立ち止まって祈りと回想の時を過ごしています。私たちが取り組んでいるクリエーション・ケア(被造物を守る)ミッションは主への礼拝です。一人ひとりにできることは小さな取り組みだとしても、今回の火災でショックを受け、怒りや絶望の中にある人々への奉仕を通して『地の塩、世の光』になりたいと願っているのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We are also pausing in prayer and reflection, to meditate on gospel truths, and to bear with others amidst our grief,” the board said in a statement. “And we are worshipping the Lord through creation care mission as we seek to be salt and light, in our own small way, to people who are in shock, angry, and despairing at the fires.”

また同団体は、キリスト教系だけでなく一般の環境保護団体とのパートナーシップを構築し、対策支援をしているという。理事会の声明には以下のように述べられている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A Rocha Australia also said it was building partnerships with Christian and non-Christian conservationists to aid with the recovery.

「オーストラリアの諸教会がこの災害を単なる政治問題ではなく、聖書にある悔い改めと奉仕の精神をもって捉えるよう、私たちは働きかけています。気候や環境問題をめぐる政治的考えは大きく二極化しており、しかもその論拠が、科学や聖書、温暖化の現状を踏まえていないものも多いことから、この取り組みはクリスチャンや教会にとって一つの困難となっています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We are looking for opportunities to engage Australian churches to see this disaster through a scriptural lens, in repentance and obedience, rather than simply as a political issue,” its board stated. “This is a challenge for Christians and churches in a nation where climate and environmental politics are so polarized, often being based upon political ideology rather than science, the Scriptures, and the new climate reality.”

2016年に行われた教会生活全国調査によると、オーストラリアにおける礼拝出席者の半数以上(56%)が「気候変動のおもな原因は人間にある」と信じている。そして同数が、「気候変動対策に取り組む道徳的義務が自分たちにはある」と答え、「たとえ経済的負担がかかっても、オーストラリアは気候変動にただちに対処すべきだ」と答えたのほほぼ半数(48%)に上る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
More than half of Australian churchgoers (56%) believe that humans are largely responsible for climate change, according to the 2016 National Church Life Survey. The same number of churchgoers agree or strongly agree that they have a moral duty to do something about climate change, and nearly half (48%) said that Australia should immediately address climate change even if the steps were costly.

また、諸教会の主任牧師の約4分の1(27%)が、説教の中で環境問題や地球保護について頻繁に、あるいは時おり取り上げると答えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Among senior church leaders, about a quarter (27%) say that they often or sometimes preach on the environment or caring for the earth.

ミッショナル大学環境学科のミック・ポープ教授は、「今が気候変動について語るのに最適な時期」という記事を「エターニティー」誌に寄せ、次のように訴えた。「この話題を敬遠し、または一部の人の声に押されて、これまでどおりの働きにだけ注力するのではなく、教会は声を上げるべきです。気候変動や(神の創造物である)自然の保護に取り組むべきなのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The church needs to be speaking up and not shying away from it or just adhering to some of the traditional issues that certain sections of the church think is our main area of focus. The church needs to be focusing on climate change and creation care,” said Mick Pope, a professor of environmental mission at Missional University, in a piece from Eternity titled “Now Is the Perfect Time to Talk About Climate Change.”

ヒルソング教会(写真:Matt Malone)

先月、(オーストラリアのペンテコステ派メガ・チャーチ)ヒルソング教会の創設者であるブライアン・ヒューストン牧師は、教会が取り組む短期的・長期的復興援助計画を発表した。集められた資金は、食料と水、避難所を火災避難者に提供する救世軍や消防士の支援に送られる。協力関係にある教会とも力を合わせて長期的な支援が行われる予定だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Last month, Hillsong founder and senior pastor Brian Houston announced that the denomination was organizing a campaign that would support both short- and long-term recovery. Some of the funds raised would support firefighters, while other money would go to the Salvation Army, which was offering shelter, food, and water to those evacuated by the fires. He also said that the megachurch would work with network churches to support long-term help.

「この乾いた大地に雨が降り注がれることを、私たち教会は神に祈り、信じます。また、イエスに希望があると信じます。そして私たちは、その揺るぎない約束にしっかりと立つことができるのです」と彼は書いている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“As a church, we are committed to pray and believe God for drought-breaking rain to quench our dry and parched land,” he wrote. “We believe there is hope in Jesus, and in Him, unshakable promises on which we can stand firm on behalf of our nation.”

ヒューストン牧師は6日、すでに50万豪ドル以上が集められたことをツイッター上で発表した(同ツイートは後に削除)。また金曜日には、100万豪ドル以上が集まったことをツイートしている(同じく後日削除)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In a tweet he later deleted, Houston announced on Monday that the church had raised more than half a million Australian dollars. On Friday, in another later-deleted tweet, Houston announced the church had raised more than one million Australian dollars.

被災地マラクータにあるB&B(簡易宿泊施設)のクリスチャン・オーナーであるデイビッド・ジェフリーが、押し迫る炎から逃げた体験を語ったBBCやスカイ・ニュースの報道は国際的にも有名になった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Back in Mallacoota, bed and breakfast owner and Christian David Jeffrey became an international face of the crisis after telling his story of escaping an approaching line of fire to BBC News and SkyNews.

ジェフリーは、自分の家を守るために避難しなかった地元民の一人だ。高さ60フィート(約18メートル)の火の壁がおよそ時速60マイル(約100キロ)の速度で向かってくるのを見て、「風の方向を変えてください」と神に祈ったという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Jeffrey was among several in his community who had resisted evacuating, deciding instead to defend his home. He said that he specifically asked God to change the direction of the wind as the 60-foot-high wall of fire traveled nearly 60 miles an hour in his direction.

「『神よ、この火を押し戻すことが叶(かな)わないのであれば、東からの風を与えてください』と。それから私がさらに声を上げると、風も強くなりました。もう一度大きく叫ぶと、風はさらに強くなりました」とジェフリーは「エタニティ-・ニュース」に語っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I prayed, ‘Lord if you don’t push this [fire] back now, we need [wind] from the east.’ As soon as I said that, it started blowing from the east a little bit. Then I got louder and [the wind] got stronger. Then I got louder again and it got stronger again,” Jeffrey told Eternity News.

祈り始めた後、ジェフリーは火の変化を感じたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
After he began praying, Jeffrey said that he felt the fire change.

「私は、『祈れ』と言われる神の声を聞きました。私は哀れな小さな声で祈り始めました。……すると私の中で信仰が立ち上がり、『あなたは誰に祈っているのか』と問う声が聞こえたので、私は答えたのです。『はい、あなたは聖書の神です。あなたに不可能なことは何もありません!」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I heard God say to me, ‘pray.’ I started off with a pathetic little prayer. … Then within me, this faith rose up and said ‘who are you praying to?’ And I thought, ‘Yes! You’re the God of the Bible. Nothing’s impossible with you!’ ”

執筆:モーガン・リー

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2020/january/australia-fire-hillsong-scripture-union-rocha-climate-chang.html

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.