クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】テレビ伝道者のベニー・ヒン、繁栄の神学を「修正」する?(後編)

 

ベニー・ヒン・ミニストーズは、2017年に再び調査対象になっている。IRS(国歳入庁)は、テキサス州グレープバインにあるこのテレビ伝道者の本部を抜き打ち調査した。調査員は家宅捜索令状を手に、税金逃れの証拠が見つかる可能性が高いとし、この伝道団体の事務所で「政府に対する詐欺行為」が行われているのではないかと言った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hinn’s ministry came under investigation again in 2017. The IRS raided the televangelist’s headquarters in Grapevine, Texas. The agents had a search warrant saying there was probable cause to believe they would find evidence of tax evasion and “general fraud against the government” in the ministry’s offices.

IRSの広報官はクリスチャニティー・トゥデイ(CT)に対して、「その調査が継続中かどうか答えられない」とした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A spokesman for the IRS told CT that the agency cannot legally confirm or deny whether that investigation is ongoing.

9月6日(この記事を掲載する前日)までに、この広報官からもヒンからもコメントは届いていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Neither Hinn nor his spokesman could be reached for comment on Friday.

コスティー・ヒン(自身のツイッターから)

ヒンの甥であるコスティー・ヒンは、自身のおじと繁栄の神学に対しては批判的で、「大げさで派手な断念は今までのパターンと同じだ」と言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hinn’s nephew, Costi Hinn, who has been very critical of his uncle and of the prosperity gospel, said the big, splashy “renunciation” does fit a pattern.

「おじは今までずっと、寄せられる多くの報告や告発に対して、渋々ながらも自身の非を認めてきた。それは信頼を得るためであって、あたかも自分が悪いと認めているようにも見えるが、実はそれによって話の流れをコントロールしようとしているのだ。いつだって、コントロールしようとしているんだから」とコスティー・ヒン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Over the years, he has consistently conceded to enough of a report or an accusation to gain enough trust—as if he’s admitting to it—to gain control over the narrative. He always wants to control the narrative,” Costi Hinn said.

この断念がどれほどのものなのかは、まだ明らかではない。ベニー・ヒン・ミニストリーズの最新のオンライン記事では、「神を賛美すれば物質的な報酬が得られる」と書かれている。「あなたが信仰を持って神をほめたたえ続ければ、あなたの人生により豊かな恵みがもたらされるのが分かるでしょう。だんだんと、家賃の支払いについてや、電気が止まらないようにという苦労をすることがなくなります」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
It’s also not clear how thorough this renunciation is. Online at Benny Hinn Ministries, a recent article says if you praise God, you will be blessed with material rewards. “As you faithfully continue to praise God, increased blessings will start to appear in your life,” it says. “Eventually, you will no longer struggle to make the house payments nor worry about getting your lights shut off.”

ヒンは2018年にも「行き過ぎている」と言って、繁栄の神学を批判している。後に、「当時はその教えを断念したのではなく、浄化する必要があると感じただけだ」と説明した

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hinn also critiqued the prosperity gospel in 2018, saying it had gone too far. He later explained that he wasn’t renouncing the teaching; he only felt it needed to be clarified.

9月2日の放送において、「私が持っている神学を修正する」と言った後でも、ヒンは繁栄の神学を繰り返し伝えているように見える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
On the Monday broadcast, after saying he was correcting his theology, Hinn seemed to reiterate the substance of the prosperity gospel.

ヒンは言う。「まだ繁栄については信じている。繁栄のメッセージは聖書にある。『与えれば受ける』ということを否定することはできない。それが聖書にあるからだ。それを消すことはできない。絶対に。神は、人間が受けたいと願う以上の恵みを与えようと願っておられる。でも、人間がそれに値段をつけることはできない」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I still believe in prosperity,” Hinn said. “The message of prosperity is in the Bible. We cannot deny that if we give, we will receive. That’s in the Bible. You can’t erase it. No way. God wants to bless his people way more than you want to receive that blessing. But you can’t put a price on it.”

しかしながら、コスティー・ヒンは希望を持っている。この「修正」がこのテレビ伝道者の真の変化の始まりになると。「この変化が本物なのであれば、おじのためにパレードでもしてあげたい」とまで言う。しかしベニー・ヒンは額面どおりには受け取れない男だ。月曜日の発言のビデオを見て、コスティー・ヒンには、それがただのパフォーマンスにしか見えなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Costi Hinn is hopeful, nonetheless, that the “correction” is the start of a real change for the televangelist. If the transformation is real, he said he would throw his uncle a parade. But it’s difficult to take Benny Hinn at face value. Watching the recording of Monday’s statement, Costi couldn’t help but see a performance.

「あれはセンセーショナルだった。普通、悔い改める時はへりくだるだろう。身を低くするものだ。悔い改めの時にセンセーショナルになる人などいない。なぜなら、傷ついているんだから。深く悔いているんだから。でも、あの発言にはショーマンシップが見て取れた」とCTに語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It’s very sensational,” he told CT. “When we are repenting, we’re humble. We’re very low. We’re not being sensational when we repent. We’re being broken. We’re being contrite. There was a lot of showmanship in the statement.”

監査の必要性

コスティー・ヒンは、何らかのかたちで監査が入ることを望んでいる。この変化が本物になるためには、運営を見張る外部理事を入れることが必要だという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Costi Hinn said one thing he would hope to see is some measure of accountability. A board of outside overseers would go far, he said, towards ensuring this change is real.

ラスティー・レオナルド(自身のツイッターから)

経済的な監査と透明性を提唱する福音派の独立団体、ミニストリー・ウォッチ創立者のラスティー・レオナルドはそれに同意する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Rusty Leonard, the founder of Ministry Watch, an independent evangelical group that advocates for financial accountability and transparency, agrees.

「もしかすると、心から変化を望んでいるのかもしれない。そう思いたい。でも、今の時点では誰の力も借りようとしていない。繁栄の神学に反対している著名な牧師との協力が見られればと思う。ジョン・パイパーみたいな人と話をして、その人に『彼は悔い改めた』と言ってもらえればいいのだが」と言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Maybe it’s sincere. I’m hopeful,” Leonard said. “But right now there isn’t any corroboration. I want corroboration from a leading non-prosperity gospel pastor. It would be nice if he sat down with John Piper or someone like that, and someone like that said, ‘He’s repented.’”

監査の欠如は、繁栄の神学に対する基本的な批判の一つだ。特にアッセンブリーズ・オブ・ゴッドのようなペンテコステ派から寄せられている。この教団は、「今日でも神の奇跡がある。信仰によって癒やされる」と教え、「神が介入してくださるように祈ることがクリスチャンにとって大切だ」という。しかし、繁栄の教えにある安易なかたちのものは否定している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Lack of accountability is one of the standard critiques of the prosperity gospel, especially from classical Pentecostals like the Assemblies of God. The denomination teaches that God does miracles today; people can be healed by faith; and it is important for Christians to pray for divine intervention. But it rejects what it sees as the facile formula of prosperity teaching.

「少しでも監査がなくてはならない」とアッセンブリーズ・オブ・ゴッド神学大学(AGTS)教授のチャールズ・セルフは言う。「どこかの教団に属さないといけないということではないが、単立でやっている場合、誰も正すことができない。それが気がかりなんだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“You’ve got to have a modicum of accountability,” said Self at AGTS. “It’s not that people have to be denominational. But when they’re on their own and they’re not correctable, that’s a deep concern.”

スティーブ・ストラング(自身のツイッターから)

ヒンは番組の中で、「カリスマ・マガジン」誌創始者でCEOのスティーブ・ストラングと議論したことを明かした。また最近、クリスチャン放送協会の創立者であるパット・ロバートソンと話したことも報告し、「彼と共に祈った」と語った。しかし、誰かが彼の伝道団体の変化を見守るとは言及しなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In his broadcast, Hinn mentioned discussing his theological change with Steve Strang, the founder and CEO of Charisma Magazine. He also reported on a recent conversation with Pat Robertson, the founder of the Christian Broadcasting Network, and talked about praying with him. Hinn did not indicate that anyone would be overseeing any changes he might make to his ministry, though.

ラスティー・レオナルドは、「そんなことは起こらないだろう」と言う。「『注意深く、楽観視しないようにしている』と言ったら言い過ぎだろうか。逆に、『希望を持って悲観視している』と言ったほうがいいかもしれない」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Leonard said he didn’t think it was likely to happen.
“I’m not cautiously optimistic,” he told CT. “That’s too strong. I’m whatever the opposite of that is—maybe I’m hopefully pessimistic.”

執筆者:ダニエル・シリマン

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/september/benny-hinn-renounces-prosperity-gospel.html

Print Friendly, PDF & Email
よかったらフォローお願いします。
よかったらシェア

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.