クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】テレビ伝道者のベニー・ヒン、繁栄の神学を「修正」する?(前編)

 

ベニー・ヒン(90年代半ば、日本でも著書『聖霊さま、おはようございます!』『力ある主のイエスの血』『聖霊さま、歓迎します!』『今日も奇跡は起こる』『聖霊の油注ぎ』がマルコーシュ・パブリケーションから刊行され、何度か来日して集会も開いている)は、「繁栄の神学は終わった」と言う。しかし、長年、彼の動向を見てきた人には、その言葉は鵜呑(うの)みにできない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Benny Hinn says he is done with the prosperity gospel. But longtime observers are not ready to take his word on faith.

ヒンは1980年代から「繁栄の神学」の支持者であり、「信仰による行動には、神が健康と富で報いてくださる」と教えてきた。しかし9月2日、毎週3時間50分も放送している番組内でヒンは「自分は変わった」と言った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hinn has been a leading proponent of prosperity gospel theology since the 1980s, teaching that God rewards active faith with health and wealth. But on September 2, during his 3-hour, 50-minute weekly broadcast, Hinn said he had changed.

「私は、今まで信じてきた神学を修正している。皆さん、理解してほしい」と、スタジオでの観覧者とオンラインでの視聴者に訴えた。「神の祝福は売り物ではない。奇跡も売り物ではない。繁栄も売り物ではない」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I am correcting my own theology and you need to all know it,” the televangelist told his studio audience and those watching online. “The blessings of God are not for sale. And miracles are not for sale. And prosperity is not for sale.”

「『受けるために献金する』という神学は神を侮辱するものだと信じている」とヒンは言う。テレビ伝道者が「特定の金額を献げれば神の祝福がある」と教え、人々から「お金の種」を求めることを特に否定した。しかし、ヒンは同じことを何度も繰り返している。「1000ドルの献金と引き換えに神が物質的な祝福をくださる」と約束して。ヒンは月曜日、「もうそんなことはしない」と言った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hinn said he now believes such give-to-get theology is offensive to God. He specifically repudiated the practice of asking for “seed money,” where televangelists tell people that God will bless them if they give a specific dollar amount. Hinn himself has done this numerous times, promising God will give material blessings in exchange for a gift of $1,000. On Monday, he said he wouldn’t do it anymore.

「献げることがギミック(策略)になってしまった」とヒン。「もう嫌気がさしている。実は、しばらく前からそうだった。ただ、そう言い出せなかっただけで、もう我慢ができない。もう十分だ。なぜそう思うかと言うと、天国に行って非難されたくないからだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I think giving has become such a gimmick,” Hinn said. “It’s making me sick to my stomach. And I’ve been sick for a while too. I just couldn’t say it. And now the lid is off. I’ve had it. You know why? I don’t want to get to heaven and be rebuked.”

彼を近くで見てきたクリスチャンの中には、この断念を疑いの目で見る者もいる。神がヒンの心を変え、これが本当の悔い改めであるという可能性にかけたいと思う一方で、本当に変わったという証拠を待っている状況だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Some of the Christians who have watched him closest, however, viewed the apparent renunciation with skepticism. While they want to be open to the possibility of true repentance, and say God could have changed Hinn’s heart, they are waiting for some evidence of his transformation.

「時がたてば、これが宣伝のために行った小さな修正だったのか、信仰の成熟への大きな軌道修正の始まりだったのかが分かるだろう」と、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド神学大学(AGTS)の教会史教授であるチャールズ・セルフは言う。「前にもこういうことがあったので、今は静観している」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I think time will tell whether this is a minor correction, something for publicity, or the beginning of a new trajectory towards greater maturity,” said Charles Self, a professor of church history at Assemblies of God Theological Seminary (AGTS). “I’m taking a wait-and-see perspective, because we’ve been down this road before.”

同じことは以前にも

ヒンが最初に繁栄の神学を否定したのは1980年代後半で、90年代前半にも再び否定し、その時には「本当に変わった」という報告もあった。だが、ヒンは再び繁栄の神学の説教を始めたのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hinn rejected the prosperity gospel for the first time in the late 1980s and again in the early ’90s, and there were reports at the time that he had really changed. He went on to preach prosperity again.

ヒンはまた、「三神論」と呼ばれる異端的な三位一体論を考え出したことがあるが、批評家に叩(たた)かれると、その神学を修正した。しばらくアッセンブリーズ・オブ・ゴッドに加入してペンテコステ派に入ったが、すぐに分かれて以前のように独立の道を歩んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hinn has also ventured unorthodox descriptions of the Trinity, which critics called “tritheism,” but he corrected his theology when the criticism got to be too much. He joined the Assemblies of God for a while, accepting the oversight of the Pentecostal denomination, but then separated and went back out on his own.

ヒンの経済的活動に対しては、2度も連邦政府の調査が入っている。米国上院議会は2007年、ヒンの調査を開始し、ジョイス・メイヤー、ケネス・コープランド、クレド・ダラー、ポーラ・ホワイト、エディー・ロングも捜査対象になった。当時、上院財政委員長だったチャック・グラッスリー上院議員(アイオア州)は、米国で繁栄の神学を教える牧師たちが派手な生活を送っていることにショックを受け、非営利宗教団体の指導者への過度な報酬に対して、「IRS(国歳入庁)がしっかりとルールの徹底をしていないのではないか」と懸念を表明した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hinn’s financial practices have also been investigated twice by the federal government. The US Senate launched an investigation of Hinn, along with Joyce Meyer, Kenneth Copeland, Creflo Dollar, Paula White, and Eddie Long in 2007. Sen. Chuck Grassley (R-Iowa), then chair of the Senate Finance Committee, was shocked by the lavish lifestyles of American prosperity preachers, and expressed concern the IRS wasn’t doing its job enforcing existing rules against excessive compensation for leaders of religious nonprofits.

9月2日のベニー・ヒン・ライブ月曜夜の礼拝で

ある試算によれば、ヒンは毎年献金として1000万ドル受け取っているという。2009年、ABC放送の番組「ナイト・ライン」に出演した際、「毎年受け取る報酬は50万ドル以上」と言っているが、実際のところは分からない。ヒンのテレビ伝道団体は教会として登記されており、IRSに会計報告をする必要がないからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hinn, according to some estimates, was receiving tens of millions of dollars in donations every year. He told ABC’s Nightline in 2009 that his salary was more than $500,000 annually. An exact figure is unknown. Hinn’s televangelist organization is registered as a church, so it doesn’t report any financial information to the IRS.

ジェームス・ドブソン防衛同盟基金(現・自由防衛同盟)、米国宗教放送、「クリスチャニティー・トゥデイ」(CT)など多くの福音派団体から、上院議会の調査は厳しい批判を受けた。CT編集部はこの調査を「度を越した見落とし」とした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Senate investigation faced sharp criticism from a number of evangelical groups, including James Dobson’s Alliance Defense Fund (now the Alliance Defending Freedom), the National Religious Broadcasters, and Christianity Today. A CT editorial called the investigation an “oversight overstep.”

調査は2011年に終了したが、決定的な証拠の発見には至らなかった。それだけではなく、ほかの団体と違って、ヒンの伝道団体は調査に協力的だったと評価を受けた。グラッスリー上院議員の事務所は、何も見つけられなかったにもかかわらず、「調査は成功に終わった」とした。なぜなら、「委員会がこの調査を終わらせるのを待つことなく、ヒンが自らの団体の見直しを始めた」からだ。上院議員の公式発表によれば、「政府の改革を押しつけるよりも、自己改革のほうが効果的で速いからだ」という。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The investigation ended in 2011 with no definitive findings. Hinn’s ministry, unlike some of the others, cooperated with investigators and was praised for it. Grassley’s office said the investigation was successful, despite its lack of findings, because Hinn was “instituting reforms without waiting for the committee to complete its review.” According to the senator’s official statement, “Self-reform can be faster and more effective than government regulation.”

本当に自己改革があったかどうかは、外部のグループが一つも内部調査に入っていないために明らかではない。(後編に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
It is not clear whether there was any self-reform, though. Hinn’s ministry is not accountable to any outside group.
Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.