【今日の聖書】7月29日 エステル記8章3〜6節

今週のみことば「助けあう」

エステルは再び王の前で語り、その足元にひれ伏し、アガグ人ハマンの悪事、および彼がユダヤ人に対してたくらんだ計画を取り除いてほしいと、涙を流して王に憐れみを乞うた。

王が金の笏を差し伸べたので、エステルは身を起こし、王の前に立った。

彼女は言った。「もし王様が良しとされ、私が王様のご好意を得、このことが王様の前にふさわしいと思われ、そして私が王様の目に適うならば、アガグ人ハメダタの子ハマンが王様のすべての州にいるユダヤ人を滅ぼそうとたくらんで書き送った文書を撤回すると書かせてください。

どうして私は、私の民に降りかかる災いを黙って見ていることができましょうか。どうして私の同族が滅びるのを黙って見ていることができましょうか。」

 

※聖書の引用は新しい「聖書協会共同訳」を使っています。

日本聖書協会おすすめ聖書特集

Share
関連記事

Related Posts

None found

おすすめ