聖書解説をユーチューブで動画配信 「BibleCore バイブルコア」リリース  

日本初のドラマ仕立てのオーディオ・ブック聖書アプリ「聴くドラマ聖書」を手がけた日本G&M文化財団(東京都新宿区)が、新たに聖書の解説動画 「BibleCore バイブルコア」の配信をユーチューブで開始した。

創世記から黙示録まで各書巻の要点やエッセンスを、短い時間で分かりやすく解説した「バイブルコア」は、聖書を読み、聴くためのガイド。難しい聖書の世界を楽しく理解するために制作された。講義のように長時間ではなく数分で構成され、いつでもどこでも気軽に見ることができる。その一方で、 短い時間でも聖書の要点をしっかりつかめるよう、的を射た解説に、生き生きと効果的に動く文字ナビゲーションが付けられるなどの工夫もされており、聖書聴読のガイドとしてはもちろん、毎日のちょっとした隙間時間に見て、聖書に親しむことも可能だ。

解説者には、同財団の代表理事 、文俸柱(ムン・ボンジュ)氏ほか、 「聴くドラマ聖書」アプリの監修者でもある東京基督教大学教授のランドル・ショート氏、同じく伊藤明生氏など多彩な講師陣が参加している。現在、「旧約聖書とは」「創世記1」「創世記2」 「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」「ヨシュア記」「士師記」「マルコの福音 書」「ヨハネの福音書」 11のコンテンツが視聴可能で、今後、毎月2コンテンツずつ、聖書全66巻の解説動画のリリースを予定している。

昨年11月に、同財団がリリースした「聴くドラマ聖書」アプリは、大和田伸也、奥田瑛二、井上芳雄らをはじめ総勢150人のキャストが、聖書(新改訳2017)の言葉を一言一句忠実に表現し、その豪華な出演者とともに大きな評判を呼んだ。

現在8万4000ダウンロードを突破し、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う「ステイホーム」の期間にも多くの人に利用された。同財団のアンケートによると、76%の人が外出自粛などで以前よりも「聴くドラマ聖書」を聴くことが増えたと答えている。「バイブルコア」は、「聴くドラマ聖書」の通聴ガイドとしても最適で、同財団では「聴くドラマ聖書」アプリと併せて使うことも勧めている。

Share

Related Posts

  1. キリスト教主義大学(カトリック)の「新型コロナウイルス感染症」への対応について

  2. リニューアルメンテナンスのおしらせ

  3. あけましておめでとうございます

  4. クリスチャンプレス運営変更のおしらせ

  5. 「クリスチャンプレス(Christian Press)」事業終了についてのお知らせ

  6. 【解説】灰の水曜日って何?四旬節(レント)の意味は? 

  7. 新生宣教団、新プロジェクト「ザ・メサイア チャレンジ」を開始  チャレンジした子どもたちに『マンガ メサイア』をプレゼント!

  8. 【おしらせ】リニューアルメンテナンス 8月19日0:00〜2:00

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。