• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米CT】聖アウグスティヌスを引用しアメリカ国民に一致を呼び掛けるバイデン大統領

【米CT】聖アウグスティヌスを引用しアメリカ国民に一致を呼び掛けるバイデン大統領

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In his inaugural address calling for national unity, President Joe Biden turned to Christian teachings, including the Psalms and St. Augustine, to acknowledge the pain of the current political moment and his desire to bring Americans together around common values. Despite the adjustments made to this year’s ceremony, the event offered the typical display of American civil religion—prayers and appeals to national aspirations—with nods to Biden’s Catholic faith throughout.
In his first remarks as president, Biden continued to use the “soul” language that was the mantra of his campaign, saying, “My whole soul is in this, bringing America together, uniting our people, uniting our nation, and I ask every American to join me in this cause.” He acknowledged that, “Speaking of unity can sound to some like a foolish fantasy these days. The forces that divide us are deep and real,” but told Americans that “history, faith, and reason show the way of unity.”
Michael Wear, founder of Public Square Strategies LLC and a previous White House staffer, called the inaugural address “a soulful appeal for a substantive unity” and the best speech of Biden’s life.
“It drew on the deepest sources of meaning Biden could draw on, including faith,” said Wear, who served under President Obama. “Biden was honest in the speech, acknowledging that unity would not be found in agreement on every policy proposal, but in shared purpose and affection.”
祈り、聖句、そして「神の国」の引用でスタートを切ったカトリック信徒の大統領

ジョー・バイデン大統領は、詩篇や聖アウグスティヌスなどのキリスト教フレーズを引用し、就任演説で国民への団結を求めた。そして今の政治に存在する痛みを認めつつ、アメリカ人が共有する価値観のもとに一致して欲しいと国民に呼び掛けた。

例年と比べて多少の差異はあったものの、今回の大統領就任式も祈りや国民への呼びかけなど、市民宗教(訳注:国教に近い宗教)であるキリスト教のモチーフが各所に見られる典型的なもので、バイデン大統領のカトリック的信仰の影響も垣間見えた。

バイデン氏は大統領として初めて行うスピーチの中で、選挙戦のキーフレーズでもあった「ソウル(魂)」という言葉を用いた。
「私はこのことに魂を込めている。それはすなわちアメリカを一つにまとめ、人々を団結させ、国を団結させることだ。私は全てのアメリカ人にこの目標に向けた協力を呼び掛けたい。」

そして次のように続けた。

「最近は『団結』など愚かな夢物語だ、と言われている。私たちを分断する力は根深く、現実的なものだ」
「(しかし)歴史に学び、信仰に従い、そして理性を働かせれば、団結への道は開かれるだろう」。

パブリック・スクエア・ストラテジーズLLC社の創設者マイケル・ウェア氏は、この就任演説について「具体的な団結へ向けた魂のこもったアピール」であり、バイデン氏がこれまで行った演説のなかでも最高のものだったという。
オバマ政権下のホワイトハウス職員でもあった同氏は語る。「今回の演説は信仰的側面など、バイデン氏の最も意味深い部分を引き出した」「バイデン氏はスピーチのなかで、すべての政策提案で一致が見られなくとも、共有する目的意識、そして愛において私たちは一致できるはずだ、と正直に語った」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As Biden listed America’s common values, like opportunity, security, liberty, dignity, respect, honor, and the truth, he quoted a teaching from St. Augustine—“a saint of my church”—that “a people are a multitude defined by the common objects of their love.”
The church father shared this view in City of God, where he presented love, not law, as the thing that binds a society together. He wrote that “the soul takes on the character of what it loves” and “to see what a people is like, we should look at what they love.”
“It’s apropos for him to use this quote because Augustine’s talking about people as a nation,” said Han-luen Kantzer Komline, an Augustine scholar at Western Theological Seminary. “It’s also kind of a brilliant move to invoke Augustine. Biden is a Catholic, and Augustine is probably the most important theologian for Catholics apart from the Apostle Paul himself, but he’s also really important for Protestants.”
But she points out that Augustine also taught that an appeal to common loves, even good ones, is not enough to foster a virtuous society; that requires love of God above all else.
James K. A. Smith, whose book You Are What You Love is based on Augustine’s teaching, also celebrated Biden’s reference.
you know I’m weeping over here now fam #Augustine #WeAreWhatWeLove

バイデン大統領の就任演説と聖アウグスティヌス

バイデン氏は、アメリカ人が共有する価値観として機会、安全、自由、尊厳、尊敬、名誉、真実などを挙げ、自らの教会(カトリック)の聖人である聖アウグスティヌスの教えを引用した。

国民とは同じ何かを愛する人々だ

聖アウグスティヌスはこの見解を著書「神の国」で示し、社会を結びつけるのは法ではなく愛だと語った。そして「魂はその人が愛するものの性格を帯びる」「人々のことを知りたければ、その人が何を愛しているかを見ればいい」と書いた。

アウグスティヌスに詳しいハンルエン・カンツァー・コムライン教授(ウェスタン神学校)は「アウグスティヌスはこの部分で『国民』としての人々について話しているので、適切な引用です」「アウグスティヌスを引用すること自体、素晴らしいですね。バイデンはカトリック教徒であり、使徒パウロ自身を除けば、アウグスティヌスはカトリック教徒にとって最も重要な神学者と言えます。プロテスタントにとっても非常に重要な人物です。」

しかし彼女はまた、「共有する愛に訴えることは良いことだが、それは道徳的社会を育むには十分ではなく、何よりも必要なのは神の愛だとアウグスティヌスは教えた」と指摘する。

アウグスティヌスの教えについて書かれた書籍「あなたはあなたが愛するもの(原題You Are What You Love)」の著者、ジェームズK.A.スミス氏も、バイデン大統領がアウグスティヌスの言葉を引用したことを喜んだという。

ジェームスK.A. スミス
涙が出ます。#Augustine #WeAreWhatWeLove

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In his address, President Biden went on to quote Psalm 30:5, “Weeping may endure for a night, but joy cometh in the morning.”
“What’s remarkable is not that he quoted the psalms. Plenty of presidents have quoted the psalms in their inaugural speeches, from Woodrow Wilson to Barack Obama. What’s remarkable is how doubly apt his choice was,” said W. David O. Taylor, author of Open and Unafraid: The Psalms as a Guide to Life. “It not only accurately describes the desire of so many Americans, namely that this time of trial come to a certain and swift end; it also aptly describes the story of the psalmist who goes into trouble and comes out of trouble.”
Taylor, a Fuller Theological Seminary professor, noted that Psalm 30 is haunted with death imagery before inviting the community to praise God and expect him to turn their “mourning into dancing.”
Biden quoting the psalms in his #Inauguration2021 speech: “Weeping may endure for a night, but joy cometh in the morning.” You know who else quoted the psalms in their inaugural speeches? Hayes, Arthur, Cleveland, Harrison, Cleveland, Wilson, Eisenhower & Obama. #PsalmsForTheWin
“At the moment, for us as Americans, this is aspirational language. We’re not there yet. But Biden sounds the right note by giving voice to the yearning of every human heart, not just during these trying and troubling times, but at every time and in every place where God has rescued us from death into life,” he said.

引用された詩篇とその意味

演説の中で、バイデン大統領は続いて詩篇30章5節を引用した。
泣きながら夜を過ごす人にも喜びの歌と共に朝を迎えさせてくださる。

それについて「開かれ、恐れない者―詩篇に学ぶ人生の教え―(原題Open and Unafraid:The Psalms as a Guide to Life)の著者W・デイビッド・O・テイラーはこう述べている。
「注目すべきは、彼が詩篇を引用したことではありません。 ウッドロウ・ウィルソンからバラク・オバマまで、多くの大統領が就任演説で詩篇を引用しています。注目に値するのは、彼のチョイスが二つの意味で適切であったことです」「それは、非常に多くのアメリカ人の持つ『この試練の時がもうすぐ終わるように』という願いを正確に代弁しています。またそれは試練に遭い、そこから抜け出す詩編著者の物語を適切に説明する言葉でもあります。」
テイラー教授(フラー神学大学)は、詩篇30篇が神を賛美するように招き、神が「喪失感を(喜びの)踊りへと変える」ことを期待するように呼びかけている背後には、死のイメージに悩まされる信仰共同体の姿がある、と述べている。

W.デイヴィッドO.テイラー
バイデン氏は大統領就任演説で詩篇を引用しています。「泣きながら夜を過ごす人にも喜びの歌と共に朝を迎えさせてくださる」他に誰が彼らの就任演説で詩篇を引用したか、あなたは知っていますか? ヘイズ、アーサー、クリーブランド、ハリソン、クリーブランド、ウィルソン、アイゼンハワー、オバマ。 #PsalmsForTheWin

「今、私たちアメリカ人にとって、これは進むべき道を示す言葉です。私たちはまだそこにたどり着いていません。しかしバイデン氏が語る言葉は、今の試練と災いの時だけでなく、神が私たちを死から命へと救ってくださるあらゆる状況で人が持つ心の願いに声を与える正しいメッセージです」と彼は言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The ceremony included prayers from Jesuit priest Leo O’Donovan and African Methodist Episcopal preacher Silvester Beaman—a smaller lineup than the six clergy that spoke at Trump’s 2016 inauguration. It was the first inauguration ceremony in nearly fifty years to not include a white Protestant leader. (Biden’s cabinet nominees are mainly Catholics, Jews, and non-white Christians; Pete Buttigieg, an Episcopalian, is the only white Protestant among them.)
O’Donovan, former president of Georgetown University in DC, quoted 1 Kings 3:9 and James 1:5 as he prayed. “For our new president, we beg of you the wisdom Solomon sought when he knelt before you and prayed ‘for an understanding heart so I can govern the people and know the difference between right and wrong,” he said. “We trust in the counsel of the letter of James ‘If any of you lacks wisdom, you should ask God, who gives generously to all without finding fault, and it will be given to you.’”
In a benediction that referenced the place of slaves, indigenous Americans, and immigrants in the US, Beaman charged the country to work against sin and brokenness. “We will make friends of enemies. Your people shall no longer raise up weapons against one another,” he said. “We will lie down in peace, not make our neighbors afraid. In you, o God, we discover our humanity.”
Viewers also celebrated the Christian references offered by the young African American poet laureate who read a composition called, “The Hill We Climb,” written in the wake of this month’s Capitol attack.
“I am no fan of civil religion, but I appreciate that Biden’s faith informs his work and that Scripture motivates him, as it also inspired the words of the poet laureate, Amanda Gorman,” remarked Dennis Edwards, New Testament professor at North Park Theological Seminary.
Kathryn Freeman, a seminary student at Baylor University, agreed.
“The line that stood out the most for me was ‘If we merge mercy with might and might with right, then love becomes our legacy and changes our children’s birthright.’ We need both mercy without might is weak, might without mercy is abusive. According to Micah 6:8, we need both plus humility to what is good in the eyes of the Lord,” she said.
“Politics is not everything, but it does present an opportunity to right wrongs, to love our neighbor, and bring flourishing for all God’s children. Amanda’s poem was a beautiful reminder of the best of our American ideals and the hope of an America as good as its promise.”
就任式の祈祷、大臣の指名から見えてくるバイデン政府のメッセージ

式典では、イエズス会のレオ・オドノバン司祭とアフリカンメソジストのシルベスター・ビーマン司教による祈りが行われた。これは、トランプ前大統領の就任式(2016年)の6人と比べると少ない人数だ。就任式の祈祷に白人のプロテスタント指導者が含まれなかったのは、ほぼ50年ぶりだ。(バイデン政府の要人候補者は主にカトリック教徒、ユダヤ人、白人以外のキリスト教徒で、米国聖公会信徒のピート・ブティジェッジ氏はその中で唯一の白人プロテスタント。)

ジョージタウン大学(ワシントンDC)のオドノバン前学長は、列王記上3章9節とヤコブの手紙1章5節を祈りに引用した。

「私たちはソロモンがあなたの前にひざまずき、『あなたの民を正しく裁き、善と悪を判断することができるように、この僕に聞き分ける心をお与えください』と祈ったように、あなたが私たちの新しい大統領のために知恵を下さるようお願いします」

「私たちは『あなたがたの中で知恵の欠けている人がいれば、だれにでも惜しみなくとがめだてしないでお与えになる神に願いなさい。そうすれば、与えられます』と書かれたヤコブの手紙の言葉を信じます」

ビーマン司教はアメリカの奴隷や先住民、移民に関連する地名に言及しつつ、祝祷のなかでアメリカの人々に対して、罪と破滅に立ち向かうように命じた。

「私たちは敵と友となります。神の民はもはやお互いに対して武器を振りかざしてはならない」

「私たちは安心して横になり、隣人を恐れさせません。神よ、私たちはあなたの中に人を人たらしめるものを見出します。」

また今回の就任式では、アフリカ系アメリカ人の若い詩人の詩の中でキリスト教的引用があった。
今月の国会議事堂の攻撃を受けて書かれた「私たちが登る丘(原題The Hill We Climb)」と題された詩だ。

「私は市民宗教をあまり好ましく思っていませんが、バイデン氏が信仰から影響を受け、詩人アマンダ・ゴーマンが聖書からインスピレーションを得たことは喜ばしいことです」とノースパーク神学校のデニス・エドワーズ教授(新約聖書学)は述べた。

ベイラー大学の神学生、キャサリン・フリーマンもそれに同意する。

「私の目を引いたのは『慈悲を力と、力を権利と、結合させるならば、愛を遺産として残し、子どもたちの生まれながら持つ権利を変えることになるということ』という部分です。力のない慈悲は弱く、慈悲のない力は暴力です。ミカ書6章8節によれば、私たちはその2つに加えて、神が良しとするものへの謙遜さが必要です」と彼女は言う。

人よ、何が善であり主が何をお前に求めておられるかはお前に告げられている。
正義を行い、慈しみを愛しへりくだって神と共に歩むこと、これである。(ミカ書6章8節)

「政治はすべてではありませんが、それは間違いを正し、隣人を愛し、すべての神の子供たちが繁栄を得る機会をもたらすものです。アマンダの詩は、アメリカがもつ理想と希望がどのようなものを約束しているか、美しく思い出させるものでした。」

執筆:ケイト・シェルナット
本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の編集をしています。
出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2021/january/president-biden-inauguration-augustine-psalm-30-catholic.html

Share

おすすめ