• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア

【米CT】郵送投票と祈りで勝利したバイデン次期大統領(1)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In a contentious election taking days to call, the Catholic candidate’s faith outreach paid off in swing states. Trump has pledged to challenge in court.
Four days after telling supporters to “keep the faith” on election night, Democratic challenger Joe Biden is projected to defeat Donald Trump in a presidential race he touted as “a battle for the soul of the nation.”
The lifelong Catholic won faithful voters whose mail-in ballots delayed counts in the battleground states of Michigan, Wisconsin, and, finally, Pennsylvania to overtake the incumbent president in an election marked by record-setting turnout and pandemic precautions. Final results are still being tabulated in Nevada, North Carolina, and Georgia, where the close numbers have gone to a recount.

論争を巻き起こしながら、開票に数日を要したアメリカ大統領選挙。
バイデン候補(カトリック信徒)の信仰者たちへの呼びかけは激戦地で功を奏した。
トランプは(結果について)法廷で争う構えだ。

選挙4日前、支持者たちに「信じてほしい」と語った民主党のジョー・バイデン氏は、この「国民の魂を賭けた戦い」でドナルド・トランプ氏を打ち破った。

ミシガン州、ウィスコンシン州、そしてペンシルベニア州の激戦区では郵送投票による集計の遅れがあったが、生涯カトリックとしての信仰を持ってきたバイデン次期大統領は支持者の心をとらえ、パンデミック予防策がとられながらも稀(まれ)に見る高い投票率を記録した選挙で現職のトランプ大統領に勝利した。ネバダ州、ノースカロライナ州、ジョージア州においては、票差が僅差のため投票の再集計が行われている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Biden, 78, tweeted, “America, I’m honored that you have chosen me to lead our great country.”
“The work ahead of us will be hard, but I promise you this: I will be a President for all Americans — whether you voted for me or not,” he added, sharing a clip of “America the Beautiful.” “I will keep the faith that you have placed in me.”
In his victory speech, the former vice president emphasized unity and invited Trump voters to give him a chance. Biden referenced Ecclesiastes 3:1-3, saying “to everything there is a season” and that now is “a time to heal.” He also quoted a verse from “On Eagles Wings,” a favorite Catholic hymn. Trump rejected Biden’s win, saying in a statement Saturday morning that “this election is far from over,” and pledging a legal challenge to the final ballot-counting in swing states. The electoral college breakdown showed Biden surpassing 270, compared to Trump’s 214 at the time.

バイデン次期大統領(78歳)は、「アメリカの皆さん、私たちの偉大な国を率いるリーダーとして私を選んでくださったことを光栄に思います」とツイートした。

そして「私たちの前には山積みの課題がありますが、私は皆さんに約束します。あなたが私に投票したかどうかにかかわらず、私はすべてのアメリカ人の大統領として働くことを。私は皆さんの信頼を裏切りません」と付け加えた。

元副大統領でもあるバイデン氏は勝利演説で「団結すること」を強調し、トランプ支持の有権者に対して「私にチャンスを与えてほしい」と呼びかけ「何事にも時がある」という聖句(コヘレト3章)を引用しつつ、今は「癒す時」である、と語った。

またバイデン氏は演説の中で自身の愛唱賛美歌でもある「鷲の翼」(カトリック)の詩を紹介している。

彼(神)はあなたを鷲(わし)の翼の上に導き、
夜明けの息吹の上で支え、
太陽のように輝かせ、
御手(みて)の中で抱く

トランプ氏は土曜朝の声明で「この選挙はまだ終わっていない」として激戦区での投票結果について法的に争う姿勢を見せ、バイデンの勝利を拒否した。
選挙人団の得票数ではトランプ氏が獲得したのは214票、一方のバイデン氏の得票数は270票を超えている。

Official portrait of Vice President Joe Biden in his West Wing Office at the White House, Jan. 10, 2013. (Official White House Photo by David Lienemann)..This official White House photograph is being made available only for publication by news organizations and/or for personal use printing by the subject(s) of the photograph. The photograph may not be manipulated in any way and may not be used in commercial or political materials, advertisements, emails, products, promotions that in any way suggests approval or endorsement of the President, the First Family, or the White House.

バイデン陣営の仕掛けた信仰共同体への呼びかけ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Though white evangelical and born-again Christian support for Trump held steady (at 81% according to initial AP VoteCast stats), Biden’s campaign saw a boost from black Protestants, Catholics, and the small cohort of increasingly vocal and organized “Never Trump” evangelicals, some of whom previously voted third-party. Biden did more to appeal to religious voters than any Democratic candidate for president in decades, particularly in contrast to the lack of outreach from Hillary Clinton in 2016 or John Kerry in 2004. Biden’s faith team ran ads on Christian radio and op-eds in evangelical media, sharing Biden’s embrace of Christian faith in his own words. He made gains among white Catholics, splitting the demographic with Trump, and won more than two-thirds of Hispanic Catholic voters, AP VoteCast found. His campaign emphasized character, moral decency, and the need to restore the “soul of America.” Biden quoted the philosopher Søren Kierkegaard, who said, “faith sees best in the dark,” and talked about how to respond to tragedy, personal and national, with hope, humility, and compassion.

トランプ氏に対する福音派白人層、「ボーンアゲイン」クリスチャン層の支持は81%(AP通信VoteCast調べ)と安定していたが、バイデン陣営はプロテスタント黒人層、カトリック教徒層、そして「トランプ阻止」活動を強めてきた一部の福音派層(前回の選挙ではトランプやヒラリー以外の候補者に投票した人々)の働きに後押しを受けた。

(訳注:ボーンアゲイン・クリスチャンとは、信仰によって「生まれ変わり」を体験したキリスト教徒のこと)

ヒラリー・クリントン候補(2016年)やジョン・ケリー候補(2004年)の選挙戦とは異なり、バイデン陣営は「信仰を持つ有権者層」に向けたメッセージをここ数十年では類を見ないほど数多く発信しており、福音派系メディアや新聞広告ではバイデン氏の信仰について彼自身の言葉が多く掲載されてきた。

バイデン氏の支持率はカトリック教徒白人層の間で支持率が拮抗(きっこう)するまでに上がり、ヒスパニック系カトリック層では有権者の3分の2以上(AP通信VoteCast調べ)を獲得している。

バイデン氏陣営のキャンペーンは、人格や道徳、そして「アメリカの魂」を回復する必要性を強調してきた。そしてバイデン氏は「信仰は暗闇の中でこそ輝く」という哲学者セーレン・キェルケゴールの言葉を引用し、希望、謙虚さ、そして思いやりを持って、個人や国家を襲う悲劇にどう対応したらいいのか、語ってきた。同氏はツイッターに次のような投稿をしている。

アメリカの皆さん、私たちの偉大な国を率いるリーダーとして私を選んでくださったこと私たちの前には山積みの課題がありますが、私は皆さんに約束します。あなたが私に投票したかどうかにかかわらず、私はすべてのアメリカ人の大統領として働くことを。私は皆さんの信頼を裏切りません。

バイデン次期大統領について、保守派が恐れていること
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Many white evangelicals, like fellow Republicans siding with Trump, characterized Biden as an extremist and connected him with progressive and socialist policies promoted by other candidates in the Democratic primaries—like Beto O’Rourke’s suggestion that some churches should be taxed or Bernie Sanders’s support for the Green New Deal. Trump and his evangelical allies claimed that Biden would shut down churches and ministries and “hurt God” if elected.
“White evangelicals are caught in the moment, and they do see some serious threats from the Biden administration,” said Daniel Bennett, political science department chair at John Brown University. “I just don’t know how much those threats will translate after an election where Trump loses and they realize, ‘Oh, my church isn’t being shut down, and my guns aren’t being taken away by government soldiers.’”

トランプ氏を後押ししてきた共和党同様、多くの福音派白人層はバイデン氏を「過激派」だと位置づけ、民主党予備選挙で他の候補者が訴えた「進歩的」「社会主義的」政策と結び付けてきた。
「一部の教会に対する課税を検討すべきだ」と語ったのはベト・オルーク氏だし、グリーンニューディールを支持したのはバーニー・サンダースであって、どちらもバイデン氏の訴えではない。
トランプ氏や福音派の支持者たちは、バイデンが選出されれば教会や伝道活動は閉鎖され「神を傷つける」ことになると主張した。

ジョン・ブラウン大学のダニエル・ベネット政治学部長は、次のように述べている。
「トランプが敗北したあと、トランプ支持者たちは『あれ、私の教会は閉鎖されてないし、私の銃は政府に奪われてない』と気付くでしょう。しかし今持っている恐怖感を、人々がその時にどれだけ覚えているかは定かではありません。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
White evangelicals most frequently objected to the the Democratic candidate’s position on abortion. For many years, Biden attempted to establish himself as a moderate on the divisive issue. In 2020 that became politically impossible, and Biden reversed himself on federal funding and pledged to defend women’s access to abortion.
Political scientists predict Biden will act quickly to undo some of the pro-life advances made under Trump, such as revoking the Mexico City policy, which barred US aid dollars from funding abortions abroad. He may be restrained, however, by Republican gains in the House and Senate and Trump appointees in the federal courts.
Evangelicals also raised concerns about religious liberty in a Biden presidency, especially the rights of small-business owners opposed to supporting same-sex marriages, such as Colorado baker Jack Phillips, who won a Supreme Court case in 2018.
Biden’s administration will face competing narratives as both a “return to normalcy” under an ideologically mainstream career politician and an “open door to a very large progressive wing of the Democratic Party to assert power,” according to Mark Caleb Smith, director of the Center for Political Studies at Cedarville University.
“The thing that evangelicals are talking about and conservatives in general are talking about is that progressive wing getting power and bringing about significant change,” he said. “It’s which of those two narratives come out ahead” as Biden takes office, addresses the country, appoints his cabinet, and begins his legislative agenda.

福音派白人層が民主党候補の立場に最も反対したトピックは妊娠中絶だ。これまで長い間、バイデン氏は議論の分かれる問題については穏健派としての立場を固めようとしてきた。
しかし今の政治状況でそれ(中立的な立場を取ること)は不可能となり、バイデン氏は連邦予算案に反対。女性が妊娠中絶について自分で決められる権利を擁護するに至った。

政治学者たちは「バイデン氏は大統領になったのち、トランプ政権で取られたプロライフ(中絶反対)政策のいくつかをひっくり返すため迅速に行動するだろう」と予測している。
ただ、そういった取り組みは上院・下院での共和党議員や、トランプ大統領が任命した連邦裁判官によって制止されるかもしれない。

福音派の人々は、バイデン大統領の元で宗教の自由、特に中小企業の所有者が同性結婚に反対する権利が与えられるかどうかについても懸念を抱いている。(同性愛者への商品販売を拒否したコロラドのパン屋、ジャック・フィリップスは2018年に最高裁判所の訴訟で勝訴した)

シーダービル大学のマーク・カレブ・スミス政治学部長によれば、バイデン政権には2つの困難が待ち構えていると言う。

まず一つは、主流派のキャリア政治家として「社会状況を正常化」させること、もう一つは「民主党にあるプログレッシブ(進歩)推進派の影響を広める」ことだ。

スミス氏は言う。
「福音派や保守派が多く話題にしているのは、プログレッシブ派が力を得ることで社会に大きな変化が起こされるのではないか、ということです。バイデンが就任後の演説をし、内閣を任命し、政策協議を始めるときに、『社会の正常化』と『プログレッシブ政策』のどちらが重要視されるのか、福音派や保守派は注目しています。」

(2)につづく

原文:ケイト・シェルナット記者(CT)、ダニエル・シリマン記者(CT)
本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。
出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2020/november/joe-biden-wins-president-catholic-faith-outreach-trump-evan.html

Share

Related Posts

おすすめ