• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア

【米CT】郵送投票と祈りで勝利したバイデン次期大統領(2)

(1)から続く

選挙結果への反応
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
While some evangelicals who endorsed Trump challenged the reports of Biden’s victory, others have emphasized the importance of unity and fairness as the vote counting stretched on.
As the president challenged the tight outcomes in states still counting mail-in ballots, Albert Mohler, president of the Southern Baptist Theological Seminary, spoke out against “making generalized charges of voter fraud without specifics that can be investigated,” saying “that’s quite dangerous to America as a nation.”
After Pennsylvania was called for Biden on Saturday morning, Franklin Graham said his prayer was for Americans to pull together regardless of who is elected president.
Whoever wins this election, whether it is @realDonaldTrump or Joe Biden, it is my prayer that Americans would pull together, no matter how close the final results may be.

福音派トランプ支持者にはバイデン氏の勝利に異議を唱えた者も居たが、開票が続くにつれて、選挙結果を認め国民として団結するよう訴える者も出てきた。

郵送投票の集計が終わらない幾つかの州で劣勢が明らかになった後、トランプ大統領が異議を唱えたことについて、南部バプテスト神学セミナーのアルバート・モーラー会長は「きちんとした調査もせずに『これは不正投票だ』と告発すること」に反対し「それはアメリカにとって大きな脅威だ」と語った。

土曜日の朝にペンシルベニア州におけるバイデン勝利が確定したあと、フランクリン・グラハム氏は、「誰が大統領に選出されたかに関係なく、アメリカ国民が一致することを願っている」とツイートした。

選挙を制するのがトランプであろうとバイデンであろうと、それがどれだけ僅差であろうと、私はアメリカ国民が一致することを祈っています。

トランプに反対してきた保守派たち
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
An increasingly vocal Christian opposition to Trump joined groups such as Republican Voters Against Trump, Christians Against Trumpism, Evangelicals for Biden, Pro-Life Evangelicals for Biden, and the Not Our Faith super PAC.
Biden “is viewed as having an authentic faith,” said Richard Mouw, former president of Fuller Theological Seminary, who joined Pro-Life Evangelicals for Biden. “He may not be the conservative Catholic that a lot of evangelicals would like him to be, but when he talks about his faith, it rings true.”
Michael Wear, former Obama White House staffer and senior advisor for Not Our Faith, offered prayers for Biden and vice president elect Kamala Harris on Saturday morning, saying he was “Grateful for them, and their stellar campaign, for running a campaign worthy of the office they sought and won.”
Praying for President-elect Joe Biden and Vice President-elect Kamala Harris. Grateful for them, and their stellar campaign, for running a campaign worthy of the office they sought and won.

「トランプに反対する共和党員」「トランプ・イズムに反対するキリスト者」「バイデンを支持する福音派」「中絶に反対する福音派バイデン支持グループ」「信仰を守るキリスト者連合」などトランプ大統領に反対する保守派やクリスチャンのグループも存在感を増している。

フラー神学大学のリチャード・モウ前会長は「中絶に反対する福音派バイデン支持グループ」に加わった一人だ。同氏は言う。
「バイデン氏は『本物の信仰を持っている』と見なされています。彼は多くの福音派信徒が思い描くような保守的カトリック信徒ではないかもしれませんが、彼が信仰について話すとき、それは本物の信仰のように思えるものなのです。」

元ホワイトハウス職員(オバマ政権)であり、現在は「信仰を守るキリスト者連合(Not OurFaith)」の上級顧問を務めるマイケル・ウェア氏は土曜日の朝、バイデン氏とカマラ・ハリス氏のために祈りを捧げた。

ジョー・バイデン次期大統領とカマラ・ハリス副大統領のために祈ります。バイデン陣営の選挙戦は大統領選挙にふさわしいものでした。二人とスタッフの皆さんに感謝します。

様々な社会問題が大統領選に与えた影響
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Evangelicals backing Biden called out what they saw as “toxic rhetoric” from the outgoing president and cited their Christian convictions in favor of Biden’s positions on racism, health care, poverty, immigration, and climate science.
While some did not agree with the Democratic platform on abortion, they spoke about other ways of being pro-life, such as through economic policies that address poverty and programs that provide strong social safety nets.
“President Trump’s immigration policies and the overall tone he set toward immigrants coming through our Southern border played a huge role in my decision for this election,” said Alicia Burton, a Hispanic evangelical voter in Austin, Texas, who belongs to the Christian group Choose Welcome.
Burton is opposed to abortion and voted third-party in 2016, but cast a ballot for Biden this election. “While I think governments have a role in maintaining a border, family separation and the drastic decrease in the number of refugees allowed into America were things I cannot continue to see happen,” she said. Latino evangelical voting patterns vary by state and background, but 61 percent backed Trump this time, per AP VoteCast, boosting his margins in states like Florida.

バイデンを支持する福音派信徒たちは、トランプ大統領のレトリックを「毒々しい」として、キリスト者としてバイデン氏の人種差別や医療、貧困、移民、気候変化に関する立場を支持するとした。

中絶について民主党の政策に同意できなかったとしても、貧困層に対する経済政策や強力な社会的セーフティネットを提供する政策などを通じて、(民主党を支持しながら)中絶反対を貫くことは可能だ、と語るものもいる。

ヒスパニック系福音派クリスチャンで、クリスチャン移民支援団体「チューズウェルカム」(テキサス州)のメンバーでもあるアリシア・バートン氏は「トランプ大統領の移民政策や、南の国境からやってくる移民に対して彼が醸(かも)し出した論調を見たとき、この選挙で私は誰を支持するのかが決定的になりました」と語る。

バートン氏は中絶に反対しており、2016年の選挙ではサードパーティー(二大政党以外の候補者)に投票したが、今回の選挙ではバイデン氏に投票した。
「政府が国境を維持する役割を担っているのは分かりますが、家族が離れ離れにされたり難民の受け入れが大幅に減少したことは、私にとって受け入れがたいことでした」と彼女は言う。ヒスパニック系福音派層の投票結果は州や背景によって様々だが、全体でいうと61%(AP通信VoteCast調べ)がトランプ大統領を支持し、フロリダなどの州におけるリードが広がる要因となった。

もう一つバイデンの力になったのは黒人系教会の情熱と祈りだ。選挙の前日には何百人もの人々(主に黒人女性)がバイデン候補の勝利を祈る会に参加した。
「これは、恐れることなく信仰を持って勝利に向かう私たちの祈りです」と、アフリカン・メソジスト教会とユナイテッド・メソジストの信徒リーダーでもあるマイケル・ブレイク氏(民主党全国大会副議長)は語った。

黒人教会のバイデン陣営支持
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Biden also relied on the passion and prayers of the black church, with hundreds—mostly black women—joining a prayer call on his behalf the day before the election. “This is our prayer of victory in advance, of faith not fear,” said Democratic National Convention vice-chair Michael Blake, also a lay leader in the African Methodist Episcopal and United Methodist traditions.
Black Protestants were twice as likely as Biden voters overall to say their support was “for Biden” and not “against Trump.” Leading up to the election, LifeWay Research found that African Americans and other non-white evangelicals (by belief) were two to three times more likely to support Biden and Harris, who is the first black and Asian American woman on a presidential ticket.
Throughout Trump’s presidency, Christians of color have criticized his response to racial issues, as white supremacist groups align with him and champion him. The national reckoning on race and police violence this summer further energized the Black Lives Matter movement as well as racial justice efforts in the church, and their concerns don’t go away when Trump leaves the White House.
“Part of what made 2016 so bad was the shock, but I think going into this election, Christians of color were more clear-eyed,” said Kathryn Freeman, former public policy director with the Baptist General Convention of Texas and a seminary student at Baylor University. “Even with a Biden victory, there is still so much work to be done in the church. Christians of color will continue to be vocal about the commitments to justice and peacemaking that are required for a unified and reconciled church.”

プロテスタント黒人層は、その他の層と比べて投票理由を「トランプに反対する」からではなく「バイデンを支持する」からだと答える率が2倍ほど高かった。
選挙に先立って行われたライフウェイ社の調査では、アフリカ系など非白人福音派層は、アメリカ大統領選挙初の「黒人とアジア系の混血女性」であるカマラ・ハリス氏を副大統領として持つバイデン氏を支持する可能性が2〜3倍高いことが分かっている。

白人至上主義者グループからの支持を受けるなかで、トランプ大統領がとった人種差別への対応について、有色人種のキリスト教徒は批判を強めてきた。

そしてこの夏、「人種差別」と「警察による暴力」がクローズアップされるなかでブラック・ライヴズ・マター(BLM)運動や教会における差別に反対する取り組みはさらに活気づけられた。
トランプ大統領がホワイトハウスを去っても、その取り組みが終わるわけではない。

テキサス州バプテスト総会の元公共政策担当者であり、今はベイラー大学で神学を学んでいるキャサリン・フリーマン氏は語る。

「思わぬ結果がでたことで2016年の選挙はひどいものになりましたが、今回の選挙では有色人種のクリスチャンはハッキリと決断することが出来たと思います。バイデンが勝利しても、教会でやるべきことはまだまだたくさんあります。教会で和解と一致が起こるためには正義と平和構築への取り組みが必要ですし、有色人種のクリスチャンたちはそのために引き続き声を上げていくでしょう。」

(終)

原文:ケイト・シェルナット記者(CT)、ダニエル・シリマン記者(CT)
本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。
出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2020/november/joe-biden-wins-president-catholic-faith-outreach-trump-evan.html

Share

Related Posts

おすすめ