インタビュー 音楽

二人の死を通して 「牧師ROCKS」笠原光見牧師インタビュー

投稿日:2018年9月18日 更新日:

Print Friendly, PDF & Email

メンバー全員が現役の牧師であるロックバンド「牧師ROCKS」。ギターを担当する日本ルーテル教団・浦和ルーテル教会牧師の笠原光見(かさはら・こうけん)さんに話を聞いた。

笠原光見さん

──どのような幼少期や学生時代を過ごされたのですか。

僕は新潟生まれで、クリスチャンの両親のもとで育ち、幼い時から教会に通っていました。でも中学生になると、部活や友達と遊ぶことを優先させるようになり、あまり教会へは行かなくなりました。中学時代から音楽にのめり込み、高校を卒業する頃には、音楽で身を立てたいと思うようになっていました。高校を卒業してすぐ上京し、バイトをしながらバンド活動をして、フラフラしていました。

──その中で何か転機となるような出来事はありましたか。

僕が23歳の時、35歳の兄を病気で亡くしているのです。兄は結婚もしていて、毎日、外資系金融会社でバリバリと働いていたのですが、仕事場で昼食を食べた直後、いきなり倒れ、救急車で病院に運ばれて、そのまま息を引き取りました。

──お兄様はどんな方でしたか。

兄は熱心なクリスチャンでした。また、「死んだら、全部臓器を提供するんだ」とよく言っていましたが、そのとおり、心臓をはじめ、兄の臓器は今もどなたかの体の中で生きています。学生時代に米国留学した後、中東に行ったりして、そんな兄を見ていると、「神様ってすごいな。誰でも用いるんだな」と感じていました。

──お兄様が亡くなられた時、ご両親は?

父は僕らの前では涙を見せず、葬儀の時もあまり兄の思い出話をしませんでした。そんな姿を見て当時の僕は、「なんでもっと兄貴の話をしてくれないんだよ。何がキリストだ。神様なんかいないじゃないか」とヤケになったところもありました。しかし今になって思えば、一粒の種を無駄にしないために、父は葬儀の場でむしろ復活の希望を皆さんに伝えたかったのだと思います。

──教会に戻るきっかけは?

30歳の時にニュージーランドに行ったのですが、そこでたくさんのクリスチャンの友人ができ、皆が自分のために祈ってくれて、心の底から喜びが湧き上がってきたのです。それに、幼い頃から両親が祈ったり奉仕したりする姿をずっと見てきましたから。「教会へ戻って、牧師になろう。この素晴らしい教えを皆に伝えたい」と思ったのです。帰国してから、JTJ神学校に1年、日本ルーテル神学校に4年間通いました。

──神学校を卒業して浦和教会へ?

今年で4年目になります。

牧師ROCKS

──昨年、たいへんな出来事があったと伺いました

教会のメンバーを自死で亡くしたのです。牧師になって3年目で、僕が洗礼を授けた方でした。本当にショックで、しばらくは何も考えられませんでした。

──その方とはよくお話をされていたのですか。

相談にも来られていたので、時々、教会でお話をしたり、メールを差し上げたりしていました。自死された3日前がイースターで、イエス様の復活の説教をその方も聞いていたのです。まさかその直後に自ら死を選んでしまうなんて思いませんでした。礼拝に来るだけでもつらそうだったのに、神様を求めて、平安を求めて教会に来られていたのです。ですから、知らせを受けた時は、本当に自分の無力さを感じました。「何もしてあげられなかった、何も話してあげられなかった」と。

──新曲「ほとばしる」は、そのことがきっかけで作られたのですか。

「作ろう」と思って作ったわけではありません。自死の知らせを受けて、葬儀など一連のことが終わった後、僕自身もものすごくつらい時期を過ごしていた中で、たまたまギターを弾いている時にできた曲です。僕にとっては特別な曲になりました。

-インタビュー, 音楽
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
守田早生里(もりた・さおり)

守田早生里(もりた・さおり)

日本ナザレン教団会員。社会問題をキリスト教の観点から取材。フリーライター歴10年。趣味はライフストーリーを聞くこと、食べること、読書、ドライブ。

今週のテーマはいのちのみことば
Print Friendly, PDF & Email

わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。」

「もし、わたしが自分自身について証しをするなら、その証しは真実ではない。

わたしについて証しをなさる方は別におられる。そして、その方がわたしについてなさる証しは真実であることを、わたしは知っている。

あなたたちはヨハネのもとへ人を送ったが、彼は真理について証しをした。

わたしは、人間による証しは受けない。しかし、あなたたちが救われるために、これらのことを言っておく。

ヨハネは、燃えて輝くともし火であった。あなたたちは、しばらくの間その光のもとで喜び楽しもうとした。

しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている。

また、わたしをお遣わしになった父が、わたしについて証しをしてくださる。あなたたちは、まだ父のお声を聞いたこともなければ、お姿を見たこともない。

また、あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない。父がお遣わしになった者を、あなたたちは信じないからである。

あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。

(ヨハネによる福音書 5:30-39)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.