神父の写真とカトリック詩人のコラボレーション 写真詩集『天の指揮者』

写真提供:ドン・ボスコ社

本書は、カトリック詩人・服部剛(はっとり・ごう)さんが紡ぐ46編の詩と、神父の関谷義樹(せきや・よしき)さん撮影した雄大な自然の写真のコラボレーションによる写真詩集。カトリック系月刊誌『カトリック生活』(ドン・ボスコ社)で好評連載の見開きページ「祈りの風景」を書籍化したもの。

服部さんは、1974年東京都生まれ。98年より詩作・朗読活動を始め、2018年4月に詩集『我が家に天使がやってきた─ダウン症を持つ周とともに─』を刊行。同タイトルの講演と朗読会の活動を精力的に行なっている。日本ペンクラブ、日本文藝家協会、日本現代詩人会会員。

一方、関谷さんは、1969年神奈川県生まれ。明治大学、上智大学神学部、イスラエルの教皇庁サレジオ大学クレミザン校を卒業し、2003年司祭叙階。サレジオ修道会司祭。05年より「カトリック生活」編集長、10年よりドン・ボスコ社代表を務める。著者に『幸せになれる宗教画』(講談社)、写真集『大地の祈り』(ドン・ボスコ社)がある。

46編の詩は、「ひとりの木」「対話」「風を友に」「舟にのる」の4つのパートに分かれ、国内の四季折々の山や森などを撮影したオールカラーの写真と一緒に収められている。最初に寄せられているのは「御手の中で」。

目を閉じれば、この身は大きな掌(てのひら)の上
私はいつも、無限の日射しを浴びている

大きな掌から降りて、目を開けば
二度とない「今日という日」が
扉の向こうに、待っている

そこに写し出されているのは、新潟県頸城山塊4月の火打山。春の雪山に太陽の光が反射し、服部さんの言葉がその中に溶け込んでいくようだ。服部さんの詩は、賛美、逡巡(しゅんじゅん)、熟考、気づきといった静かな黙想の言葉で紡がれており、それを関谷さんの雄大な写真が包み込む。どのページからも、生命の尊さ、生きることのすばらしさを強く感じるのは、2人のコラボレーションが神様の指揮によって、互いに愛の音を響かせ合っているからなのだろうか。

本書は、関谷さんが撮影した写真が先にあり、それを見て詩を作ったということが「あとがき」の中で紹介されている。作業をとおして関野さんは、切り取られたものに何かしらの心象風景を写しこんでいるはずの写真と、心の中に映る中から言葉を選び、紡いでいく詩作は似ていると感じたと述べ、このように続ける。

「写真と詩が組み合わされ、その二つの媒介の奥にある心の動きも交じりあって化学変化のように動き出し、これを見、また読む人の心に何かよいものが届くことを願う」(117ページ)

本書のまえがきには、4年前にカトリックの洗礼を受けた女優の秋吉久美子さんが「この本を開くあなたに」と題した散文詩を寄せている。詩をとおして服部さんと交流があったことから、今回まえがきをお願いしたという。

自然は呼びかけている。
耳を澄まそう。
写真は語りかける。
詩は沈み渡る。
至福の時間の旅人は、本を開く人だ。

こう締めくくられる秋吉さんの言葉は、本書への最高の賛辞となって、ページをめくる期待感をより一層大きなものにする。天の指揮者に導かれ、天の指揮者である神様のための演奏会。本書を開けば誰でも参加することができる。

詩:服部剛、写真:関谷義樹『天の指揮者
2020年12月11日初版発行
ドン・ボスコ社
1200円(税別)

Share

Related Posts

  1. カタブツ牧師の説教にフリーダムJKがつぶやく 『JKに語る!新約聖書の女性たち』

  2. 「祈りは、あきらめではなく希望」止揚学園園長・福井生さん 出版記念講演会

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ブック・アワード2019(4)

  4. 80歳の加藤一二三さん、信仰者として自らの体験を語る 『だから私は、神を信じる』

  5. 「絵本」は生きる力 言葉と想像力が心を優しくする 大嶋裕香著『絵本へのとびら』

  6. 秦剛平著『七十人訳ギリシア語聖書入門』

  7. 日本出版 クラブ・ライブラリー特別展 造本装丁コンクールで受賞した『聖書協会共同訳』も展示

  8. 聖書にまつわる疑問からクリスチャンのリアルな日常まで、みんな教えます!『キリスト教って、何なんだ?』(ダイヤモンド社)

  9. ドイツの女性首相を支えた信仰とは アンゲラ・メルケル著『わたしの信仰──キリスト者として行動する』

  10. いのちのことば社オアシス古書部 飛田雅史さんに聞く

  11. 樹木希林さんを支えた言葉「老いの重荷は神の賜物」 遺された100冊の中にあったキリスト教書とは

  12. 元ワーナー・ブラザース映画製作室長・小川政弘さん 『字幕に愛を込めて──私の映画人生半世紀』出版記念会

  13. 広野真嗣著『消された信仰──「最後のかくれキリシタン」長崎・生月島の人々』(小学館)

  14. 聖書の適切な理解のために 誤った「絶対化」から解放される手助け

  15. 『世界を変えるのは、…パパ!』 東大阪・小阪シオン教会の牧師夫妻が集めた子育てママのリアルな本音

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。