クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】白人女性が誤って黒人男性を射殺──赦しと正義を考える(対訳)

 

兄を射殺した犯人にブラント・ジーンがした対応は、福音を私たちに思い起こさせる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Brandt Jean’s response to his brother’s murderer helps us see the gospel.

しかし、母親のアリソン・ジーンの反応もその点では同じだ。

あなたは見逃していないだろうか。ダラス市の元女性警察官アンバー・ガイガー(31)がアパートの部屋を間違えてボサム・ジーン(26)の部屋に入り、侵入者と勘違いして射殺した事件に有罪判決が出されたあと、ソーシャル・メディアでシェアされた反応は、その二つのうち一つだけだった。10月2日、ガイガーは禁錮10年の刑を言い渡されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Did you miss hers? Only one response was widely shared on social media after the conviction and sentencing of Amber Guyger, a former Dallas police officer who entered 26-year-old Botham Jean’s apartment and fatally shot him. On Wednesday, Guyger was sentenced to 10 years in prison.

ジーン一家は被害者声明を発表した。その中で弟ブラントは、兄を殺した警官に向けてメッセージを語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Jean family was given the opportunity to make a victim impact statement. Brandt used his time to directly address the officer who killed his brother.

「僕は自分の気持ちを話します。あなたが本当に悪いと思っているなら、私はあなたを赦(ゆる)します」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
He said, “If you truly are sorry, I know I can speak for myself, I forgive you.”

「あなたが自らの命をキリストに献(ささ)げることを、ボサム(兄)なら願ったはずだ」とブラントはガイガーに語った。そして、彼女をハグする許可を求め、州地区裁判官タミー・ケンプがそれを認めると、ブラントはガイガーを長い間抱きしめた。動画では、ガイガーの大きくすすり泣く声を聞くことができる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Brandt told Guyger that Botham would have wanted her to give her life to Christ. He asked to give Guyger a hug, and after State District Judge Tammy Kemp gave her okay, Brandt offered a long embrace. In the video, you can hear Guyger’s loud sobs.

多くの人がこの映像を見た。ブラントの赦しとハグの申し出は、ソーシャル・メディアで広く共有され、称賛されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Most have probably seen this footage. Brandt’s offer of forgiveness and hug has been shared and praised widely across social media.

しかし、ボサムの母親アリソン・ジーンなど、ほかの家族の言葉を多くの人は聞き逃しているのではないだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But many have likely missed footage from the rest of the family, including these words from Botham’s mother, Allison Jean.

アリソンは裁判所でこう語っている。「クリスチャンとして赦す心を持つことは私たちにとって癒やしですが、夫が言うように、必要な罰もあります。私たちの苦しみのすべてが人々に知られないまま過ぎ去っていいわけではないはずです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Forgiveness for us as Christians is a healing for us, but as my husband said, there are consequences. It does not mean that everything else we have suffered has to go unnoticed,” Mother Allison told the court.

何が知られていないのだろう。彼女によると、事件現場はダラス警察によって荒らされていたという。警察高官は証拠を消し、多くの警察官は自分のボディー・カメラとドライブ・レコーダーの電源を切った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
What went unnoticed? According to Botham Jean’s mother, the crime scene was contaminated by Dallas police. High-ranking officials deleted evidence. Police officers turned off body cameras and vehicle cameras vehicle cameras .

「捜査現場は不正に荒らされています」と母親のアリソンは言う。「私たちはクリスチャンとして歩みつつ、私たちの町で正義が行われるようにさせる責任も併せ持っています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“You saw investigations that were marred with corruption,” Mother Allison said. “While we walk as Christians, we still have a responsibility to ensure that our city does what is right.”

ジーン一家の話を聞けば、キリスト教の全体像が見えてくる。彼女らは、ガイガーと刑事司法制度に対して「赦し」と「正義」の両方を求めている。しかし、家族のうち一人だけの言葉ばかりに注目して、ほかの声を犠牲にすることは、福音をゆがめる危険をはらんでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Listening to the entire Jean family offers us a fuller picture of Christianity. In their words and posture towards Guyger and the criminal justice system, we hear calls for both forgiveness and justice. But if we elevate the words of one family member at the expense of another, we run the risk of distorting the gospel.

赦しの問題

4年前、私のSNS投稿欄は、クレメンタ・C・ピンクニー、シンシア・マリー・グラハム・ハード、スージー・ジャクソン、エセル・リー・ランス、ディペイン・ミドルトン・ドクター、タイワンザ・サンダース、ダニエル・L・シモンズ、シャーロンダ・コールマン・シングルトン、マイラ・トンプソンの家族らを称賛する声であふれていた。2015年6月17日、サウスカロライナ州チャールストンにあるエマニュエル・アフリカン・メソジスト監督教会で祈っている最中に殺された人たちだ。その家族は、殺害した男性を赦すことを公に宣言した。その赦しは驚くべきものだ。しかし、私は驚きのあまり、その家族が悲嘆し、愛する人を失った喪失感と戦っていることにあまり注目することができなかったし、それについて語ることもなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Four years ago, people in my social media timelines enthusiastically extolled the family members of Clementa C. Pinckney, Cynthia Marie Graham Hurd, Susie Jackson, Ethel Lee Lance, Depayne Middleton-Doctor, Tywanza Sanders, Daniel L. Simmons, Sharonda Coleman-Singleton, and Myra Thompson as they publicly extended forgiveness to the man that murdered their family members while they prayed at Mother Emanuel African Methodist Episcopal Church in Charleston, South Carolina. The forgiveness was a marvel. But in their marveling, I saw few noting—much less sharing—the lament and grief of family wrestling with the loss of loved ones.

エマニュエル・アフリカン・メソジスト監督教会(写真:VOA)

今回、黒人男性を殺害した罪で有罪判決を受けた白人女性と被害者の弟に関するツイッターのトレンドを見たとき、私はあえて法廷の映像を見ないことにした。そして、ブラントの行動をキリストのような「赦しの手本」として描き、すべての人が見習うべき「良心の手本」として賞賛している記事を読んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This week, when I first saw Twitter trending with posts about this encounter between a white woman convicted of killing a black man and that black man’s brother, I initially opted not to view the courtroom scene. I read the posts heralding Brandt’s actions as a Christ-like model of forgiveness and raising him up as a model of grace to be emulated by all.

私たちは、赦しが十字架から来ることを知っている。しかし、磔刑の恐怖なしに復活はない。私たちはイエスの犠牲を軽く見ているのではないかと危惧することがある。宗教的権威、そして当時の残忍な法律によって拷問の刑を受けたこの男の血まみれのおどろおどろしい姿から、私たちは目を背けていないだろうか。ポンティオ・ピラトのように、さっさと自らの手を洗ってしまってはいないだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Forgiveness, we know, comes from the cross. But there is no resurrection without the horror of crucifixion. I fear we have softened the sacrifice of Jesus because we dare not linger on the bloody and gruesome body of a man tortured by the brutal law of the land, joined with a religious order. I worry we, like Pontus Pilate, are too quick to wash our hands.

断っておくが、この18歳の若者の動機について、私はとやかく言うつもりはない。ブラント・ジーンの言葉は真心から出たものだ。しかし、人々が彼の行動を喜んでシェアする時に、状況の文脈を見失い、恵みだけでなく正義を含む福音の全体像も見失う危険性があるのではないかと不安に感じる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
To be clear, I have no interest in judging the motivations of an 18-year-old man. Brandt Jean spoke from the heart. But I’m concerned with how quickly people were willing to share his actions, potentially missing the greater context of the situation and missing the fuller picture of the gospel, which includes justice, not just grace.

私たちは、被害者の弟による赦しに深く心動かされる。しかし、母親の痛みにも同じように心動かされているだろうか。皮膚の色によって正義の比重がうつろってしまう事実を嘆き、怒りを募らせる抗議の声が聞こえているだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We are deeply moved by a brother’s forgiveness. Are we also moved by a mother’s pain? Can we hear the frustrated protestors who lament the fact that the balance of justice has tilted, yet again, to be lighter on whiter skin?

私たち米国人クリスチャンは、気分がよくなる映像を求めることが多くある。恵まれたエピソードを聞きたがりもする。しかし、痛みを伴う不快な事件からは急ぎ足で立ち去ろうとするとき、私たちはその事件の背景にある社会の仕組みに潜む不正を見逃してしまう。刑事司法制度の中に人種差別が入り込んでいる圧倒的な証拠があるのに、あまりに多くの人が「犯罪は個人が犯すものであって、社会の仕組みに問題があるわけではない。あったとしても、それは稀(まれ)だ」と思い込んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As Americans Christians, we often long for snapshots that make us feel good. We want anecdotes of grace. But in the hurry to resolve painful and uncomfortable stories, we rush past the systemic injustice that lies beneath. Even in the face of overwhelming evidence of racism in our criminal justice system, too many of us remain stoically convinced that injustice is only personal, and rarely, if ever, systemic.

黒人の一人による根本的な赦しは、福音の恵みを見せてくれる。しかし、黒人のもう一人が上げる正義への呼びかけを無視するとき、私たちはその恵みを安価なものにしてしまう。その二つは、どちらも私たちが仕えている神の持つ面だ。その両方に耳を傾ける必要がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When a black person extends radical forgiveness, we see the grace of the gospel. But when we ignore a black person’s call for justice, we cheapen that grace. Both are acting like the God we serve; we need to listen to them both.

もちろん、神は寛大だ。しかし、自分と同じグループの人間に与えられたものだけを「赦しの手本」とするなら、その恵み深さが真に理解できているとは言えないだろう。この国の白人優位性の長い歴史を考えるとき、クリスチャンとして問うべきだ。なぜ私たちのソーシャル・メディアには、黒人の加害者を赦す白人の動画がないのか。この元警察官がされたように、黒人の被告が裁判官にハグされたり、犠牲者の家族に慰められたりすることがないのはなぜなのか。主よ、どれくらい耐えればいいのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yes, God is a forgiving God. But we haven’t really understood the depth of that grace if all our examples of forgiveness are times when the people being forgiven look just like us. Given the long history of white supremacy in this country, we as Christians should ask: Why aren’t there videos of white people forgiving their black assailants trending on our social media? Why aren’t black accusers hugged by judges and or comforted by the victim’s family members, as this former police officer was? How long O Lord?

正義の神を礼拝する

母アリソンの呼びかける、正義を求める声が広まらない理由の一つは、神について、そして神が求める義について人々が断片的にしか理解していないということなのかもしれない。私たちは、神の赦しや恵み、愛や正義が、自分や家族、同じグループの人間に益をもたらす時は素直に受け取り、歩みを続ける。しかし、国境や公園、自宅にいる他者だった場合はどうだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Perhaps part of the reason Mother Allison’s calls for justice don’t go viral is because too many of us have an incomplete picture of God and God’s desire for righteousness. Whenever God’s forgiveness, grace, love, and justice benefit people who look like us and our family and friends, we nod our heads and move along. But what happens when they’re strangers at the border, in the park, or in their own homes?

母アリソンが指摘したように、刑務所での時間はガイガーにとって、自らの行動を省みる機会となるだろう。教会もまた考えを見直すべきだ。白人の兄弟姉妹に伝えたい。あなたがたは、自らの信仰理解に沿ったインスピレーションを与えてくれる遺族の言葉や行動を喜んできた。それなら、母アリソンの言葉にも目を向けよう。彼女は、「赦しには正義を求めて戦うもう一つの側面がある」と教えてくれる。それらは同時進行で行われる。そして、どちらも福音を構成するものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As Mother Allison noted, prison will offer Guyger a chance to reflect on her actions. The church should reflect too. To my white brothers and sisters, you’ve celebrated the words and actions of a family member you found inspirational and in-line with how you understand your faith. Heed, too, the words of Mother Allison. She is teaching us that forgiveness has another hand that fights for justice. They two go together. They are both part of the gospel.

ブラント・ジーンとアリソン・ジーンは同じ家族の一員だ。どちらもイエスへの信仰を告白している。彼らの大胆で痛烈な訴えは、共に立ち上がる機会を私たちに与えてくれる。母アリソンの正義への叫びを犠牲にして、ブラントの選択を強調する必要はない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Brandt and Allison Jean are a part of the same family. Both profess faith in Jesus. Their bold and powerful statements offer us an opportunity to stand with them both. We don’t have to pick Brandt’s call for grace at the expense of Mother Allison’s cry for justice.

執筆者:ドレナ・ウィリアムソン

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/ct/2019/october-web-only/botham-jean-forgiveness-amber-guyger.html

 

Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.