クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】ブレグジット(EU離脱)に備える英国福音派──分裂の中で一致のため祈る(対訳)

投稿日: -

 

ブレグジット※をめぐって、英国の福音派に分裂が起こっている。来年1月31日の欧州連合(EU)からの離脱期限が間近に迫る中で、12日に行われた英国総選挙は、(ボリス・ジョンソン首相の言葉で言えば)保守党に歴史的な勝利と「ブレグジットを成し遂げる大きく新しい任務」を与えた。そのニュースが広がる中で英国の福音派は、政治的混乱や、見通しが立たないまま前に進み続ける状況、そして「この困難な時代にクリスチャンが何をすべきか」という課題に取り組んでいる。

※British(英国)とexit(退出)の混成語で、英国のEU離脱を指す。

 

欧州連合(EU)における英国の位置(地図:Furfur)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
British evangelicals are divided over Brexit. The January 31 deadline for the nation’s departure from the European Union is fast approaching, and Thursday’s elections gave the Conservative Party a historic victory and “a powerful new mandate to get Brexit done,” according to Prime Minister Boris Johnson. As evangelicals absorb the news, they are grappling with the political tumult, the ongoing uncertainty, and the question of what a Christian should do in these difficult times.

英国福音同盟(EAUK)は毎週木曜日、ソーシャル・メディアに「神に平和、憐み、導きを求める」という祈りの文言を投稿し、信徒たちにも祈りをささげるよう呼びかけている。分裂の中で、一致を求める試みだ。EAUK広報担当者ダニー・ウェブスター氏によると、EAUKは、福音派信徒の「政治的多様性を尊重する」ため、ブレグジットについて「中立」の立場を堅持してきた。ウェブスター氏は、「一致が得られるとすれば、それは祈りによるものだろう」と信じている。ウェブスター氏は「クリスチャニティー・トゥデイ」(CT)に「(同じ考えを持っているかどうかにかかわらず)リーダー(議員)たちに知恵が与えられるよう祈ることはできるはずです」と語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Evangelical Alliance of the United Kingdom (EAUK) has been urging everyone to pray, posting a prayer to social media every Thursday “to ask God for His peace, grace and guidance.” It’s an effort at unity amid division. The EAUK has remained “studiously impartial” on Brexit, “to reflect the diversity of political opinions” among evangelicals, according to spokesman Danny Webster. If there’s a chance to come together, Webster believes, it’s in prayer. “We can pray for wisdom for our leaders,” Webster told CT, “whether we agree with them or not.”

EUを脱退する計画について、英国は国全体が深く分裂している。2016年の国民投票では、52%が脱退に投票した。以来、二人の首相(テリーザ・メイとボリス・ジョンソン)が選ばれ、EUとの「離婚」を具体的にどう行うかについての議論が議会の中心となってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Britain itself has been deeply divided over the plans to leave the European Union. In 2016, 52 percent of the population voted for leave. Debates about how to do that, exactly, have roiled UK politics ever since, as two successive prime ministers struggled to negotiate a divorce with the EU that can also get approved by Parliament.

EU残留に投票した福音派信徒は、過半数をわずかに上回っている。2016年の投票直前に行われた調査によると、51%が残留を支持し、27%が脱退を支持、22%は保留だった。過去3年間で英国全土の福音派は、「平和と和解の必要性」についての声明を発表している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A slight majority of evangelicals voted remain. According to a 2016 study immediately before the vote, 51 percent supported staying in the EU, 27 percent wanted Brexit, and 22 percent were undecided. In the last three years, British evangelicals across the spectrum have expressed the need “for peace and reconciliation.”

英国福音派の多数派がEU残留を支持しているというと、驚く読者もいるかもしれない。しかし、テネシー州セワニーにあるサウス大学の政治学者アンドレア・ハッチャーによると、英国の福音派は、英国国教会やペンテコステ派よりも「内向的ではなく」、総じて「国際主義指向」であると述べている。主義主張を超えて協働することにも前向きだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The generally pro-remain stance of British evangelicals might be surprising to some. However, political scientist Andrea Hatcher of the University of the South in Sewanee, Tennessee, found British evangelicals are “less boundaried” and generally “more internationalist in outlook” than either their Anglican and Pentecostal peers or US evangelicals. They are also more willing to work across political divides.

福音派の作家であり、英国を拠点とする養子縁組の慈善団体「Home for Good(最後の家)」の創設者クリシュ・カンディア氏も同じ意見だ。「世界規模で見た『キリストの体』の一部として、英国のクリスチャンが世界の同胞とつながり、連帯の精神を示すことは大切なことです。私たちが奉仕のために立ち上がり、世界中で困窮している兄弟姉妹を歓迎することは、これまで以上に必要とされています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Krish Kandiah, evangelical author and founder of Home for Good, a UK-based fostering and adoption charity, agrees. “It is vital for Christians in the UK as members of the global body of Christ to demonstrate a spirit of global allegiance and brotherhood,” he said. “Now more than ever we are needed to stand up for hospitality and offer welcome to our vulnerable brothers and sisters around the world.”

総選挙後、最初の声明を出すボリス・ジョンソン首相(写真:UK Government)

クリスチャンであるということは、人々を迎え入れるということ

ケンブリッジ大学の社会学者ケイティ・ガディーニ氏は言う。「大きな意味の『奉仕』という意味で、移民問題の取り扱いは英国の福音派にとって重要な問題です。クリスチャンであるということは、部外者を迎え入れ、親切に接するということですから」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Katie Gaddini, a sociologist at the University of Cambridge, says immigration is a key issue for a lot of British evangelicals, as part of a larger commitment to hospitality. For them, “being a Christian means being welcoming and hospitable to outsiders,” she said.

ブレグジットによって英国の福音派が世界の福音派コミュニティー含め、外の世界から切り離されることをガディーニ氏は心配している。それは恐ろしいことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
British evangelicals worry that Brexit might cut them off from the rest of the world, Gaddini said, as well as the global evangelical community. The feeling can be devastating.

同氏は、ロンドンで福音派メンバーと話をしたことがある。話をしてくれた女性は、ブレグジットの投票後1週間、ベッドに伏して泣いたという。そして、外に出る用事をすべてキャンセルしたのだが、それは隣人や友人、同じ福音派クリスチャンの多くが脱退に賛成票を入れたという事実に直面するのを避けるためだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Gaddini spoke with an evangelical in London who was so upset after the Brexit vote that the woman stayed in bed for a week and cried. She canceled social events so she wouldn’t have to face the reality that so many of her neighbors, friends, and fellow evangelicals voted leave.

一方、英国の福音派クリスチャンも、地元の福音派コミュニティーから離れたいと思っているわけではない。EU脱退条件の締結期限が再び迫る中で、ガディーニ氏は次のように語る。「この政治的混乱の中で、福音派がどのように信仰を実践できるかについて、さらなる議論や教会でのイベント、教会内グループなどの幅広い対話が起こるでしょう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
At the same time, British evangelicals don’t want to be separated from their local evangelical community either. As Brexit deadlines loom yet again, Gaddini said, “there will be more discussion, church events, groups and wider conversation around how evangelicals can practice their faith in the midst of this political upheaval.”

一方、EU脱退に賛成し、「ブレグジットを通して神が働いている」と感じる福音派クリスチャンもいる。啓蒙団体「ビブリカル・クリエーション・トラスト(聖書的創造論信仰)」の代表ポール・ガーナ―氏は、超教派新聞「エヴァンジェリカル・タイムズ」紙の論説でEU脱退を主張した

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
There are also evangelicals who are staunchly pro-leave and feel God is at work in Brexit. Paul Garner of the Biblical Creation Trust advocated for the leave position in an op-ed in the Evangelical Times, a nondenominational newspaper.

「EUは英国にとって悪いものだった。健全な政治的議論に、クリスチャンであるなしは関係ない。『EUを離れるべき』という意見にはとても説得力があると私は思う」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The EU has been bad for Britain,” he wrote. “Sound political arguments apply to Christians and non-Christians alike and, in my mind, there are many compelling reasons to leave the EU.”

3年経った今も、彼は揺るがない確信を持っている。「国民投票以来、たくさんの出来事が起こってきましたが、私の考えが変わることはありませんでした。(脱退推進派の)意見は基本的に筋の通ったものです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Three years later, his views are steadfast. “Events since the referendum haven’t changed my mind,” he said. “The basic arguments remain sound.”

祈りと預言に基づいてブレグジットを支持する人もいる。超教派宣教団体「エレル・ミニストリー」の創設者で国際部門担当のピーター・ホロブリン氏は、ブレグジットの国民投票は、神による「英国を外部(欧州連合)の支配から解放するための行動」であり、「(私たちの)祈りに対する大きな答え」だと言う

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Others support Brexit because of prayer and prophecy. Peter Horobrin, founder and international director of Ellel Ministries, said the Brexit vote was a “massive answer to prayer” because God “acted to set the UK free from the external spiritual control of the European Union.”

終末論者トニー・ピアス氏は、「欧州連合は反キリストの働きとつながりを持つだろう」と、これまで福音派に警告してきた。彼は、フランスのストラスブールにあるウィンストン・チャーチルEU支部の外に設置されている「ヨーロッパの除去」という彫刻を引き合いに出す。この彫刻は、ギリシア神話のゼウスを銀製の大きな牛として表し、ヨーロッパを奪い去ろうとしている像だ。ピアス氏によるとこれは、獣に乗った女性を描いた「黙示録の直接的暗示」なのだという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Tony Pierce, an end times teacher, has warned evangelicals that the EU will be associated with the Antichrist. He points to the sculpture that stands outside the Winston Churchill EU building in Strasbourg, France, “The Removal of Europa,” depicting the ancient Greek myth of the abduction of Europa by Zeus, who is represented as a large silver bull. For Pierce, this an image “straight out of the Book of Revelation,” a woman riding a beast.

(写真:Christoph Scholz)

宣教への影響は見通しが立たず

それでも英国の福音派の多くは、ブレグジットが宣教活動に与える影響について心配している。「ブレグジットの影響は見通しが立たないままです。ただ、相互の自由移動権の撤廃によって、英国人が宣教師としてヨーロッパ各地で奉仕することを難しくする可能性は高いでしょう」と独立福音派教会フェローシップ(FIEC)の国内宣教部担当者ジョン・スティーブンス氏は語る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
More British evangelicals, however, are worried about the impact Brexit might have on missions. “The impact of Brexit remains unclear,” said John Stevens, national director of the Fellowship of Independent Evangelical Churches (FIEC). “But the removal of the mutual rights of free movement are likely to make it harder for UK citizens to serve as missionaries in some European countries.”

FIECに加盟する東ヨーロッパ、中東、中央アジア、およびサハラ以南のアフリカの教会に焦点を当てつつ、スティーブンス氏はこう考察する。「これからの移民には『定住権』が必要となります。外部から英国に移住し、働く人々の流れが制限されるわけですから、(国内の宣教活動が)影響を受けることは明らかです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Highlighting Eastern European, Middle Eastern, Central Asian, and sub-Saharan African churches in the FIEC, Stevens said, “they will clearly be affected by the need for people to obtain ‘settled status’ and where it will be harder for others to come, live, and work in the UK in the future.”

英国およびアイルランドのアフリカ系クリスチャン・フェローシップ(ACF)の代表アモス・エナブレレ氏は、同団体メンバーが「ブレグジットが引き起こしうる悪影響」を懸念していると言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Amos Enabulele, national president of the Africa Christian Fellowship (ACF) in the UK and Ireland, said that his members are apprehensive “about the possible negative consequences of Brexit.”

ACFは、2020年に予定されている「Prayer for Nations(国々への祈り)」というイベントを前に祈り続けている。「ブレグジットが世界各国で二次的影響を与え、英国から遠く離れた国々でも予期せぬ影響が出るのではないかと心配しています」とエナブレレ氏。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The ACF is also turning to prayer with a planned 2020 event, “Prayer for Nations.” Enabulele said, “we believe that the implications of Brexit will reverberate around the world and trigger un-envisaged and unintended consequential patterns in Britain and in nations far and near.”

サウスワーク地域に住むアフリカ人福音派クリスチャンで、移民でもあるルース・チェプコニー氏も同じ懸念を抱いている。英国議員連盟から先日出された報告書では、アフリカからの移住申請がすでに高い確率で発行拒否されていることが指摘されている。同氏は、ブレグジットによって移民プロセスがさらに複雑化することを心配していると言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ruth Chepkwony, an African evangelical and immigrant living near Southwark, shares these fears. A recent All Party Parliamentary Group report found that African applicants are already more likely to be denied a UK visa. She said she is concerned that Brexit will further complicate immigration.

「(申請には)非常に多くの書類が必要で、要件も明確ではありません。EUを離脱すれば、申請はずっと難しくなるでしょう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“There is so much paperwork, the requirements are unclear,” she said, “plus many of us get rejected anyways. After Brexit, it will be much harder.”

ウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)前でブレグジット関連のデモを行う英国市民(写真:Bulverton)

どうすればクリスチャンらしくEUから離れることができるか

英国の福音派は測り知れないほどの不確定要素に直面する中で、「変わらないこと」に意識を集中させようとしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Faced with so many unknowns, British evangelicals are trying to remain focused on things that don’t change.

「本質的に重要なのは、私たちが愛をもって互いに接することです。私たちの日常がブレグジットにつまずいたとしても、私たち福音派は『隣人を愛すること』を見失ってはなりません」とウェブスター氏(FIEC国内宣教部担当者)は言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It is essentially important our attitude to each other remains fueled by love,” Webster said. “As Brexit stumbles towards actually happening, evangelicals should not lose sight of loving our neighbor.”

つまるところ、「どうすればクリスチャンらしくEUから離れることができるか」という疑問に対する最終的な答えは、「どういうふうにEUから離脱するか」という質問への答えと同じくらい多くある。これまでの友好関係は試練を受け、厳しい判断が下り、それぞれが断固とした姿勢を取るようになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In the end, the question of “how to Brexit like a Christian” has as many possible answers as the question of “how to Brexit” at all. Friendships have been tested, harsh words said, zealous positions taken.

このような状況になったのは、ジョン・スティーブンス氏が言うように、「ブレグジットに対する特定の聖書的立場はない」からだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That is because, John Stevens said, “there is no specific ‘biblical’ position on Brexit.” Stevens believes evangelicals have “to speak wisely and model unity-in-disagreement.”

「最終的な決定が下され、今後の見通しが立てば、この困難は緩和されるでしょう。その間、私たちは知恵と恵みが与えられるよう祈り続け、神が持つ目的が達成されるよう信頼し続ける必要があります。誰が勝つかって? この時点でそのことを知っているのは神だけです。それが唯一、疑いなく断言できる真実です」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“This will no doubt become easier once decisions are made and the uncertainty is ended,” he said. “In the meantime we need to keep praying for wisdom and grace, and keep trusting the good sovereign purposes of God. Who will win? At this point God knows. And that is the only true comfort.”

執筆:ケン・チットウッド

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/december/british-evangelicals-brexit-deadline-boris-johnson-vote.html

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.