新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「カラヴァッジョ《キリストの埋葬》展」が開催中止に

《キリストの埋葬》
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571-1610)
1603-04年油彩/カンヴァス300 × 203 cm バチカン美術館
FOTO © GOVERNATORATO SCV – DIREZIONE MUSEI VATICANI

東京・六本木の国立新美術館で3月24日より開催が予定されていた「カラヴァッジョ《キリストの埋葬》展」の開催中止が発表された。
本展は、1919年の日本へのローマ教皇庁使節館設置から100年を記念して角川文化振興財団が立ち上げた「バチカンと日本のヴェールに包まれた歴史の交流、その解明の扉がいま開かれる―100年プロジェクト」の目玉として企画されたもの。当初は昨年10月の開催を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月に延期となっていた。残念ながら、現在も状況は変わらず、バチカンからの作品輸送が困難であることから中止が決まった。

《大坂・伏見・都の信徒からの奉答書》
1621年墨書・ペン・手彩色・装飾料紙350 × 975 mm バチカン図書館
Barb. or. 152 (3) © 2020 Biblioteca Apostolica Vaticana

本展では、バチカン美術館が所蔵する、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ(1571~1610)が描いた《キリストの埋葬》(1602)が30年ぶりに来日することで話題を集めていた。十字架上で命を落としたイエス・キリストの亡骸を弟子たちが抱きかかえ、墓に埋葬しようとする姿がダイナミックな構図で描かれた作品で、カラヴァッジョの最高傑作の一つともいわれている。
この他、ローマ・カトリック教会の改革運動など本作が描かれた歴史的背景の紹介や、同時代の日本各地の信徒集団がローマ教皇へ送った書状なども展示される予定だった。

Share

Related Posts

  1. バチカンも司教任命権暫定合意の2年延長を発表 2020年10月23日

  2. 「リオのカーニバル」に否定的なマルセロ・クリベラ市長は元「司教」

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスのため、礼拝を中止すべきか──二つのツールを使って判断(前編)

  4. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】「新生した」という人が増えている──主流派とカトリックで大きな変化(対訳)

  5. フェリス女学院大学の新学長に国際交流学部教授の荒井真氏が選任

  6. 新翻訳でヨブ記はどう変わる? 聖書事業懇談会で小友聡氏が講演

  7. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】福音派はなぜトランプに投票したのか──81%の正体(対訳)

  8. クロアチアでM6・4の地震、7人死亡 2020年12月30日

  9. 【インタビュー】日本基督教団総会議長・石橋秀雄さん(2)「サンドバック状態になりながらも支持してくれる人たちがいた」

  10. 「つながり」を力に 第2回たらんとフェスティバル

  11. 宝の民が教会を成長させる 赤江弘之著『聖書信仰に基づく教会形成──西大寺キリスト教会の歩みを一例として』(ヨベル)

  12. 中国当局、地下教会牧師らを拘束 バチカンとは関係改善を模索

  13. 牧師も加わった大嘗祭訴訟で公費支出の差し止めは却下 東京地裁

  14. 聖学院大学、「全学礼拝」をアーカイブ化 フェイスブックで配信

  15. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】2019年ランキング(後編)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。