社会

カリタス・ジャパンやハンガーゼロ、ワールド・ビジョン 新型コロナ・ウイルス感染拡大で「緊急募金」開始

投稿日:2020年4月30日 更新日: -

 

カリタス・ジャパン(責任司教:菊地功大司教)は20日、「新型コロナ・ウイルス感染症緊急募金」受付を開始した。具体的に下記の範囲を重点対象とした支援に用いられるという。

1 住まいの確保:感染から身を守るための家や衛生環境の整わない路上生活者や難民の方々、自粛規制により住む家を失った方々(ネットカフェ住民など)

2 食糧衣料の確保:雇止めや解雇、倒産などによる生活困窮者への支援

3 居場所の確保:DVなどにより安心して過ごす居場所のない方々(子どもたち)

4 滞日外国人のケア:外国人労働者、技能実習生、難民申請者、入管被収容者など

5 優先される方々へのサポート:高齢者、障がいをもった方々など、生活上のサポートが必要な方々

6 情報の保証:言語、障がい、独居高齢者、外国人などの理由で情報にアクセスできない方々への情報の提供

7 医療支援:医療物資が届かない医療機関への支援、風評被害対策など

募金受付口座は次のとおり。

郵便振替:00170-5-95979
加入者名:宗教法人カトリック中央協議会 カリタス・ジャパン(記入欄に「新型コロナ緊急募金」と明記)

「ゆうちょダイレクト」インターネットサービス、他行から振り込む場合、こちらのページの「募金の方法」を参照のこと。依頼人番号、氏名の後に「6257」(新型コロナ緊急募金の意向番号)を記入。

クレジットカード募金の場合はこちらのページを参照。

カリタスジャパンはカトリックの社会活動、救援活動団体で、教皇庁に本部を有する国際NGO、国際カリタスの一員。

カリタス・ジャパンのホームページ

ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構、清家弘久理事長)も16日から、新型コロナ・ウイルス感染の影響下にある人々のために「緊急救援募金」を呼びかけている。

政府のロックダウン(封鎖政策)により、外出できなくなった人のための緊急食料配布(ルワンダで実施)や、支援地での保健衛生指導を通じて実施してきた「WASHプログラム」(安全な飲料水と衛生施設を利用できない人を半減する)をさらに強めるという。支援地はバングラデシュ、カンボジア、フィリピン、ウガンダ、ルワンダ(6月支援開始)。

募金受付口座は次のとおり。

郵便振替:00170-9-68590
加入者名:日本国際飢餓対策機構(記入欄に「緊急救援募金」と明記)

クレジットカード決済の場合はこちらのページを参照。

問い合わせはハンガーゼロ(電話:072-920-2225、090-6676-9330・鶴浦)まで。

ハンガーゼロは、大阪府八尾市に本部事務所を置くキリスト教系国際協力NGOで、「ハンガー・ゼロ」(飢餓のない社会)運動を推進している。日本福音同盟(JEA)の協力会員。

ワールド・ビジョン(小西孝蔵理事長)も10日、「新型コロナ・ウイルス緊急支援募金」を開始した。

世界17カ国(アフガニスタン、バングラデシュ、ブラジル、コンゴ民主共和国、ハイチ、インド、インドネシア、イラク、ケニア、レバノン、中国、モンゴル、フィリピン、セネガル、南アフリカ、シリア、タイ)を優先国に指定し、対応を強化するという。募金はこちらのページから。

ワールド・ビジョンは、キリスト教精神に基づいて開発援助・緊急人道支援・アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-社会
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.