• HOME
  • 記事
  • 学校
  • カトリックのキリスト教主義大学、学生の修学継続を経済面で支援

カトリックのキリスト教主義大学、学生の修学継続を経済面で支援

 

新型コロナ・ウイルスの感染拡大により、大学生も大きな影響を受けている。カトリックのキリスト教主義大学では、感染拡大防止のためにオンライン授業の通信環境をサポートするなど、生活の困窮に直面する学生への経済支援を打ち出した。7日現在、次のとおりとなっている。

藤女子大学(写真:yoshida takurou)

【北海道・東北】

藤女子大学(ハンス・ユーゲン・マルクス学長、札幌市)
オンライン授業に伴い、すべての学部生(2020年度に1年間休学中、海外協定校留学中の学生を除く)に対して、5万円を上限とした支援金を給付。
学修環境整備奨学金の給付について(5月3日)

【関東】

上智大学(曄道佳明学長、東京都千代田区)
オンライン授業に伴い、WiFiルーターやノートパソコンの無償貸出。アルバイトなどの収入が激減し、経済的困難に直面している学生・留学生に対して10万円の支援金を給付。
オンライン授業受講支援と学生支援について(4月28日)
新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う経済支援について(5月4日)

清泉女子大学(佐伯孝弘学長、東京都品川区)
給付型の新たな修学支援制度を設け、現在の奨学金制度を2倍以上に拡大。
◯【重要】新型コロナ・ウイルス感染症に関連する本学の支援について(5月3日)

清泉女子大学(写真:Hykw-a4)

【中部】

南山大学(ロバート・キサラ学長、名古屋市)
オンライン授業に伴い、すべての学生に対して一律5万円の支援金を給付。
新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う緊急修学支援について(5月6日)

【中国】

ノートルダム清心女子大学(原田豊己学長、岡山市)
学業継続がきわめて困難と認められる学生に対して、学費の全額または2分の1の奨学金を給付。
新型コロナ・ウイルス感染症感染拡大防止に関する大学の支援策について(5月2日)

エリザベト音楽大学(川野祐二学長、広島市)
下宿生に2万円、寮生に1万円の家賃補助。アルバイト代減収への支援金として一律1万円の生活費補助を給付。
新型コロナ・ウイルスの影響で困窮する学生への支援策(4月23日)

【九州】

聖マリア学院大学(井手三郎学長、福岡県久留米市)
オンライン授業に伴い、すべての学生に対して一律5万円の支援金を給付。
「遠隔授業」開講に関する学修支援の実施について(5月1日)

Share

Related Posts

おすすめ