主日の公開ミサを再開 カトリック大分教区は17日、那覇教区は24日から 福岡教区の教会は金曜日午後2時に鐘を打ち鳴らすことに

 

カトリック大分教区(教区長:浜口末男司教)は11日、「主日の公開ミサ中止措置の解除について」という文書を発表した。「これまで、長期にわたり、公開の主日のミサを原則中止としてきましたが、大分県、宮崎県の状況を考慮し、十分な感染予防対策を講じた上で、主日の公開ミサを原則中止する措置を解除することといたします」と通知した。

大分教区の管轄区域は大分県と宮崎県の2県で、新型コロナ・ウイルスの感染者は大分県で60人、宮崎県で17人確認されている(14日現在)。

カトリック大分教会のホームページ

那覇教区(教区長:ウェイン・バーント司教)は14日、「主日の公開ミサ再開について」という文書を発表し、「5月24日主の昇天の主日から主日も公開ミサを再開することとしました」と通知した。ただし、「(公開ミサ)休止以前と同様なかたちでミサを行うことは現時点ではできません。……各小教区の感染予防措置を講じたうえで段階的に再開してくださるようお願いします」と注意を呼びかけている。

那覇司教区は沖縄県を管轄区域としており、沖縄県の新型コロナ・ウイルス感染者は、4月23日には132人確認されていたが、5月14日現在、142人と、3週間で10人増に抑えられている。

福岡司教区カテドラル・カトリック大名町教会(写真:Atsasebo)

福岡教区の教会は15日午後2時、医療従事者らに感謝とエールを届けるために鐘を打つ。新型コロナ・ウイルス感染症の終息宣言が出されるまで、毎週金曜日の同時刻、可能な地域で教会の鐘が町中に響き渡ることになる。信徒有志から申し出を受けて始められた。福岡市内では寺の鐘も同時刻に打ち鳴らされるという。

福岡教区は、福岡県、佐賀県、熊本県を管轄区域とし、福岡県で657人、熊本県で48人、佐賀県で46人、新型コロナ・ウイルスの感染者が確認されている(14日現在)。

Share

Related Posts

  1. 芸能人の自死相次ぐ 自死を防ぐには? ~いのちの電話のカウンセラーを経験して~

  2. 9月29日は八代学院の創立記念日

  3. キリスト教主義大学(プロテスタント)新2年生の入学式開催へ 新型コロナで去年は中止

  4. 8月15日は日本にキリスト教が伝わった日

  5. 【インタビュー】一人ひとりの子どものいのちを生かす教育を目指して 自由学園理事長の村山順吉さんに聞く(前編)

  6. 日本ホーリネス教団、全国の所属教会に礼拝形式の中止を要請 牧師謝儀の支援も

  7. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(8)細川ガラシャと夫・忠興との危うい関係 その4

  8. 9月18日は宮城学院の創立記念日

  9. 神学校座談会「コロナ時代の神学教育とは?」後編 対面とオンラインの「ハイブリッド」主流に 2020年11月21日

  10. 【最終回】神さまが共におられる神秘(110)稲川圭三

  11. 日本聖公会、新型コロナ・ウイルス感染予防のため礼拝休止を続ける教区も

  12. 「聴くドラマ聖書」大和田伸也さん、つるの剛士さん、六平直政さんの囲み取材と完成披露パーティー

  13. 東洋英和女学院の記者会見の詳細 院長の深井智朗氏が懲戒解雇になった理由(後編)

  14. 11月23日はパスカルの回心した日

  15. 10月17日は日本YWCAの創立記念日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。