カトリック高松教区、主日のミサの再開から一転、過越の3日間のミサを非公開で

 

カトリック高松教区(教区長:諏訪榮治郎司教)は1日、「聖週間の典礼について」という文書で、「過越しの三日間のミサを本年に限り非公開で行います」と通知した。

カトリック桜町教会(写真:Abasaa)

2月27日付の文書で、「主日のミサに集うことを控えたい」という方針を示したが、3月20日付の文書で、3月29日(四旬節第5主日)から主日ミサを再開すると発表した。そして、3月26日付「聖週間の典礼への参加にあたって」でもまだ「例年通りに行われる」としていたが、ここに来てその予定が変更された。その理由として、「新型コロナ・ウイルス感染が広がり、私たちも感染を受ける可能性や感染源となる可能性は避けることができないからです」と述べ、「私たちの社会的責任を踏まえた苦渋の決断です」と理解を求めた。

高松教区が管轄する四国4県(香川県、徳島県、愛媛県、高知県)のうち、高知県に21人、愛媛県に12人、徳島県に3人、香川県に2人の感染者が確認されている。

「聖週間の典礼について」の全文は次のとおり。

教皇庁典礼秘跡省からの教令を受けて、高松教区での2020年度における聖週間の典礼について検討した結果、高松教区においては以下のように聖週間の典礼を行うこととします。

①復活祭は典礼暦年全体の中心であり、単なる祝日ではありません。しかし、高松教区としては、過越しの三日間のミサを本年に限り非公開で行います。新型コロナ・ウイルス感染が広がり、私たちも感染を受ける可能性や感染源となる可能性は避けることができないからです。私たちの社会的責任を踏まえた苦渋の決断です。司祭方は、過越の三日間の典礼祭儀を信者の物理的参加がない状態で祝うことにいたします。典礼の準備も司祭たち同士でいたしますので、信徒の奉仕者も必要はありません。

②聖堂に集うことはできませんが、信徒の皆さまは、どうぞご自宅で、ミサの時間に合わせ、ミサを捧げる神父さま方と心をともにし、祈りのひと時、聖なる時間を持ってください。インターネットを使える方は、東京教区がネットでミサの様子を配信するようなので、それを視聴しながら心をともにすることもできます。ネットのない方は、福音書を用いてイエス様の受難への歩みを心で味わい、また、ロザリオを用いて黙想されるのもできます。過越しの三日間のミサに与れないことの淋しさを通して潜伏キリシタンの信仰生活を追体験することもできるでしょう。

③洗礼や改宗を準備されている方にとってはつらい日々となっていますが、入信式や改宗式は各小教区で復活祭後に検討するようお願いします。

④コロナ・ウイルス感染の状況が変化するので、教区としての対応も変化せざるを得ません。教区の方針や情報は、できるだけ速やかに教区ホームページに載せます。ご利用ください。

⑤コロナ・ウイルス感染拡大の状況における「赦しの秘跡」については、次ページをご覧ください。

◎復活の主日(祭日)も、復活徹夜祭と同様です。受難の主日(枝の主日)も非公開のミサといたします。

聖週間をまじかに、高松教区での「赦しのめぐみ」について

・基本的に通常の「個別の赦しのめぐみ」を想定しております。いつでもこの秘跡に近づくことができます。ただし、秘跡執行司祭および秘跡を受ける方は、感染への注意を十分に払ってください。具体的には、通気の良い場所、適切な距離を保ち、マスクを着用するなどです。

・多人数への共同の赦し(一般赦免)は、死の切迫がないかぎり、また個別に聴く時間のない場合以外これを与えることはできません。一般赦免を適切に行う重大な必要性が認められる事態においては、教区司教が指示をいたします。

・赦しの秘跡を受けることのできない状況にある信者が、完全な痛悔の念、赦しを願う思い、また赦しの秘跡を受けることを強く決意した場合、赦しが与えられることを覚えておいてください。(カトリック教会のカテキズム 1452項)

・参列者不在の中でも(非公開の御ミサ)、司祭は日々ミサを捧げております。十字架における主の死と復活の恵みが毎日捧げられています。司祭と心を合わせ、主の恵みに感謝をささげつつ、この危機に日夜尽くしておられる方々への協力をお祈りいたしましょう。

Share

Related Posts

  1. バチカンの秘密文書館にある第2次世界大戦時の文書を来年公開

  2. 米テキサス州のカトリック聖職者、子どもへの性的虐待に関与した疑い

  3. キリスト教婦人矯風会、「即位礼・大嘗祭(だいじょうさい)」に対する声明発表

  4. 日本福音ルーテル教会、感染拡大が見込まれる地域では礼拝中止を積極的に選択すべき

  5. 東北学院大学、東洋英和女学院大学など、クリスチャンを対象にした推薦入試

  6. 長谷川町子生誕100年 記念館7月にオープン 苦難の時代にこそ「日常」を 母譲りの信仰と意外な関係 2020年12月25日

  7. ルーテル学院大学の教会枠入学試験、出願は11月から

  8. 聖公会が設立した学校などを紹介 立教学院展示館で日本聖公会関係学校展

  9. 日本聖公会、新型コロナ・ウイルス感染予防のため礼拝休止を続ける教区も

  10. 9月に竣工、内村鑑三の思想が息づく「今井館」 移転事業の支援への呼びかけ

  11. 9月1日は関東大震災が発生した日

  12. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(21)ガラシャ没後の細川忠興 その1

  13. コロナ禍で急増する「産後うつ」。辛いと感じたらすぐに助けを求めて

  14. 中村哲さんの告別式は11日に福岡で

  15. 【「キリスト新聞」との共同インタビュー】最初の告発をした小柳敦史氏 深井智朗氏の研究不正について語る(1)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。