• HOME
  • 記事
  • 礼拝
  • カトリック札幌教区は公開のミサを中止 仙台教区と新潟教区の新型コロナ・ウイルスへの対応

カトリック札幌教区は公開のミサを中止 仙台教区と新潟教区の新型コロナ・ウイルスへの対応

 

カトリック札幌教区(教区長:勝谷太治司教)は25日、「新型コロナ・ウイルス感染症に伴う公開ミサの中止について」と題する文書で、「2月27日(木)から3月14日(土)まで、公開のミサ・集会祭儀や集まりを行わない」と発表した。管轄する北海道の感染者は66人で(28日現在、以下同)、東京都の36人を超えて最多。鈴木直道(すずき・なおみち)知事は緊急事態宣言を出し、今週末の外出を控えるよう呼びかけている。

札幌教区カテドラルのカトリック北一条教会(写真:Ozizo)

仙台教区(教区長:平賀徹夫司教)は現在のところ、何のアナウンスもない。仙台教区が管轄するのは青森県、岩手県、宮城県、福島県の4県で、感染者は出ていない。

新潟教区(使徒座管理者:菊地功大司教)も現在のところ、何のアナウンスもない。新潟教区が管轄するのは新潟県、山形県、秋田県の3県で、感染者は出ていない。

Share

Related Posts