• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米CT】トランプ大統領にとって手痛いのは、福音派白人層よりもカトリックの白人層を失うこと。(2)

【米CT】トランプ大統領にとって手痛いのは、福音派白人層よりもカトリックの白人層を失うこと。(2)

ラウンドボタン

(1から続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

If the results for white evangelicals are slightly worrisome for the Trump campaign, the polling of white Catholics is a much louder alarm bell.
The president received 59 percent of this constituency in 2016, and in the spring it seemed likely that Trump would repeat that result in his matchup with Biden. In most waves of the survey, the president polled around 50 percent, while Joe Biden’s support was around 40 percent and another 10 percent were undecided or voting for a third party.
The poll conducted in September indicates a sharp shift among white Catholics: Biden and Trump are in a statistical dead heat, with just 3 percent now unsure. Of course, this could just be a statistical aberration, but this shift toward Biden in September appears for both white evangelicals and white Catholics. It’s more dramatic among the Catholics, a jump of nearly 8 percentage points.
With so few undecided voters in the sample, it seems very likely that the white Catholic vote may be closer to 50-50 in 2020, a huge shift from the 18-point margin Trump won in 2016.
The results for white nonevangelical Protestants—comparable to the mainline Protestant data from the earlier elections—seems to show fairly similar results to the 2016 race. Clinton received 41 percent of this voting bloc, and Biden appears to be on track for around the same.
On average, Trump is hovering around 47 percent, while Biden is at 42 percent with another 10 percent undecided. It’s possible that the mainline vote will not deviate much from 2016.
Polling is an inexact science. It’s important to note that data from other polling firms shows that the votes of religious groups in 2020 look almost exactly like they did in 2016. But some state-level polls are reinforcing the trend that white Catholics are slipping away from Trump.
For instance, Marist found that among white Catholics in Pennsylvania, Trump was at 53 percent, while Biden was at 43 percent. In 2016, Trump beat Hillary Clinton among that group by 22 percentage points. In a state where white Catholics are a quarter of the vote, a 10-point swing among white Catholics should be enough to switch the state from red to blue.
For Trump to repeat his electoral victory in 2016, he is banking on holding together the coalition of voters that sent him to the White House four years ago. His opponent then did not engage in the level of faith outreach being conducted by the Biden campaign. But while Biden possibly picking up five points among white evangelicals would be noteworthy for observers of religion and politics, it wouldn’t be enough by itself to change the outcome of the election.
The Catholic vote, on the other hand, might. Biden, in part by virtue of his own religious background, may be well positioned to take nearly half of the white Catholic vote in 2020. If that pattern holds, the pathway to 270 electoral votes for the incumbent president becomes nearly impossible. The shift would also represent the most dramatic change in white Christian voting patterns in the last four election cycles.
トランプから離れていくカトリック層

福音派白人層の状況が少々気になる程度だとしても、カトリック白人層の支持状況にはトランプ陣営も焦りを覚えていることだろう。

2016年の選挙前、トランプ大統領はカトリック白人層から59%の支持を受けていたし、この春に行われた調査でも、ジョー・バイデンの支持していたのは約40%、未定・その他と答えた割合が10%、トランプ大統領の支持率は約50%といった結果が多く、2016年と同程度の支持が見込めていた。

しかし9月に実施された調査では、カトリック白人層に大きな方向転換がみられており、態度未決の3%を争う激しい接戦を演じている。もちろん、統計上の数字が状況を完璧に反映しているとは限らないが、9月にバイデン支持へと傾いたのはカトリックだけではなく福音派白人層も同じだ。特にカトリックでは、およそ8%の支持がバイデンに移っており劇的な展開を見せている。

このデータでは態度未決の割合も少ないことから、今年の選挙でカトリック白人層の票は真二つに割れたと言える。トランプ候補が18%の大差をつけて勝った2016年とは大きく様相(ようそう)が変わったのだ。

福音派以外のプロテスタント(メインラインなど)の支持率を見る限り、今年の選挙も2016年とほぼ同様の結果が出ることが予想される。クリントン(2016)はこの層から41%を得票したが、バイデンの得票数もその近辺になるだろう。

この層の平均では、トランプ支持がおよそ47%、バイデン42%、態度未決10%となっており、この層の票の動きは2016年の結果から大きく外れることはないと予想される。

たしかに調査には不正確な面がある。同様の調査で2016年も2020年も大差がない、とする結果が出ている調査も存在することには注目するべきだろう。しかし各州が行っている調査では、カトリック白人層がトランプから離れているという傾向があることも確かだ。

激戦区ペンシルバニア州の状況

例えばマリスト(米カトリック系調査団体)の調査では、ペンシルバニア州のカトリック白人層のトランプ支持率は53%、バイデンは43%という結果が出ている。しかし2016年調査では、トランプ候補(当時)がクリントン候補に22%の差をつけて勝利していた。同州ではカトリック票が全体票の4分の1を占めることを考えると、カトリック票が10%移ったことで戦況が変わる可能性がある。

トランプ大統領は4年前の選挙で彼に投票した支持者たちが力を合わせてくれることを当てにしている。あのときクリントンは、トランプを支持するクリスチャン層に歩み寄ることはなかったが、バイデン候補は積極的にこの層を崩しにかかっている。
たしかにバイデン候補が福音派白人層からの支持を5%ほど増やしたことは、選挙と宗教の関連性を観察する者たちにとっては興味深いものだが、それは選挙の結果を左右するほどではない。

しかし、カトリックの票が動くことは選挙の結果に影響をもたらし得るものだ。バイデン候補が今回の選挙戦でほぼ半数の得票を得るとすれば、それは彼自身の宗教背景、信仰的倫理観によるところもあるだろう。そうなれば大統領選に必要な270票の選挙人団票をトランプ大統領が得ることは、ほとんど不可能になる。クリスチャン白人層に起こっている調査結果の変化が選挙戦に反映されれば、過去4回の大統領選と比べても最も劇的な投票傾向の転換となるだろう。

(終)

執筆者のライアン・P・バージは東イリノイ大学助教授(政治学)。
本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。
出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2020/september/trump-biden-white-catholic-swing-vote-evangelical-poll.html

Share

Related Posts

おすすめ