東京女子大学、 2021年度「知のかけはし入学試験」来学不要のオンライン選考を導入

東京女子大学(東京都杉並区、学長:茂里一紘)は、2021年度入学者選抜で実施する総合型選抜「知のかけはし入学試験」について、新型コロナ・ウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、来学不要のオンライン方式で選考を実施する。

17年度から導入している同入試は、新設当初から「3つのポリシー」に基づき、「学力の3要素」を踏まえ、志願者の意欲・個性・学力・資質を出願書類、英語外部検定試験の成績、講義ノート、小論文、グループ・ディスカッションおよび面接等により多面的・総合的に評価して合否を判定することを特徴としている。

今回は、講義受講、講義に関連した内容の小論文・グループディスカッションという本入試の特徴を維持しつつ、オンラインで実施するため、講義動画視聴・講義ノート・小論文・基礎学力検査(数理科学科のみ)を事前課題に変更し、指定する期間内に受験生が自宅で解答できるようにする。面接の実施方法については、9月下旬に同大公式サイト「知のかけはし入学試験 オンライン選考に関する注意事項」にて公開される予定。

東京女子大学は、北米プロテスタント6教派の援助を得て、1918年「本学は、キリスト教の精神をもって人格形成の基礎とし、リベラル・アーツを柱とする女子高等教育を行う」という建学の精神のもと、リベラル・アーツ・カレッジ「私立東京女子大学」として創立された。初代学長は新渡戸稲造。

「知のかけはし入学試験」は、同大で学びたいとの意欲を持つ全国の学生の志と、リベラル・アーツを礎とし、さまざまな知へと挑む同大という学びの場をつなぐことを企図して実施されている。「かけはし」という言葉は、新渡戸稲造が東京帝国大学の入学試験で面接官に、「太平洋の橋になりたい」と述べたという逸話を踏まえている。

Share

Related Posts

  1. 2倍の祝福を受けて2人のダウン症児を育てる 益子昌貴さん

  2. キリスト教ニュースサイト「クリスチャンプレス」記者発表 6月1日から配信スタート

  3. 関東学院大学、新学長に小山嚴也氏が就任

  4. カトリック大阪教区 全面的なミサ中止はなく、体調不良で司祭不在の場合、ミサ中止も 前田万葉大司教が発表

  5. カトリック大阪大司教区、4月9日の聖木曜日「主の晩さんの夕べのミサ」から公開ミサを再開

  6. 【インタビュー】ICU学長・岩切正一郎さん(1)大学にキャンパスがあるのは、同じ場所と時間を共有するため

  7. キリスト教主義大学(プロテスタント)新2年生の入学式開催へ 新型コロナで去年は中止

  8. 9月17日は松蔭女子学院の創立記念日

  9. 関西のキリスト教主義大学、再びオンライン授業拡大へ

  10. パキスタンで逆転無罪のアーシア・ビビさん、カナダで家族と再会

  11. バチカンの秘密文書館にある第2次世界大戦時の文書を来年公開

  12. 8月7日ははだしの英雄アベベの誕生日

  13. 『人生に悩んだから「聖書」に相談してみた』『キリスト教って、何なんだ?』 聖書を「知ってもらう」「使ってもらう」ための試行錯誤 上馬キリスト教会 MAROさんインタビュー 2020年10月1日

  14. 21年ぶりの日本聖書協会の総主事交代 渡部信氏から具志堅聖氏へ

  15. 献金約1400万円を会計係の信徒が私的流用

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。