クリスマスのお菓子 シュトーレンにパネトーネ・・・今年のクリスマスはどれにしよう?

12月に入り、いよいよ街がクリスマスらしくなってきました。読者の中にも、そろそろクリスマスツリーを飾ったり、クリスマスケーキを予約したという人も多いのではないでしょうか。

シュトレン。中心に見えるのがマジパンです

クリスマスのお菓子といえば、最近はドイツの伝統菓子「シュトレン(シュトーレン)」も人気ですね。ドイツ語で“坑道”という意味を持つお菓子ですが、表面にたっぷりとまぶされた粉糖が、生まれたばかりのイエス・キリストの産着のように見えるとも言われています。シュトレンのベースとなるのは、パンと同じように強力粉を使った発酵生地。ドライフルーツやスパイス、砂糖とアーモンドパウダーを合わせたお菓子“マジパン”などを混ぜ込んで焼いたもので、見た目に反して、持つとずっしりと重みがあります。できたても美味しいのですが、時間がたつほど熟成が進み、生地にドライフルーツの甘みも浸透してさらに美味しくなるんですよ。

ナッツたっぷりベラベッカ。この写真、サラミソーセージに似ていませんか?

お隣のフランスにも、クリスマスに食べるお菓子としてアルザス生まれの「ベラベッカ(ヴェラヴェッカ)」があります。フランス語で“洋ナシのパン”をいう意味を持つように、こちらも強力粉ベースの生地の中に、洋ナシをはじめフルーツやナッツ類がたっぷり。一見、サラミのような細長い形で、ナッツがゴロゴロ入っている分、固さがあります。これは筆者の好みですが、コーヒーや紅茶はもちろん、赤ワインにもよく合うお菓子です。

パネトーネはイタリア特有のパネトーネ種を使うのが特徴。大きさもさまざまです

一方、イタリアでは「パネトーネ(パネットーネ)」と呼ばれるパンがクリスマスの定番。イタリア生まれの天然酵母・パネトーネ種を使って焼き上げるパンで、ふんわりとした食感。日本でもおなじみのパンだと、ブリオッシュに近い感じでしょうか。こちらも、レーズンやオレンジピール、プルーンなど、ドライフルーツがふんだんに使われています。余談ですが、聖書の時代にはドライフルーツは既に食べられていたそうですよ。

さて、ここでご紹介したお菓子に共通しているのは、イエス・キリストの降誕を待つアドベントの期間に食べるお菓子であること。クリスマスケーキのようにイヴの夜に食べるのではなく、12月に入ってから少しずつ切り分けていただきます。長期間保存させるため、砂糖を大量に使っているので、カロリーもほかのお菓子より高め。(大きいものでは、シュトレン1本で1000キロカロリー近いものも!)おいしいからと言って一気に食べ過ぎないように気をつけてくださいね。

Share

Related Posts

  1. 太宰治が入院中に手にした聖書 神奈川近代文学館で公開

  2. 9月16日は松山東雲学園の創立記念日

  3. 【映画評】 『タゴール・ソングス』 ベンガルの大地は歌う Ministry 2020年6月・第45号

  4. 福音派の3分の1は、礼拝に人を誘う必要性を感じていない

  5. 2021年大河ドラマ「青天を衝け」 吉沢亮さん、救世軍と関わりの深い渋沢栄一を演じる

  6. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】聖公会とバプテストが協力して教会を開拓(前編)

  7. WCC創立70周年に教皇フランシスコがジュネーブ訪問「自らの利害を優先して教会が分裂した」

  8. セブンスデーの三育学院、4月からどう変わる

  9. 韓国政府、首都圏の教会の礼拝禁止へ 防疫措置強化 「全国的流行の一歩手前」と警告 2020年8月25日

  10. 【インタビュー】キリスト教カウンセリング・センター理事長・大塩光さん 「牧師」の枠を取り払って、一人の人として(後編)

  11. 金沢の高山右近資料館「ギャラリー・ジュスト」館長 奈良献児さん

  12. 飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(2)

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】牧師の自殺──私たちが知っておくべき3つのこと(後編)

  14. WCRP日本委員会が震災10年で声明 「垣根を超えて教訓語り継ぐ」決意

  15. 神様からのたまものをオンラインで公開、グループ展「TAMA-TEN」開催 10月31日まで

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。