クリスチャニティー・トゥデイ 書籍

【CHRISTIANITY TODAY】ブック・アワード2019(2)

 

クリスチャン・ライフ

ロサリア・バッターフィールド著『福音は家の鍵とともにやって来る──ポスト・キリスト教世界における実践的・徹底的ホスピタリティー』

クリスチャンの友人皆に喜んで勧めたい、深く読みごたえのある本だ。タイトルにはまったく同意しかねるが、私は著者の補完神学を共有する。本書は、クリスチャンの文化的規範へのきわめて重要な批判と、美しくも大胆な、苦労して手に入れたビジョンを提供している。それは、私たちがより信仰的に共に生きていくためのビジョンだ。ラジオ・インタビューの間、著者の母親がドアを叩いていたというエピソードには笑ってしまったし、母親が最期に回心する様子が物語られるところでは泣いてしまった。この本のおかげで、よりよく生きていけそうだ。──レベッカ・マクラフリン(作家、評論家、『キリスト教に直面する』の著者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Christian Living/Discipleship
The Gospel Comes with a House Key: Practicing Radically Ordinary Hospitality in Our Post-Christian World
Rosaria Butterfield (Crossway)

“This is a profoundly challenging book that I would happily recommend to any of my Christian friends. I didn’t agree with every jot and tittle, although I share Butterfield’s complementarian theology. But the book offers both a vital critique of our Christian cultural norms and a beautiful, gritty, hard-won vision for how we could live together more faithfully. I laughed out loud at Butterfield’s anecdote about her mother banging on the door during a radio interview, and I cried when she recounted her mother’s death-bed conversion. I will live better because of this book.” —Rebecca McLaughlin, writer and speaker, author of Confronting Christianity (forthcoming)

優秀賞
ラッセル・ムーア『嵐に襲われた家族──十字架は家庭をどう作り変えるか』

牧師として私はしばしば、教会員に素晴らしい助けとなる本を指定するのだが、『嵐に襲われた家族』はむしろ私にとって必要な本だった。「嵐に襲われる」という形容詞一語で、私の家庭の個人的な事情を著者は完璧に捉えている。著者は親のような優しさで、家族に対するとんでもない偶像崇拝から解き放ち、風と波に対して「黙れ、静まれ」と命じる力を持っている、十字架につけられた救い主へと焦点を合わせ直してくれる。著者自身の過ちや欠点を織り交ぜつつ、家族のための希望に満ちた錨(いかり)であるキリストの十字架の恵みに私たちの視線を信仰深く向かわせる。──チャド・アシュビー(サウスカロライナ州ニューベリー、カレッジストリート・バプテスト教会牧師)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Award of Merit
The Storm-Tossed Family: How the Cross Reshapes the Home
Russell Moore (B&H)

“As a pastor, I often earmark books that could be a great resource for church members. This time, The Storm-Tossed Family was the book I needed. With one adjective, storm-tossed, Moore captures perfectly the state of affairs in my home. With the gentleness of a fellow parent, he unmoors us from the frantic idolatry of family and reorients our focus on the crucified Savior who has the power to say to the wind and waves, ‘Peace, be still.’ Moore puts his rhetorical gifts to work, turning phrases, weaving together Scriptures, and summoning apt illustrations with the unction of a preacher but the meekness of a bleary-eyed father of five. He shares his own failures and shortcomings while faithfully directing our gaze to the grace of Christ’s cross as a hopeful anchor for the family.” —Chad Ashby, pastor of College Street Baptist Church in Newberry, South Carolina 

教 会

ジェフリー・D・アーサー著『想起としての説教──忘却の時代に記憶を揺るがす』

若い牧師には必読書だ。感謝すべきことに、福音派教会は過去半世紀以上にわたって講解説教の必要性を強調してきた。しかし、講解説教とされてきた大部分は、今日ではインパクトに欠けるものとなっている。説教というより、聖書箇所の実況解説と感じられるのだ。著者は、説教における記憶の重要性を強調する。そして、記憶の役割についての有益な聖書神学を示し、この分野における現代科学の助けを借りて、説教学にこれらを適用する。私たちの説教がそうであることが求められているように、本書は魅力的で、ためになり、かつ励まされる。──ジェイソン・ヘロプーロス(ユニヴァーシティー改革派教会牧師、『新牧会ハンドブック』の著者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Church/Pastoral Leadership
Preaching as Reminding: Stirring Memory in an Age of Forgetfulness
Jeffrey D. Arthurs (IVP Academic)

“This book just became required reading for any young pastor I have the privilege of ministering to in the future. Thankfully, the evangelical church over the past half-century has emphasized the need for expositional preaching. Yet much of what passes as expositional preaching today lacks impact. It tends to feel more like a running commentary on the text, rather than preaching. Arthurs underscores the importance of remembering in preaching. He provides a helpful biblical theology of the role of memory, cites modern science’s help in this area, and then applies the knowledge to the discipline of preaching. This book is engaging, informative, and lively—just like our preaching should be.” —Jason Helopoulos, senior pastor of University Reformed Church in East Lansing, Michigan, author of The New Pastor’s Handbook

優秀賞
グレン・ダマン著『忘れられた教会──なぜ地方教会がアメリカ全土の教会にとって大切なのか』

地方(または小都市)の開拓伝道の担い手として、本書は助けとなり、元気を回復させ、励みになるものだった。著者は、もっぱら都市や小さな町のみに適合する宣教努力については問わない方策を示す。私の教派(サザン・バプテスト教会)の圧倒的多数の教会は小都市や地方にあるが、本書はアメリカ全土の宣教の未来にとって非常に大切な本となるだろう。──デイトン・ハートマン(ノースカロライナ州ロッキー・マウント、レジーマー教会主任牧師。『牧師が信じる嘘』の著者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Award of Merit
The Forgotten Church: Why Rural Ministry Matters for Every Church in America
Glenn Daman (Moody)

“As a church planter in a rural (or micropolitan) setting, I found Daman’s work to be helpful, refreshing, and encouraging. He charts a path forward that doesn’t ask ministry efforts to be geared exclusively toward the city or the small town. With the overwhelming majority of my (Southern Baptist) denomination’s churches existing in small-town or rural contexts, I believe The Forgotten Church is an immensely important book for the future of ministry across the country.” —Dayton Hartman, lead pastor at Redeemer Church in Rocky Mount, North Carolina, author of Lies Pastors Believe

女 性

サラ・C・ウィリアムズ著『完璧に人間──セリアンとの9カ月』

著者の人生において最も苦痛な旅へと、本書は読者を招く。娘のセリアンが出産後まもなく亡くなってしまったのだ。かつて直面したことのない心が張り裂けそうな疑問と決断に自分とその家族がいかに取り組んだかを、著者は誠実さと正直さをもって追体験させる。そうして彼女は、命の聖性、価値、美しさについての話を、より人間的なレベルに深めていく。──コートニー・ドクター(作家、評論家。『園から栄光へ』の著者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CT Women
Perfectly Human: Nine Months with Cerian
Sarah C. Williams (Plough Publishing)

“In Perfectly Human, Williams allows the reader to join her in the most excruciating journey of her life—carrying her daughter, Cerian, to term, knowing the child would not survive her own birth. With honesty and transparency, she invites readers to experience how she and her family wrestled with the sort of gut-wrenching questions and decisions few will ever have to confront. In doing so, she moves conversations about the sanctity, value, and beauty of life to a deeper, more human level.” —Courtney Doctor, writer and speaker, author of From Garden to Glory

優秀賞
エイミー・ベッカー著『白い柵──特権で分断された世界で愛に向かう』

「特権」という言葉は、人種間の平等について全国的な対話をする上で、ますます重要となっている。信仰者にとってこの言葉は、重要な波紋を呼ぶ。なぜなら私たちは、すべての人を愛し、平等な神を礼拝するからだ。郊外の白い柵で囲まれた家(幸せな家庭の象徴)で快適な生活を送っている裕福な白人女性として著書は執筆しているが、隣人の定義を広げることを選ぶ。恵みと謙遜をもって語られるこの体験談は、特権について同じ疑問と格闘する人々を助けてくれる仲間となるだろう。──ルース・エヴァーハート(メリーランド州ベテスダ・ハーモン長老教会牧師、『廃墟──ある回顧録』の著者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Award of Merit
White Picket Fences: Turning Toward Love in a World Divided by Privilege
Amy Julia Becker (NavPress)

“The word privilege is increasingly important in our national conversation about racial justice. For people of faith, the word ripples with significance because we worship the God who is Love, equally for all people. Amy Julia Becker writes from her context as an affluent white woman who could live comfortably within the white picket fences of suburbia. Yet she chooses to broaden her definition of neighbor. Told with grace and humility, this memoir will be a helpful companion to those who are wrestling with similar questions about privilege.” —Ruth Everhart, pastor of Hermon Presbyterian Church in Bethesda, Maryland, author of Ruined: A Memoir 

Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ, 書籍
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.