クリスチャニティー・トゥデイ 書籍

【CHRISTIANITY TODAY】ブック・アワード2019(3)

投稿日:2019年1月3日 更新日:

Print Friendly, PDF & Email

 

文化と芸術

グレゴリー・ソーンベリー著『なぜ悪魔は良い音楽を持っているのか──ラリー・ノーマンとクリスチャン・ロックの危機』

キリスト教と芸術の交差点で働く私たちの多くは、ジャンルとしてのキリスト教音楽に対して深い対立関係を持っている。このジャンルの最初の重要人物であるラリー・ノーマンの伝記によって、私たちはクリスチャン・ロックのルーツに遡(さかのぼ)らされる。これは偏りのない伝記だ。ノーマンとその理想によって、その美しさと奇妙さのすべてが前面に出ている。魅力的な人物描写と同時に、現代米国のエンターテインメント産業における芸術と信仰の関係をよりよく理解する貴重な機会を提供してくれる書だ。──ジョナサン・アンダーソン(バイオラ大学准教授。『芸術と文化の命』の共著者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Culture and the Arts
Why Should the Devil Have All the Good Music?: Larry Norman and the Perils of Christian Rock
Gregory Thornbury (Convergent)

“Many of us working at the intersection of Christianity and the arts have a deeply conflicted relationship with Christian music as a genre. Thornbury takes us back to the roots of Christian rock music in this biography of Larry Norman, one of the genre’s first major figures. This is an even-handed biography, allowing Norman and his ideals to stand forward in all of their beauty and strangeness. It’s a fascinating portrait of a person, but it also provides valuable opportunities for better understanding the relationship of art and belief in the context of the contemporary American entertainment industry.” —Jonathan Anderson, associate professor of art at Biola University, co-author of Modern Art and the Life of a Culture 

優秀賞
クレイグ・デットワイラー著『自撮り──デジタル時代に神のかたちを求めて』

本書は、私たちの文化において至るところで目にするもの、スマートフォンによる「自撮り」について神学的に考えさせてくれる。スマートフォンが軽率な自己中心性をしばしば助長することは認めつつも、自己価値の探求や、他者に教えたり共感を広げたりすること、また預言者のように証しすることにも利用できることを示唆する。著者の対話相手は、芸術家、社会学者、心理学者、メディア批評家、神学者、聖書学者、文化評論家、そして古代教会の教父など、あ然とするほど幅広い。──ロバート・ジョンストン(フラー神学校神学と文化教授)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Award of Merit
Selfies: Searching for the Image of God in a Digital Age
Craig Detweiler (Brazos)

“Detweiler helps readers think theologically about one of our culture’s most ubiquitous products, our smartphone ‘selfies.’ Although he recognizes that smartphones have often contributed to an unreflective self-centeredness, he also suggests that they can be used to explore our self-worth, teach others, expand our empathy, and participate in prophetic witness. Detweiler’s dialogue partners are breathtakingly broad—artists, social scientists, psychologists, media critics, theologians, biblical scholars, cultural commentators, and ancient church fathers and mothers.” —Robert K. Johnston, professor of theology and culture, Fuller Theological Seminary 

フィクション

シャーロン・ガーロー・ブラウン著『エクストラ・マイル──神の呼びかけを抱きしめる』

この物語は、「履きやすい靴」シリーズの満足のいく完結編だ。前3作を読んでいない人にも、熟練したテクニックで4人の主要人物に親しみを持たせ、物語理解に必要な過去の出来事もさりげなく挿入する。それぞれの登場人物は現実的で真実味があり、さまざまな内憂外患と直面する。ここには、ハリウッドの大ヒット作の影響を受けた「強い女性」は登場しない。たとえば、軍隊を指揮したり、選ばれた者として運命を受け入れたりはしないのだ。しかし彼らは、その言葉の最も真実な意味で自らの強さを証明する。日常生活の中でその必要性と直面し、自分の霊的な状態をわきまえ、日々キリストと共に歩むために奮闘するのだ。──レベッカ・ルエラ・ミラー(フリーライター、編集者、「クリスチャン・ワールドビュー・フィクション」の執筆者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Fiction
An Extra Mile: A Story of Embracing God’s Call
Sharon Garlough Brown (InterVarsity Press)

“The story provides a satisfying ending to the Sensible Shoes series. Even for those who have not read the first three books, Brown does a masterful job familiarizing readers with her four main characters and providing the necessary backstory. Each character is realistic and believable, faced with inner and outer struggles that intermingle in ways that readers may recognize. These aren’t ‘strong females’ after the fashion of Hollywood blockbusters—they aren’t leading armies or embracing their destiny as the chosen one—but they prove themselves strong in the truest sense of the word: They face the needs in their everyday lives, recognize their spiritual condition, and struggle to walk with Christ day by day.” —Rebecca LuElla Miller, freelance writer and editor, blogger at A Christian Worldview of Fiction

優秀賞
ケイティー・ガンシャート著『誰も尋ねたことはなかった』

優れた文章と見事なプロット。本書は、私にとって現実的だったが新しい世界へと連れて行ってくれた。人種問題のテーマはいろいろ考えさせてくれると同時に挑戦的でもある。ずっと考え続けたくなるようなリアルなキャラクターを著者は創造した。本書は、説教臭くなることなく霊的なテーマを扱っている。──リン・オースティン(歴史小説家、『恵みの遺産』の著者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Award of Merit
No One Ever Asked
Katie Ganshert (Waterbrook)

“Excelling writing and a compelling plot. No One Ever Asked took me into a world that was realistic—and new to me. The theme of racism was thought-provoking and challenging. Ganshert created believable characters who I continue to think about. The book raises spiritual themes without being preachy.” —Lynn Austin, historical fiction writer, author of Legacy of Mercy

歴史・伝記

ブルース・ハインドマーシュ著『初期福音主義のスピリット──近代世界の真の宗教』

「福音的」という言葉が、かつて福音派だったますます多くの人によって避けられる論争的な言葉となっている。そんなとき、見事に書かれた本書は、福音主義的な生き方に関する資料を歴史的に注意深く探求し、この運動の源泉をタイムリーに想い起こさせてくれる。著者は、福音主義の起源における霊的意味に対して細心の注意を払う、ほぼただ一人の研究者だ。最初期の福音主義者が内的生活と公的な働きにおいて何を信念として理解していたのか、緻密かつ明確に、説得力をもって論じ、読者はこれまで以上に決定的な方法でその源泉に立ち帰ることになるだろう。──エディス・ブラムホファー(ホイートン大学歴史学教授)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
History/Biography
The Spirit of Early Evangelicalism: True Religion in a Modern World
Bruce Hindmarsh (Oxford University Press)

“At a time when evangelical is a contested word that increasing numbers of one-time evangelicals shun, this beautifully written and carefully researched historical exploration of the sources of evangelical devotional life offers a timely reminder of the wellsprings of the movement. Hindmarsh is almost alone among scholars in paying close attention to the spiritual meanings at the origins of evangelicalism, and his thorough, clear, and compelling book about what the first evangelicals understood their convictions to mean for their interior lives and their public concerns draws the reader back to the sources in a way that is more crucial than ever.” —Edith Blumhofer, professor of history, Wheaton College

優秀賞
メラーニ・マカリスター著『神の国に国境はない──アメリカ福音派の世界史』

本書を読めば、米国宗教史の教え方と考え方が変わるだろう。「米国福音派をただ国境内だけで考えるなら、真に理解することはできない」という指摘は重要だ。軍事や経済を推し進めたり抵抗したりするなど、福音派の多様で予測不可能な影響を論拠にして、肯定的であれ否定的であれ、過度に単純化された物事を、丁寧に説得力をもって説明している。──ロバート・エルダー(ベイラー大学歴史学准教授)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Award of Merit (TIE)
The Kingdom of God Has No Borders: A Global History of American Evangelicals
Melani McAlister (Oxford University Press)

“McAlister’s book will change the way we teach and think about American religious history. Her point, that you can’t really understand American evangelicalism if you consider it solely within the boundaries of the United States, is an essential corrective. Her argument that American evangelicals variously and unpredictably interacted with, furthered, and resisted American military and economic power is a complex and convincing account of a story that has been the subject of simplistic narratives, both positive and negative.” —Robert Elder, assistant professor of history, Baylor University 

ブライアン・スタンリー著『20世紀のキリスト教──世界の歴史』

本書で著者は、20世紀全体にわたるキリスト教諸教会の流れを野心的に図表化している。得るものは多く、ほとんど知らなかったトピックについて学ぶことができた。本書を読めば、世界的文脈の中でキリスト教史をよりよく理解できるようになる。それは単純明快な勝利や衰退の物語ではなく、影響力と文化的関連性が変化していく物語なのだ。──ジョン・ウィガー(ミズーリ大学歴史学教授)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Christianity in the Twentieth Century: A World History
Brian Stanley (Princeton University Press)

“In this book, Stanley ambitiously sets out to chart the course of Christian churches across the 20th century. There is a lot to be gained here, and I learned much about topics I knew next to nothing about before. Anyone who reads this book will come away with a better understanding of the history of Christianity in a global context, a story not of straightforward triumph or decline but of shifting influence and cultural relevance.” —John Wigger, professor of history, University of Missouri 

-クリスチャニティー・トゥデイ, 書籍
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
CHRISTIANITY TODAY

CHRISTIANITY_TODAY

「クリスチャニティー・トゥデイ」(Christianity Today)は、1956年に伝道者ビリー・グラハムと編集長カール・ヘンリーにより創刊された、クリスチャンのための定期刊行物。96年、ウェブサイトが開設されて記事掲載が始められた。雑誌は今、500万以上のクリスチャン指導者に毎月届けられ、オンラインの購読者は1000万に上る。

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.