クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】ブック・オブ・ザ・イヤー2019(1)

投稿日:2018年12月22日 更新日:

Print Friendly, PDF & Email

 

ラッセル・ムーア著『嵐に襲われた家族──十字架は家庭をどう作り変えるか』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Storm-Tossed Family: How the Cross Reshapes the Home
Russell Moore (B&H)

The Storm-Tossed Family: How the Cross Reshapes the Home

私たちは奇妙な時代に生きている。家族の価値に疑問を投げかけるクリスチャンがいるかと思えば、ある者たちは、家族への愛は神への愛と同じだと考えている。著者のムーアは、その両極端との対話を拒否する。神の管理において家族がきわめて重要であることは認めるが、それを偶像視することはない。教会が私たちの最初の家族であることを、説得力をもって説明しながら、主の生と死と復活が反映された健全で聖書的な家庭生活を築き、守り続けるための実践的で現実的な方向を示す。言い換えれば、聖書的な家族(正統性)とは何かという真理と、家族を福音(美しさ)にする方法を語っているのだ。──マーク・ガリ(「クリスチャニティ-・トゥデイ」編集長)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We live in strange times, when some Christians question the value of the family, and others think that devotion to family is the same as devotion to God. Moore refuses to let the conversation remain on the extremes. He recognizes that the family is crucial in God’s economy, but he doesn’t turn it into an idol. He explains persuasively how the church is our first family while giving practical, realistic direction in how to nurture and maintain a healthy, biblical family life, one that reflects the life, death, and resurrection of our Lord. In other words, he tells the truth about what it means to be a biblical family (orthodoxy) and does so in a way that makes the family good news (beautiful).” —Mark Galli, Christianity Today editor in chief

本書は、単なる「家族の価値」を超える家族の聖書的理解を切望する人々に大変革をもたらすかもしれない。冒頭、ムーアは、クリスチャンの間でも理想化される、画家のノーマン・ロックウェルが描くような理想的な家族像を退け、家族が、途方もない喜びも、筆舌に尽くしがたい悲しみももたらすことを認める。家庭生活への文化的圧力に悶々(もんもん)とするのではなく、澄み切った目で、十字架の視点ですべての事柄を見なければならないように、家族を見ることをムーアは強調する。家族がどう脅かされているかではなく、それが何を提供し、何を可能にするのか。そして最も大事なことだが、崇拝の対象としてではなく、より驚くべき現実を指し示す道しるべとしてアプローチできるなら、家族は何になりうるのか。福音派の指導者がこのように家族を論じるのは稀(まれ)なことだし、斬新だ。──アダム・ブライアント(フリーライター、編集者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“This book can be a game-changer for anyone who yearns for a biblical understanding of family that extends beyond mere ‘family values.’ From the start, Moore pushes back against the idealized, Rockwellian vision of the family unit that’s all too common in Christian circles, openly acknowledging that families can be sources of both tremendous joy and unspeakable pain. Rather than fret or clutch pearls about the cultural forces that press in against family life, he instead insists on viewing the family as we should view all things: with clear eyes, through the lens of the cross. It’s rare and refreshing to see an evangelical leader discussing the family not strictly in terms of how it is threatened but in terms of what it offers, what it makes possible, and—most importantly—what it can become when it is approached not as an object of worship but as a signpost pointing to an even more wondrous reality.” —Adam Bryant Marshall, freelance writer and editor

ロマン主義的な家族像を偶像化することと、家庭生活が必然的にもたらす自己否定の重荷を嘆くことの間で、私たちの文化と教会が急激に方向転換するとき、ムーアは、生き生きとした活力を吹き込む希望の言葉を提示する。ムーアによれば、生物学的な家族というものは究極的な価値を意味しない。そのような幻想から解放されることで、家族が何であるのかを知ることができる。つまり、私たちが直接体験するように招かれている、十字架の神秘という聖なる文脈である。ムーアの創造力、ユーモアのセンス、毅然(きぜん)とした正直さによって、結婚の恵みと真実が具体的に示される。──シャーリー・マレン(ホイートン大学学長)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“At a time when our culture and the church veer wildly and unpredictably between idolizing a romanticized vision of the family and lamenting the burden of self-denial that family life inevitably brings, Moore offers a refreshing and revitalizing word of hope. The biological family, according to Moore, was never meant to be the ultimate good. Freedom from that illusion allows us to see the family for what it is: a sanctifying context in which we are invited to experience, firsthand, the mystery of the cross. Moore’s creativity, sense of humor, and ruthless honesty embody the marriage of grace and truth.” —Shirley Mullen, president of Houghton College

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/ct/2019/january-february/christianity-today-beautiful-orthodoxy-book-of-year.html

関連記事

None found

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.