クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】ブック・オブ・ザ・イヤー2019(2)

投稿日:

Print Friendly, PDF & Email

 

優秀賞

A・J・スヴォボダ著『破壊的な安息日──走り続ける世界で休息には驚くべき力がある』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Award of Merit
Subversive Sabbath: The Surprising Power of Rest in a Nonstop World
A. J. Swoboda (Brazos)

Subversive Sabbath: The Surprising Power of Rest in a Nonstop World

著者のスヴォボダは、神の創造のクライマックスが人類の創造ではなく休息であったことを読者に想い起こさせる。本書は聖書に基づいて書かれているが、歴史や健康、共同体の分野からの観察もあわせ持っている。スヴォボダは良い医者のように私たちの忙しさの原因を突き止め、長期間のテストで保証済みの解決策を読者に提供する。安息日が守られる世界においては、繁栄は標準的な生産に置き換わり、スケジュールも完全性と正義の恵みにあずかるだろう。──サンドラ・グラーン(ダラス神学校メディアアーツと礼拝学科教授。Vindicatin the Vixens編集者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“In an iWorld that measures individual productivity down to the single step, Swoboda reminds readers that the climax of God’s creation was not humanity but rest. Subversive Sabbath is grounded in Scripture but includes observations from the realms of history, health, and community. Like a good physician, Swoboda diagnoses our busyness and offers readers a time-tested cure with equal parts theory and practice. In a Sabbath-kept world, flourishing replaces production as the standard, and one’s very schedule has the trickle-down effect of wholeness and justice.” —Sandra Glahn, professor in the Media Arts and Worship department at Dallas Theological Seminary, editor of Vindicating the Vixens

24時間、週7日、忙しさに依存的になっている私たちの世界では、仕事と生産の量が一般的に私たちの価値とアイデンティティーを決めると考えられている。しかし本書は、新鮮な空気、聖霊の息吹に私たちを満たす。安息日の聖霊は、キリストにおける神の完全なみわざにおいて、私たちに休息を命じる。忙しさの麻薬から私たちを解放してくれる聖霊は、いつまでも変わらない神の臨在とその賜物である喜びに満ちた素面(しらふ)の平和をもたらす。本書は神学的かつ実践的で、安息日の賜物に立ち返ることを求める。そして今日、信者の生活においてそれがどう見えるのかを実証する。本書は、疲弊している人々への神の恵みであり、過労の人々と忙しすぎる教会に「神に立ち返れ」と呼びかける。──チャド・バード(作家、評論家。『あなたの神は輝かしすぎる』の著者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“In our 24/7 world, addicted to busyness, where metrics of work and production supposedly define our worth and identity, Swoboda’s book is more than a breath of fresh air. It’s the breath of the Spirit. The Spirit of the Sabbath that bids us find rest in the all-sufficient work of God in Christ. The Spirit that liberates us from the narcotic of busyness, bringing the sober peace of joy in the abiding presence of God and his gifts. This book is both theological and practical, wooing us back to the gift of the Sabbath and demonstrating how that looks in the life of a believer today. This work is a godsend to the bedraggled and a come-back-home call to the over-worked and under-rested church.” —Chad Bird, writer and speaker, author of Your God Is Too Glorious

スヴォボダは、実践的な適用とうるわしい実例を用いて、愛情をもって読者を導こうと書いている。本書は、神学的、全体論的、実用主義的、賛美的だ。安息日についての本は何冊か読んだが、これがベスト。──アレン・イェー(バイオラ大学宣教学教授)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Swoboda writes in a nurturing way, employing practical applications and beautiful illustrations. His book is theological, holistic, pragmatic, and doxological. I have read several books on Sabbath, and this is the best.” —Allen Yeh, professor of missiology, Biola University

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:
https://www.christianitytoday.com/ct/2019/january-february/christianity-today-beautiful-orthodoxy-book-of-year.html

関連記事

None found

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.