「クリスチャニティー・トゥデイ」 一覧

「クリスチャニティー・トゥデイ」(Christianity Today)は、1956年に伝道者ビリー・グラハムと編集長カール・ヘンリーにより創刊された、クリスチャンのための定期刊行物。96年、ウェブサイトが開設されて記事掲載が始められた。雑誌は今、500万以上のクリスチャン指導者に毎月届けられ、オンラインの購読者は1000万に上る。

【CHRISTIANITY TODAY】性的・家庭内暴力への対処について迷う牧師たち(後編)
「専門家の見解によると、被害者に最初にすべきことは安全な場所の提供。にもかかわらず、半数近くの牧師がひとりよがりな判断をしています。そして、暴力に対応してカップルにカウンセリングを行い、被害者をより危険な状況にさらしてしまう牧師が多い」
【CHRISTIANITY TODAY】性的・家庭内暴力への対処について迷う牧師たち(前編)
「教会スタッフが信徒に性的嫌がらせをしたことがある」と主任牧師の8人に1人が言い、「教会スタッフが教会内で嫌がらせを受けた」と6人に1人の牧師が話す。「性的・家庭内暴力が信徒の間で起こっている」と牧師の3分の2が述べている。
【CHRISTIANITY TODAY】若者が教会を離れるいちばんの理由(後編)
大学進学か就職によって実家を離れると同時に、日曜礼拝を欠席するようになる者が多い。ただ、一度離れた若者も、3分の2はその後、教会に戻ってくる。しかし近年、若いクリスチャンが教会から離れる理由に、政治的・霊的懸念が挙がるようになった。
【CHRISTIANITY TODAY】若者が教会を離れるいちばんの理由(前編)
大学進学か就職によって実家を離れると同時に、日曜礼拝を欠席するようになる者が多い。ただ、一度離れた若者も、3分の2はその後、教会に戻ってくる。しかし近年、若いクリスチャンが教会から離れる理由に、政治的・霊的懸念が挙がるようになった。
【CHRISTIANITY TODAY】フィリピンのカトリック教会、爆発により20人死亡(対訳)
フィリピン南部のイスラム教徒が多いホロ島にあるカトリック大聖堂が、日曜日のミサの最中、テロリストによって攻撃された。「この教会は、警備兵によって警護されながらミサを守る唯一の教会だったが、みんなの恐れが現実のものになってしまった」
【CHRISTIANITY TODAY】主イエスに従うことが最も難しい上位50カ国(後編)
宣教団体オープン・ドアーズは、クリスチャンになることが最も難しい50カ国の年間ランキングを発表した。キリスト教への迫害は、世界で最も人口の多い国である中国とインドで悪化し、何百万人ものクリスチャンが信仰の危険にさらされている。
【CHRISTIANITY TODAY】主イエスに従うことが最も難しい上位50カ国(前編)
宣教団体オープン・ドアーズは、クリスチャンになることが最も難しい50カ国の年間ランキングを発表した。キリスト教への迫害は、世界で最も人口の多い国である中国とインドで悪化し、何百万人ものクリスチャンが信仰の危険にさらされている。
【CHRISTIANITY TODAY】あらゆる手話によって福音を(対訳)
16カ国のクリスチャンがついに、それぞれの国の手話による新約聖書を手にすることになった。約16万人が初めて新約聖書に触れられるのだ。ろう者のための手話訳聖書製作のため、「パッション・カンファレンス」で約50万ドルの献金が集まったおかげだ。
【CHRISTIANITY TODAY】2018年の聖書考古学上の発見トップ10(後編)
毎年、ほぼ毎日といえる考古学的な発見は、聖書のよりよい理解と、聖書の人物や出来事、文化の詳細を確認するのに役立っている。以下は、2018年に報じられた、聖書の世界と初期キリスト教史についての知識を深めることになった発掘調査結果のトップ10。
【CHRISTIANITY TODAY】2018年の聖書考古学上の発見トップ10(前編)
毎年、ほぼ毎日といえる考古学的な発見は、聖書のよりよい理解と、聖書の人物や出来事、文化の詳細を確認するのに役立っている。以下は、2018年に報じられた、聖書の世界と初期キリスト教史についての知識を深めることになった発掘調査結果のトップ10。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.