クリスチャニティー・トゥデイ

「クリスチャニティー・トゥデイ」(Christianity Today)は、1956年に伝道者ビリー・グラハムと編集長カール・ヘンリーにより創刊された、クリスチャンのための定期刊行物。96年、ウェブサイトが開設されて記事掲載が始められた。雑誌は今、500万以上のクリスチャン指導者に毎月届けられ、オンラインの購読者は1000万に上る。

【CHRISTIANITY TODAY】ルワンダ虐殺から25年、赦しの火種を燃え上がらせた女性(後編)
100日間に80万人以上が殺害された「ルワンダ虐殺」が1994年4月6日に発生して25年になる。デニス・ウイマナさんは、虐殺のサバイバー(生き延びた人)に物質・精神の両面でのサポートを提供することを使命とし、フツとツチの和解に尽くしてきた。
【CHRISTIANITY TODAY】ルワンダ虐殺から25年、赦しの火種を燃え上がらせた女性(前編)
100日間に80万人以上が殺害された「ルワンダ虐殺」が1994年4月6日に発生して25年になる。デニス・ウイマナさんは、虐殺のサバイバー(生き延びた人)に物質・精神の両面でのサポートを提供することを使命とし、フツとツチの和解に尽くしてきた。
【CHRISTIANITY TODAY】無宗教は増えるが、福音派は安定し、主流派も微増傾向(後編)
米国で最も長期にわたって宗教を調査してきた機関の一つ、「総合的社会調査」(GSS)による2年ぶりの最新結果によると、無宗教者が成長する中でも米国の福音派は人口の4分の1弱の割合で安定している。また主流派は意外な増加傾向があったと報告された。
【CHRISTIANITY TODAY】無宗教は増えるが、福音派は安定し、主流派も微増傾向(前編)
米国で最も長期にわたって宗教を調査してきた機関の一つ、「総合的社会調査」(GSS)による2年ぶりの最新結果によると、無宗教者が成長する中でも米国の福音派は人口の4分の1弱の割合で安定している。また主流派は意外な増加傾向があったと報告された。
【CHRISTIANITY TODAY】米国最大のクリスチャン小売チェーン、ライフウェイが全170書店を閉鎖、オンライン販売に転換
米国最大のプロテスタント教派、南部バプテスト連盟の出版部門である「ライフウェイ・クリスチャン・リソーシーズ」は、全170店舗あるキリスト教書店「ライフウェイ・クリスチャン・ストア」を今年中に閉鎖し、オンライン販売に切り替える方針だ。
【CHRISTIANITY TODAY】ニュージーランドのイスラム教徒襲撃にクリスチャンはどう対応すべきか(後編)
ニュージーランドのクライストチャーチにある二つのモスクでイスラム教徒がテロ攻撃された。各地で起きている礼拝中のクリスチャンへの攻撃を踏まえ、福音派の指導者に、クライストチャーチ・モスクの大虐殺にクリスチャンはどう対応すべきか意見を求めた。
【CHRISTIANITY TODAY】ニュージーランドのイスラム教徒襲撃にクリスチャンはどう対応すべきか(前編)
ニュージーランドのクライストチャーチにある二つのモスクでイスラム教徒がテロ攻撃された。各地で起きている礼拝中のクリスチャンへの攻撃を踏まえ、福音派の指導者に、クライストチャーチ・モスクの大虐殺にクリスチャンはどう対応すべきか意見を求めた。
【CHRISTIANITY TODAY】キリスト教の中国化を求める中国──政府の抑圧か、中国教会の主体的発展か(後編)
中国の教会は、政府による宗教統制によって、妨害と抑制を強いられてきたにもかかわらず、創造的な方法で成長し続けてきた。中国の政策がどう実施されるのかを注視し、中国の兄弟姉妹が同国の教会史の新しい時代を築くために共に祈りをささげる重要な時期だ。
【CHRISTIANITY TODAY】キリスト教の中国化を求める中国──政府の抑圧か、中国教会の主体的発展か(前編)
「宗教への西洋の影響を減らし、『より中国的』にせよ」という政府の政策を中国のプロテスタント教会代表が支持する演説を行った。この動きは、より厳格な政府統制へ向かう一歩だろうか。それとも信仰を土着化させるか、文脈的に捉える機会だろうか。
【CHRISTIANITY TODAY】2019年レントに何を我慢する? ツイッターのトップ100の考察
レント(受難節、四旬節)に何を我慢するとツイートされているか、リアルタイムで見てみよう。リストのトップに来るのはソーシャル・ネットワークで、続いてアルコール、ツイッター、チョコレート、レント、肉、悪態をつくことが並ぶ。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.