クリスチャニティー・トゥデイ

「クリスチャニティー・トゥデイ」(Christianity Today)は、1956年に伝道者ビリー・グラハムと編集長カール・ヘンリーにより創刊された、クリスチャンのための定期刊行物。96年、ウェブサイトが開設されて記事掲載が始められた。雑誌は今、500万以上のクリスチャン指導者に毎月届けられ、オンラインの購読者は1000万に上る。

【CHRISTIANITY TODAY】教会での礼拝再開に向けた安全策──段階的に対策を移行させよう(後編)

感染レベルが高いか上昇傾向にあれば、顔を合わせての活動を再開させるのに適切な時期とは言えない。具体的な目安としては、新型コロナ・ウイルス感染者数や死亡者数が3週続けて減少していれば、この計画の1段階目を検討することができるだろう。

【CHRISTIANITY TODAY】教会での礼拝再開に向けた安全策──段階的に対策を移行させよう(前編)

キリストの弟子である私たちは自らの召しを通して証ししなくてはならない。一方、感染リスクを最小限に抑える方法でそれを実行する責務が私たちにはある。このウイルスに関する科学的知識を生かしつつ、教会がクラスターにならないにはどうすればいいのか。

【CHRISTIANITY TODAY】無会衆の教会へようこそ、新しい牧師さん──牧師招へいはオンラインでの顔合わせも(後編)

礼拝が天国のエコー(反響)だとすれば、オンライン礼拝は「エコーのエコー」なのだ。「あなたがたに会いたいと切に望むのは……共に励まし合いたいのです。……何度もそちらに行こうとしたのですが、今まで妨げられているのです」(ローマ1:11~13)

【CHRISTIANITY TODAY】無会衆の教会へようこそ、新しい牧師さん──牧師招へいはオンラインでの顔合わせも(前編)

多くの教会はこのような状況下にあって、「信頼できる方向性を示すことのできるリーダーシップ」を必要としている。「苦難が起こるとき、人々は教会に助けを求めますが、今それは不可能です。だからこそ、いま人々は牧師に頼りたいのです」

【CHRISTIANITY TODAY】いつ、どうやって教会を再開すべきか──公衆衛生と伝道の専門家によるパネル・ディスカッション(後編)

礼拝堂で社会的距離が取れるのであれば、その席に聖餐のパンとぶどうジュースを置くべきです。私個人の見解ですが、それ以外のやり方は今の時点ではリスクが高すぎます。ワクチンができるまで、社会的距離と予防措置の実践を続けるべきだと思います。

【CHRISTIANITY TODAY】いつ、どうやって教会を再開すべきか──公衆衛生と伝道の専門家によるパネル・ディスカッション(前編)

再開すること自体は良いことかもしれません。しかし、ある人を不安や弱い立場に追い込むかもしれないなら、再開の準備ができていない教会員のことを真剣に考える責任があります。愛について語るのは簡単ですが、愛を実践するには謙虚さと対話が必要です。

【CHRISTIANITY TODAY】新型コロナ・ウイルスに脅かされて、自己中心になっていないか(後編)

今回の新型コロナ・ウイルスがもたらした危機の中で分かったことは、私たちの関心が自分の内輪での出来事に対して向けられているということだ。そして、このパンデミックによって、世界が今後、より内向きで自己中心的な時代へと向かう可能性は十分にある。

【CHRISTIANITY TODAY】新型コロナ・ウイルスに脅かされて、自己中心になっていないか(前編)

「最も弱い部分を強めていくことでしか強くなれないのです。そうしなければ、疫病はまた舞い戻るでしょう」。欧米で新型コロナ・ウイルスの感染を抑え込んだとしても、アフリカで(ウイルスが)猛威を振るったり変異したりしてしまえば、その努力は台なしだ。

【CHRISTIANITY TODAY】教会指導者は新型コロナ・ウイルスの困難にどう向き合っているか(後編)

「この危機の中でリーダーシップを取るために役立ったもの」を聞くと、多くの人が共通して答えたのが教会の人間関係だ。「教会スタッフと指導者の支援」が68%、「教会員の支援」が41%だった。息の長い信頼の置ける関係性に目を向けていたことが分かる。

【CHRISTIANITY TODAY】教会指導者は新型コロナ・ウイルスの困難にどう向き合っているか(前編)

「この危機の間、教会、スタッフ、団体を指導するために、あなたが必要とするものは何ですか」という質問に対して、「パソコンなどを使った新しい技術を訓練すること」と答えた牧師と教会指導者が40%だったのは、前回の30%からすると顕著な上昇だ。

 新着
2020.06.05
横田滋さん召天、87歳 横田めぐみさんの父親 2017年クリスチャンに
2020.06.05
【インタビュー】キリスト教カウンセリング・センター理事長・大塩光さん 「牧師」の枠を取り払って、一人の人として(前編)
2020.06.05
6月5日は梅光学院大学の創立記念日
2020.06.04
【CHRISTIANITY TODAY】教会での礼拝再開に向けた安全策──段階的に対策を移行させよう(後編)
2020.06.04
6月4日は虫の日
2020.06.03
【CHRISTIANITY TODAY】教会での礼拝再開に向けた安全策──段階的に対策を移行させよう(前編)
2020.06.03
6月3日はウェストン記念日
2020.06.02
日本最大のプロテスタント教団である日本基督教団 「緊急事態宣言」解除を受け、「初期の目的を一応達した」と評価
2020.06.02
空位だったカトリック新潟教区の司教に成井大介神父 教皇フランシスコが任命
2020.06.02
6月2日はプール学院の創立記念日
2020.06.01
【CHRISTIANITY TODAY】無会衆の教会へようこそ、新しい牧師さん──牧師招へいはオンラインでの顔合わせも(後編)
2020.06.01
【毎月1日連載】牧会あれこれ(21)賀来周一
2020.06.01
6月1日でクリスチャンプレス2周年
2020.05.31
教会の扉を開けて──礼拝・ミサ・聖体礼儀の動画コーナー
2020.05.31
【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(106)稲川圭三

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.