「クリスチャニティー・トゥデイ」 一覧

【CHRISTIANITY TODAY】2018年の聖書考古学上の発見トップ10(前編)
毎年、ほぼ毎日といえる考古学的な発見は、聖書のよりよい理解と、聖書の人物や出来事、文化の詳細を確認するのに役立っている。以下は、2018年に報じられた、聖書の世界と初期キリスト教史についての知識を深めることになった発掘調査結果のトップ10。
【CHRISTIANITY TODAY】ロシアより愛をこめられず──ウクライナ正教会の独立(対訳)
ウクライナ正教会がロシア正教会から独立した。「我々は敵の首都に中枢がある教会ではなく、普通の教会がほしいのだ」「ロシアが政治的目的を果たすためにロシア正教を用いた侵略に関しては、ウクライナ政府は国を守るために立ち入らざるを得なかったのだ」
【CHRISTIANITY TODAY】クリスチャンが牧師よりも信頼しているのは?(対訳)
聖職者を聖書は「非のうちどころがなく」(1テモテ3:2)と述べているが、米国人はクリスチャンでさえも、聖職者に対してはるかに悲観的な見方をしている。ギャラップの最新世論調査によると、牧師に対する見方は、2018年に過去最低を記録した。
【CHRISTIANITY TODAY】ブック・アワード2019(4)
「クリスチャニティー・トゥデイ」ブック・アワード2019を4日に分けて紹介する。4日日の今日は、宣教・世界教会部門からW・M・ギタウ著『メガチャーチのキリスト教再考』、政治と公的生活部門からエレイン・ストーキー著『人類の傷跡』など。
【CHRISTIANITY TODAY】ブック・アワード2019(3)
「クリスチャニティー・トゥデイ」ブック・アワード2019を4日に分けて紹介する。3日日の今日は、文化と芸術部門からG・ソーンベリー著『なぜ悪魔は良い音楽を持っているのか』、フィクション部門からS・G・ブラウン著『エクストラ・マイル』など。
【CHRISTIANITY TODAY】ブック・アワード2019(2)
「クリスチャニティー・トゥデイ」ブック・アワード2019を4日に分けて紹介する。2日日の今日は、クリスチャン・ライフ部門からR・バッターフィールド著『福音は家の鍵とともにやって来る』、教会部門からJ・D・アーサー著『想起としての説教』など。
【CHRISTIANITY TODAY】ブック・アワード2019(1)
「クリスチャニティー・トゥデイ」ブック・アワード2019を4日に分けて紹介する。初日の今日は、弁証学・福音宣教部門からサム・チャン著『懐疑的な世界における福音派』、聖書学部門からバリー・バイツェル編『レクサム地理的福音書注解』など。
【CHRISTIANITY TODAY】2018年ランキング(2)
「クリスチャンプレス」では毎週、米国の「クリスチャニティー・トゥデイ」の記事を掲載してきた。1956年に創刊されたクリスチャンのための定期刊行物で、96年、ウェブサイトが開設されれた。今年、その翻訳で読まれたランキングを紹介する。後編は5位
【CHRISTIANITY TODAY】2018年ランキング(1)
「クリスチャンプレス」では毎週、米国の「クリスチャニティー・トゥデイ」の記事を毎週掲載してきた。1956年に創刊されたクリスチャンのための定期刊行物で、96年、ウェブサイトが開設されれた。今年、その翻訳で読まれたランキングを紹介する。前編は
【CHRISTIANITY TODAY】「ユーバージョン」2018年トップ聖句は「恐れることはない」(イザヤ41:10)、「バイブル・ゲートウェイ」は……(対訳)
「世界中の人々が慰めや励まし、希望を探して聖書に向き合い続けていたことを今年のデータは示している」と語るのは、「ユーバージョン」開発者であり、米国のメガチャーチ「ライフ・チャーチ」牧師でもあるボビー・グリューネワルト氏。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.