クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】教会成長の格差──大きい教会はより大きく、小さな教会はより小さく(後編)
教会が健康的かどうかを深く探るために、さらに多くの研究がなされてきました。しかし、会堂に集まる人の数、献金額、回心者の数を見て観察するという手法は、今でも役に立ちます。戦略やプログラム、大まかな方針も、教会成長の軌道によって異なります。
【CHRISTIANITY TODAY】教会成長の格差──大きい教会はより大きく、小さな教会はより小さく(前編)
米国で教会出席人数が増える傾向にある教会は全体の10%、すでに250人以上の出席のある教会だ。ライフウェイ・リサーチ社による新しい調査の結果、プロテスタント教会の10分の6で礼拝出席数が頭打ちになっているか減少していることが分かった。
【CHRISTIANITY TODAY】米朝首脳会談は北朝鮮のクリスチャンを救済するか(対訳)
2019年2月27~28日、ベトナムで米朝首脳会談が行われた。ローザンヌ北朝鮮問題委員会に属す6人の専門家に「トランプ大統領と金委員長は北朝鮮のクリスチャンを救済できるか」という質問をし、その回答を否定的なものから肯定的なものへと並べた。
【CHRISTIANITY TODAY】合同メソジスト教会 同性婚などを認めず、伝統的な結婚を守ることを決定(対訳)
同性間の結婚、また同性愛のパートナーを持つ牧会者というテーマをめぐっては、何年ものあいだ緊迫状況が続いていた。合同メソジスト教会(UMC)は数日間にわたる激しい論争と審議、そして祈りを経て、伝統的なスタンスを保持することを決議した。
【CHRISTIANITY TODAY】性的虐待で揺れる南部バプテスト連盟、改革推進派と慎重派で分かれる(対訳)
南部バプテスト連盟(SBC)のJ・D・グリアー会長による「新しい方針と提案」に対し、一部の教会指導者から反対意見が出て、被害者や支持者、牧師たちは不意打ちをくらった。修正案(SBCの説明責任を改善するもの)の成立に暗雲が立ち込めている。
【CHRISTIANITY TODAY】エリック・クラプトン──主の臨在の中で(対訳)
4歳の息子コナーが高層マンションの窓から転落死したことから、エリック・クラプトンの名曲「ティアーズ・イン・ヘヴン」が生まれた。信仰を得てアルコール依存症から回復した軌跡を『自叙伝』から「クリスチャニティー・トゥデイ」が紹介する。
【CHRISTIANITY TODAY】南部バプテスト連盟は性的虐待に関係した教会を除名する(対訳)
「ヒューストン・クロニクル」紙が何百件もの教会内での性的虐待を報道した後、南部バプテスト連盟(SBC))会長のJ・D・グリアー氏は、事件を繰り返し隠蔽(いんぺい)する所属教会に対して、SBCには「居場所がない」と声明を発表した。
【CHRISTIANITY TODAY】なぜ人間の尊厳が福音の問題なのか──インドの女性差別から(対訳)
今もインドの女性たちはサバリマラ寺院に立ち入る権利のために闘っている。女性の参拝が禁じられていたが、昨年、最高裁判所はその禁止を無効とする判決を下した。それから4カ月経っても、寺院に入れた女性は一握りで、夜中、厳重に護衛されてのことだった。
【CHRISTIANITY TODAY】南部バプテスト連盟は性的虐待の危機に立ち向かう(対訳)
南部バプテスト連盟(SBC)で「過去20年に700人」の性的虐待があったという疑惑が報道され、SBC会長のJ・D・グリアー氏は真相を究明するために厳格な姿勢で調査に取り組むことを表明し、「教会の悔い改めを求める神からの警告だ」と述べた。
【CHRISTIANITY TODAY】日曜日に教会に行く人の禁煙や投票行動(後編)
国政選挙に必ず投票すると答えたのは、宗教に活動的な米国人が69%、活動的でない人は59%、無関心な人は48%。これは教会共同体における信頼関係からの影響と関係がある。他の信徒が誰に投票するかを知っている、投票に行くよう呼びかけるなどだ。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.