クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】教会指導者は新型コロナ・ウイルスの困難にどう向き合っているか(前編)

「この危機の間、教会、スタッフ、団体を指導するために、あなたが必要とするものは何ですか」という質問に対して、「パソコンなどを使った新しい技術を訓練すること」と答えた牧師と教会指導者が40%だったのは、前回の30%からすると顕著な上昇だ。

【CHRISTIANITY TODAY】新型コロナ・ウイルス対策で教会も政府からの融資を受けられる(対訳)

教会の半数以上で献金額が大幅に減少しており、外出禁止令がいつ解除されるかも分からない中で、指導者たちは支給されうる援助を集めるのに必死になっているかもしれない。失業率が急上昇する中で、教会の財政状態がどれほど悪化するかは誰にも分からない。

【CHRISTIANITY TODAY】N・T・ライトへのインタビュー「パンデミックの悲しみを過ぎ越し希望を」(対訳)

ラザロの墓とゲツセマネにおけるイエスの悲しみ、霊のうめきのことを考えましょう。そのすべてが十字架と復活へと至り、そこから流れ出ると新約聖書は述べているように思えます。「癒やし」が見えてくるのは、そのことが理解できてからではないでしょうか。

【CHRISTIANITY TODAY】恐怖を起こす王冠(コロナ)と、愛を与える茨の冠──3人の医師の神学的考察(後編)

イエスがかぶせられた冠はコロナのそれとは違う。イエスの冠が私たちに呼びかけるのは、不安や支配から起こされる崇拝ではなく、すべての恐れを解き放つ愛から起こされる崇拝だ。それは、誰を慰めるべきか、どの冠のことを覚えておくべきかを教えてくれる。

【CHRISTIANITY TODAY】恐怖を起こす王冠(コロナ)と、愛を与える茨の冠──3人の医師の神学的考察(前編)

イエスは弱者に伴い続けた。「人口の99%は新型コロナ・ウイルスにかかっても生き残るだろう」という傲慢な医学的見地に寄りかかるべきではない。私たちは羊飼いの愛を知る者として、真っすぐに「残りの1%はどうなるのか」と尋ねるべきだ。

【CHRISTIANITY TODAY】オンライン伝道は一時的なブームか、新しい時代の先駆けか(後編)

フォローアップの困難さはあっても、オンライン伝道のメリットはそれを上回る。ウェブゆえの匿名性のため、求道者が霊的な問題について深い議論を求めている。また、個人伝道するのをためらうクリスチャンにとって、ストレスの少ない伝道の機会を与えている。

【CHRISTIANITY TODAY】オンライン伝道は一時的なブームか、新しい時代の先駆けか(前編)

新型コロナ・ウイルスが世界を席巻する中で宗教的関心が高まっていることは明らかだ。ほとんどの教会はオンラインに移行し、実際に集まって礼拝を行ったのは7%だった。3月中、オンラインの説教や礼拝をしていない福音派の牧師は8%しかいなかった。

【CHRISTIANITY TODAY】新型コロナ・ウイルスに教会が対応する7つの教訓(4)

ウイルス対応の多くは内向きなものになっている。しかし、この新型コロナ・ウイルスは、「闇の中に輝くよう神から与えられたチャンス」だと声をそろえる。しかしそのためには、教会の人々が自らの不安感を乗り超え、これが好機だと気づかなければならない。

【CHRISTIANITY TODAY】新型コロナ・ウイルスに教会が対応する7つの教訓(3)

新型コロナ・ウイルスの感染がその地域で拡大しているなら、教会員などあらゆる方面から前例がないほどの圧力がかけられることを覚悟しなければならない。「あなたが下す決定は、すべての人を喜ばせるわけではない」という現実を受け入れなければならない。

【CHRISTIANITY TODAY】新型コロナ・ウイルスに教会が対応する7つの教訓(2)

ウイルスが世界中に広がり続ける中で、世界の教会の指導者たちは、羊の群れが羊飼いを必死に求めていることに気づくべきだ。従おうとする信徒のシグナルを見落としてはならない。また、教会で最新のテクノロジーを取り入れるのにこれ以上の好機はない。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.