クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】若者が教会を離れるいちばんの理由(後編)

投稿日:2019年2月5日 更新日:

Print Friendly, PDF & Email

 

大学時代に1年以上、教会に行くのをやめていた人(18~22歳)で、教会に戻らなかったのは29%だが、それを上回る31%が現在、定期的に礼拝に出席している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Of those who dropped out of church for at least a year during the college years (between ages 18 and 22), more of them—31 percent—now attend regularly than those who never returned—29 percent.

ライフウェイ社の報告によると、教会に出席している年齢は、15歳の時が全体の4分の3以上で、ピークに達するが、18歳で急降下し、19歳では、定期的に出席していた10人に4人しか教会出席を習慣にしていない。21歳までには、定期的に教会に出席する者は3分の1に減り、その割合は30歳まで変わらない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LifeWay reports that church attendance peaks at age 15, with more than three-quarters regularly attending then. But that percentage took a nosedive at 18, and by 19, only 4 in 10 former regular-attenders were still in the habit. By 21, one-third attended church services regularly—a percentage that remained constant through age 30.

教会そのものが変化すると、教会離れした人はますます教会に関心を失う。「教会を離れるかどうか決めるのに、教会や牧師との関係が重要な理由になる」、「教会員の間での自分の立場が問題になる」としたのは、2007年には半分(55%)だったが、17年には73%が「そういう不満で教会を去った」とした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The dynamics of churches themselves are increasingly a turnoff for dropouts. In 2007, half (55%) pointed to church- and pastor-related reasons as important in their decision to leave—mostly their impressions of their place in the congregation. But in 2017, 73 percent indicated such grievances were a factor in stepping away.

以前行われたフラー・ユース・インスティテュートによる調査では、流行に敏感な牧師を若者は求めているのではなく、また礼拝や説教の問題で若者が教会を離れているのでもないとした。ライフウェイ社の調査では、「賛美スタイルが『魅力的でない』から教会を去った」というのはたったの13%。「説教が自分の生活と関係がないから教会を去った」と答えたのも10人のうち1人だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Just as earlier research by Fuller Youth Institute concluded that young people don’t want hip pastors, matters of worship and preaching were not dominant factors inspiring young people to leave. LifeWay found that only 13 percent said they left because the worship style was “unappealing,” and 1 in 10 said they left because “the sermons were not relevant to my life.”

「忙しすぎて、行きたくても教会に行けなくなった」という人の割合は、実はここ10年で下がっている(2007年は22%、17年は20%)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The percentage of those who said they wanted to keep attending church but dropped out because they were “too busy” actually decreased in the decade between surveys (22% in 2007 versus 20% in 2017).

定期的な教会出席をやめる人の多くが、完全に信仰を捨てているわけではないことには注目すべきだろう。しかし、教会を去った人の多くが、「キリスト教に対する見解が大きく変わった」と言っている。「もう神様を信じていないから」と言って教会を去った人は10%にとどまるが、それでも07年の倍だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
It’s worth noting that most who withdraw from regular attendance are not abandoning the faith outright. Still, a bigger portion of the dropouts cite major shifts in their views of Christianity. While only 10 percent said they left because they stopped believing in God, that’s double as many as ’07.

プロテスタント教会に定期的に出席していたことがあるのに、一時的か、まったく教会への出席をやめた人で、現在、無神論者は3%、不可知論者は4%、合わせてもわずか7%だ。反対に、いまだに自分を「プロテスタント」(49%)、「どの教派にも属していない」(21%)と言っている人が多く、カトリックに改宗した人は10%だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Of all young adults who used to attend Protestant churches but left temporarily or for good, just 7 percent say they are currently atheists (3%) or agnostic (4%). In contrast, most still consider themselves Protestant (49%) or non-denominational (21%), while 10 percent now identify as Roman Catholic.

もっと前向きなニュースもある。教会を去った人の多くは、「個人的な生活の変化(大学進学など)」や「教会内の偽善」、「政治に対するフラストレーション」をその理由に挙げているが、反対に、定期的な教会出席を続けた人はその理由を、「神様との関係を持つ上で教会が自分にとって重要だったから」(56%)、「日々の生活での決断を教会に導いてほしかったから」(54%)と回答した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
There’s more positive news for orthodox Christianity. While most of those who left the church did so for reasons related to personal life changes (like going to college) or frustrations with hypocrisy and politics in church, those who continued regularly attending did so primarily because, they said, “church was a vital part of my relationship with God” (56%) and “I wanted the church to help guide my decisions in everyday life” (54%).

教会出席を続けた若者は、やめた人たちに比べて社会的なフラストレーションの経験が少なかった。教会出席をやめなかった人たちも、教会内の偽善や党派心、伝道的な働きから孤立していることは知っているものの、これらの問題をきちんと理解しているのは、やめた人たちよりも低い割合だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Notably, young Protestants who kept up their church attendance claimed to experience fewer of the social frustrations than those who dropped out. While those who stayed did observe judgmentalism, cliquishness, and a lack of connection in some ministries, they perceived these problems at substantially lower rates than the students who ended up leaving.

若いクリスチャンが教会を一度去ってからまた戻ってきた理由として最も多かったのは、「家族の励まし」(37%)、「教会に戻りたいという個人的な思い」(32%)、「神様が戻ってほしいと願っておられると感じたから」(28%)だった。(前編を読む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And for young Christians who bailed on church but have since returned, the most common reasons were the encouragement of family (37%), the personal desire to go back to church (32%), and the feeling that God was calling them back (28%).

執筆:グリフィン・ポール・ジャクソン

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/january/church-drop-out-college-young-adults-hiatus-lifeway-survey.html

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

類似している記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.