クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】無会衆の教会へようこそ、新しい牧師さん──牧師招へいはオンラインでの顔合わせも(後編)

前編を読む)

米国で最も歴史の長いメガチャーチであるシカゴのムーディー教会も先月、オンラインによる主任牧師の承認を行った。

ムーディーは古い教会ではあるが、新しい技術にも対応できている教会だ。1980年代には、子ども向けの聖書メッセージを聞くことができる留守番電話システムを導入していた。今回は「サーベイ・モンキー」というアンケート・システムや、電話による投票を可能にしている。ムーディー・バイブル・インスティテュートのサポートにより、オンラインでの対応に不慣れな人々に対しては電話による相談窓口が設けられた。投票の際には、会員名簿やメール・アドレスなどの情報を使って、教会スタッフが本人確認を行っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The oldest megachurch in the country, Chicago’s Moody Church, also relied on technology to vote in a new senior pastor last month. Despite its stately age, Moody isn’t tech-shy; in the 1980s, it bought a bank of answering machines to serve as call-in Bible study recordings for kids. This time, the church allowed members to vote online through Survey Monkey or call in their vote. With help from Moody Bible Institute, it set up a telephone helpline for anyone struggling with the digital process. Church staff used the member rolls, email addresses, and other identifying information to verify each voter’s membership.

フィリップ・ミラー夫妻(ムーディー教会のホームページから)

ムーディー教会は3月29日にフィリップ・ミラー氏を新しい牧師として承認した。ミラー氏はそれまでシアトル郊外にある教会で牧会していたが、ロックダウンが実施された時には(ムーディー教会の)招へいが最終段階にあり、承認の投票が行われる日には、説教のためにシカゴに飛ぶことに決めていた。(シカゴのある)イリノイ州と(シアトルのある)ワシントン州ではそれぞれ自宅待機の命令が出ていたが、「ムーディー教会の役員たちにとって招へいプロセスを進めることは必要不可欠なことだった」とミラー氏は言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The church ultimately confirmed Philip Miller as its new pastor on March 29. Miller, who had been leading a church outside Seattle, was in the final stages of the hiring process when the shutdowns hit and decided still to fly to Chicago to preach on the day of the vote. Both Illinois and Washington had instituted shelter-in-place orders by then, but Miller said the elders at Moody believed it was essential to continue the hiring process.

「いま立ち止まったら、次の一歩を踏み出せるのはいつになるだろうという不安が私たちにはありました」。彼はまた、象徴的な意味でも、そこの教会員が慣れ親しんでいる説教壇から、これから交わることになる人々への挨拶(あいさつ)をすることが重要だと感じたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The thought was, if we stop now, when would we pick it back up again?” Miller said. He also felt it was important symbolically to greet his prospective new church for the first time from their own familiar pulpit.

「ムーディー教会の大きな歴史的建造物には2800人が収容できます。そして、(初めての)説教は無人で行われました」と彼は言った。「空っぽの建物で最初の説教を行ったのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I’m looking out at Moody Church, which is this big historic building, 2,800 seats, and every single one of them was empty,” he said. “My first sermon I emptied the building out.”

社交的であるミラー氏にとって、聴衆の反応がないことに適応するのには頭の体操が必要だったという。「頭の中で考えるようにしていたんです。『このカメラの先には何千人もの人々が居間で子どもたちを膝(ひざ)にのせて聴いているのだ。その人々は確かに実在しているのだ』と」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As an extrovert, Miller said, it took some mental gymnastics adjusting to preaching without audience feedback. “In your mind you just think, ‘In that camera are thousands of people, sitting in their living rooms, with their kids in their laps … you’re speaking to the hearts of real people.’”

彼が毎週の説教を始めるのは、家族でシカゴに引っ越す7月以降になる。その間も教会スタッフとの調整は続く。ミラー氏は、36年間の牧会生活の末に2016年に引退したアーウィン・ルッツァー氏の後任となる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
He will begin preaching regularly at Moody in July, after his family moves to Chicago, and will be coordinating with the staff in the meantime. Miller succeeds Erwin Lutzer, who retired in 2016 after 36 years of ministry there.

コロナの影響で真剣な対話をするようになった

教会スタッフ全体とチームとしての感覚を持つことは、新しい教会への赴任、そして新しい役割に移行する際の課題の一つだ。デビッド・シャーマーホーン氏はシャットダウンの数週間前、オハイオ州コロンバスのヴィンヤード教会に小グループの牧者として赴任したばかりだった。

「リモートで自己紹介をして教会スタッフに挨拶するのは、これまで経験したことのないチャレンジでした」と言う。以前、民間会社で働いたこともある彼にとって、オンライン会議は過去の記憶をよみがえらせるもので、「会議用アプリ『ズーム』ではどこかぎこちなく、企業のような感じがしますね」と語る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The challenges to transitioning to a new congregation and new role extend across levels of leadership. David Schermerhorn had just been hired as small groups pastor at Vineyard Church in Columbus, Ohio, a few weeks before the shutdown. He said it’s been a unique challenge trying to both introduce himself and meet his church’s leaders remotely.“Over Zoom it feels formal and corporate,” said Schermerhorn, noting the online meetings are reminiscent of the job he left in the private sector.

彼は現在、およそ8000人のメンバーがいる教会で500ほどの小グループを統括している。それぞれの小グループ・リーダーとの全体交流会が5月に予定されていたが、それは取りやめになり、今は少人数でのリーダー・ミーティングに毎週参加している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
He now oversees around 500 small groups at the roughly 8,000-member church. Rather than hold the big meet-and-greet for small group leaders he’d planned for May, he’s joining a handful of them online each week.

「新しい牧師として私は、グリーフ・ケアのミニストリーに加われたらいいなと思っていました」とシャーマーホーン氏は言う。しかし、パンデミックによって高校卒業イベントから結婚式、新生児との面会など、すべてがキャンセルされ、健康に関する不安が広まっている中で、予定外のさまざまな困難な課題にも向き合わされる事態となっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“As a new pastor, I was kind of hoping to ease into grief and loss conversations,” Schermerhorn said. With the pandemic canceling everything from high school proms to weddings to visits with newborns, along with the anxiety inherent to any health scare, he said he’s plunged, ready or not, into difficult topics.

重要性が高く重みのあるミニストリーに新しいリーダーを取り組ませることは、教会にとっても良いことだ。ヴァンダーブローメン氏は言う。「どこの牧師も『小グループのミーティングはスピード感も内容も良くなった』と言っています。もう天気やサッカーの試合結果など、お互いの生活を詮索するような時間を過ごす必要はないですからね。ミーティングが始まればすぐに『よし、始めよう』となるわけです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That can also be good for churches—immediately bringing new leaders into significant and weighty ministry work. “I’m hearing from pastors everywhere that their small group meetings are quicker and better … because there’s no beating around the bush about the weather or the football game,” said Vanderbloemen. “It’s like, ‘Here we are, let’s get at it.’”

テキサスに戻ったイングリッシュ氏の家族は、コロラドに生活の場を移す準備をする中で、自身の悲しみを経験している。愛する教会を去ることは常に心苦しいものだが、社会的距離によって最後の礼拝を持つことも別れの挨拶をすることもかなわないことで、それはさらに苦しいものとなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Back in Texas, as the English family waits for the moving van to ship their lives to Colorado, they’re experiencing their own grief. Departing a beloved church home is always tough, but it’s even harder when social distancing means skipping out on the traditional last services and goodbyes.

「誰ともハグすることもできずにダラスを去るということを受け入れなくてはいけないのです」とイングリッシュ氏は言う(数カ月後に制限が解除されたあと、もう一度「送り出し」てもらうためにテキサスに戻ることを計画しているという)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I’m having to deal with the prospect of leaving Dallas without a hug,” English said. (He has planned to return to Texas for a delayed “sendoff” when restrictions lift in a few months.)

コロラドに到着するとき、彼はコロナ時代の奇妙な牧師人事を経験する一人となる。新しい教会への挨拶には握手もなく、建物に人々を集めることなく、リーダーとしてのステップアップを目指すことになるのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When he makes it to Colorado, he will become one of a strange cohort of coronavirus-era pastor hires, all struggling to greet a church without any handshakes and step up as a leader without gathering the flock in a church building.

しばらくの間、教会活動はオンラインで続けられることになる。ヴァンダーブローメン氏いわく、一般的な教会の礼拝が天国のエコー(反響)を象徴するとすれば、オンライン礼拝は「エコーのエコー」なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In the meantime, digital church is a temporary fix. In Vanderbloemen’s words, if a typical church service is an echo of the chorus in heaven, then an online service is just “an echo of the echo.”

新しい教会との出会いを待ち望む新任牧師たちの姿は、聖書的だともいえる。使徒パウロはローマ教会にこう書いた。

「あなたがたに会いたいと切に望むのは……あなたがたのところで、お互いに持っている信仰によって、共に励まし合いたいのです。……何度もそちらに行こうとしたのですが、今まで妨げられているのです」(ローマ1:11~13)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As new pastors eagerly await their first gathering with their new congregations, they are in good and biblical company. As the Apostle Paul wrote the Roman church, “I long to see you … that you and I may be mutually encouraged by each other’s faith,” Paul wrote. “I planned many times to come to you, but have been prevented from doing so” (Rom. 1:11–13).

執筆:マリア・ベア

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2020/april/church-hiring-pastor-job-search-coronavirus.html

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.