クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】無会衆の教会へようこそ、新しい牧師さん──牧師招へいはオンラインでの顔合わせも(前編)

 

フィリップ・ベタンクール牧師の子どもたちは、引っ越し先のテキサス州カレッジ・ステーションにほかの子どもが住んでいるのかどうか確信が持てないでいる。父親がセントラル教会の牧師として招かれたため、数週間前にナッシュビルから越してきたのだが、新型コロナ・ウイルスのせいで4人の息子たちは学校に行くことも、近所で友だちを作ることも、新しい教会で同年代の子たちに会うこともまだできていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phillip Bethancourt’s kids aren’t convinced other children actually live in College Station, Texas. They moved from Nashville a few weeks ago for their dad’s new job as pastor of Central Church, but because of the coronavirus shutdowns, the four boys have yet to go school, make friends in the neighborhood, or meet the kids at their new church.

ベタンクール牧師自身もまた、現実感のない生活を送っている。彼は誰もいない会堂でビデオカメラに向かってメッセージを語り、教会員と出会える日を待っている。まだ会衆を前にした公式な牧師承認を受けたわけですらないのだ。すべてが予定どおりに進めば、次の日曜から主任牧師として働くことになる。教会の人々はまだ社会的距離を取ったままだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bethancourt too is living in his own strange parallel reality, preaching to a video camera in an empty auditorium and waiting for a congregation he hasn’t seen to officially vote him in. If all goes as planned on Sunday, he’ll become a lead pastor for the first time while his flock is still social distancing.

フィリップ・ベタンクール(自身のツイッターから)

ベタンクール牧師は、前職の南部バプテスト連盟「倫理と信教の自由委員会」副会長を辞任して、セントラル教会からの招へいに応じた。彼は言う。「教会の人たちと直接会えること以上にいま望んでいることはほかにありません。しかし私たちは、(礼拝の)代わりとして考えるうる最善の対策を取ってきました」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Nothing matches the opportunity to be with people in person,” said Bethancourt, who left his job as vice president of the Ethics and Religious Liberty Commission to pursue the call at Central Church. “But I would say the process we’ve been using so far is the best substitute we can create.”

応募、面接、着任の人事プロセスが新型コロナ・ウイルス・パンデミックの影響を受けたことで、多くの教会と牧師が苦境に置かれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Several other pastors and churches are in the same predicament, caught in the process of applying, interviewing, and onboarding during the coronavirus pandemic.

ウィリアム・ヴァンダーブローメン(写真:Judae1)

キリスト教関連団体の雇用支援コンサルティング会社を運営するウィリアム・ヴァンダーブローメン牧師は、「今は牧師の存在が必要な時です」と語る。彼の電話は、真剣に牧師を探そうとしている教会からの問い合わせで鳴りっぱなしだという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“This is not the time to be without a pastor,” said William Vanderbloemen, who runs a consulting agency that helps Christian organizations with hiring. His phone has been “ringing off the hook” with churches wanting to get serious about their pastoral search.

パンデミックによる社会的規制や閉鎖という、これまでにない困難を乗り越え、多くの教会が新たな手法で人事の決定をしている。有名なメガチャーチであるムーディー教会やウィロー・クリーク・コミュニティー教会など多くの教会が、予定されていた主任牧師の交代をここ数週間で実現させた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Many have decided to forge ahead with the process despite the unique challenges of social restrictions and shutdowns due to the pandemic. Several congregations, including high-profile megachurches Moody Church and Willow Creek Community Church, were in the midst of leadership transitions and have named new senior pastors in recent weeks.

牧師を探す教会や赴任先を探す牧師たちに対してヴァンダーブローメン牧師は、「プレッシャーを感じたとしても、事を急ぐことだけは避けるように」と伝えている。そして、「インターネットを利用することは重要ですよ」と付け加えるのだという。現代のあらゆるものがそうであるように、新しい牧師の人事もオンラインで行われる時代なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Vanderbloemen tells churches and prospective pastors to avoid jumping into anything too quickly, even if it feels like the pressure’s on. After that, he says to remember “the internet is your friend.” Hiring a new pastor—like everything these days—takes digital deftness.

J・T・イングリッシュ(自身のツイッターから)

デンバーにあるストーリーライン教会での主任牧師職にJ・T・イングリッシュ氏が応募したのは7カ月前。その時はまだ新型コロナ・ウイルスの患者などいなかった。しかし3月の最初の週、妻のメイシーを連れてデンバーに行った時には、パンデミックは米国で広がり始めていた。そして二人は、それまで牧会を行っていたヴィレッジ教会があるテキサス州フラワーマウンドに戻った。広範囲な封鎖処置が始まる直前のことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When J. T. English first applied for the lead pastor position at Storyline Church in Denver seven months ago, the new coronavirus had yet to infect its first patient. But by the time he and his wife, Macy, traveled to Denver the first weekend in March, the pandemic was starting to spread in the US. They returned home to Flower Mound, Texas, where English was pastor of training at the Village Church, right before widespread shutdowns began.

イングリッシュ氏は、進んでいた人事の話を(パンデミックが落ち着くまで)一時的にストップすることも一瞬考えたが、最終的には考え方を変えたという。「もし私が『人々が苦しみにある時に牧会を行うことを躊躇(ちゅうちょ)するような牧師』なのであれば……物事が順調な時にも良い牧会をすることはできないでしょう」と彼は言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
English said he briefly considered pausing the hiring process until the pandemic had passed, but he decided against it. “I don’t feel like I can be the pastor of a church in a good season … if I’m unwilling to pastor them through this, too,” he said.

ベン・マンドレル夫妻(自身のツイッターから)

ストーリーライン教会のリーダーたちもイングリッシュ氏の意見に賛成だった。ストーリーライン教会は、創設者であるベン・マンドレル氏が昨年の夏、ライフウェイ社(米国最大のプロテスタント教派である南部バプテスト連盟の出版部門)の社長に就任して以来、主任牧師がいない状況が続いていた。牧師招へい委員だったリンジー・アコセラ氏は振り返る。「もし主がこの話を進めたいと願っていたら、どうすべきだろうと考えたんです。実際、私たちはそのように(主が願っていると)感じていました」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Leaders at Storyline—which had been without a lead pastor since founder Ben Mandrell became president of LifeWay Christian Resources last summer—agreed. “We thought, ‘What if the Lord wants to keep moving this forward?’ said Lindsay Acocella, a staff member and part of the church’s search team. “And we felt like he did.”

コロラド出身のイングリッシュ氏は、録画ビデオを通して教会の主任牧師候補として教会員たちに紹介された。以来、彼は700マイル(約1100キロ)離れたテキサスから毎週、説教を続けているほか、会議用アプリ「ズーム」を用いてそれぞれの小グループやミニストリー・チームと対話している。その人数は、教会のメンバー500人のうち計400人ほどだ。教会員は4月5日のオンライン会議で彼の招へいを決議した(イングリッシュ氏はイースター説教の収録をすでに終えており、その説教はいずれ公開される予定だったので、承認されたと聞いて胸をなでおろしたという)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
English, a Colorado native, was presented to the congregation as a candidate through a video recorded 700 miles away in Texas and has continued to preach from there. After taking Zoom calls to talk with each small group and ministry team—reaching about 400 out of 500 members of the church by screen—the congregation voted to approve him during an online meeting on April 5. (English was relieved, since he’d already recorded the Easter sermon, which the church planned to run either way.)

捜し続けよう、オンラインで

「顔を合わせて対話する」という、教会にとって非常に重要な手順をオンラインでは踏むことができないものの、結果として教会員たちは牧師候補者の話をより多く聞くことができた。もともとは、一度だけ説教に来てもらって、牧師として招へいするかどうかを決めることが計画されていたが、それでは教会員と触れ合えるのは長くても数時間だったろう。今回のプロセスの中で行われた17回以上のズーム・ミーティングによって、イングリッシュ氏の妻は何ページもある教会員の名前やメモ、祈りのリクエストを書き留めることができた。「そこまで行くのに(従来のやり方だったら)数週間から数カ月の時間を要したことでしょうね」と彼は言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The online process, though lacking the in-person fellowship that’s so important to churches, has actually given congregants more access to pastor candidates. If English had simply traveled to Denver to preach one Sunday before a vote, as originally planned, he would’ve gotten a few hours, maximum, with the congregation. Now he has pages of names, notes, and prayer requests—jotted down by his wife—from more than 17 Zoom meetings. “It would’ve taken weeks or months to get that,” he said.

Bethancourt Video 01 from Central • Bryan-College Station on Vimeo.

ベタンクール牧師にとってズームを用いたセントラル教会メンバーとの対話は、(従来の手法と比べても)同じくらい厳然としたものだったという。「ある教会員が言うには、『これまで招へいを検討したどの候補者よりもたくさんの質問をした』ということでしたよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bethancourt said his Zoom calls with members at Central Church were equally rigorous. “I had one church member say to me we’ve probably been asked more questions than any candidate in the history of church searches,” he said.

「教会が活動を再開したとき、礼拝出席者が大挙して戻ってくることを考えれば、(コロナ禍の中にあっても)人事のプロセスを進めることは賢い選択でした」とヴァンダーブローメン牧師は言う。多くの教会はこのような状況下にあって、「信頼できる方向性を示すことのできるリーダーシップ」を必要としている。「苦難が起こるとき、人々は教会に助けを求めますが、今それは不可能です。だからこそ、いま人々は牧師に頼りたいのです」(後編に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
According to Vanderbloemen, it’s a smart organizational move for churches to continue their hiring process right now in anticipation of a flood of worshipers returning to church when the doors reopen. Plus, many congregations need reliable leadership to provide direction in the meantime. “In a crisis, people run to a church, and right now they can’t,” he said. “So they want to run to at least a pastor.”

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.