教会

なぜ聖書は性について語るのか
間違ったセックスをしてしまった人が得た苦々しい果実について聖書は描写する。そして、喜びと楽しみの手段であるセックスのために指標を設けられた神を紹介する。聖書は、神の教えに従うべき秩序ある世界を明らかにし、性的な世界のリアリティーを提示する。
教皇フランシスコ、新年の挨拶で中国との暫定合意について語る
教皇フランシスコは7日、駐バチカン(ローマ教皇庁)外交団を前に新年の挨拶(あいさつ)をした。バチカンと正式に外交を結ぶ183カ国と、マルタ騎士団、欧州連合の代表者の前で教皇は、昨年、教皇庁と中国で結ばれた暫定合意について話した。
「バルトロメオス1世を全正教会の最高指導者とは認めない」とロシア正教会のモスクワ総主教キリル1世
ロシア正教会のモスクワ総主教キリル1世(72)は12月30日、コンスタンチノープル(現イスタンブール)総主教庁のエキュメニカル総主教バルトロメオス1世(78)に書簡を送り、「全正教会の最高指導者とはもはや認めない」と通告した。
【クリスマス・メッセージ】竹森満佐一「生誕」(抜粋)
クリスマスの夜、天には不思議な明るさがありました。天に言いようのない大きな喜びがあったからです。それは悔改める罪人のための喜びです。み子は罪人を悔改めさせるために出発しようとするのです。だから、このように明るい大きな喜びが天にあったのです。
ウクライナの正教会、来年1月の独立に向けて統一 ロシア正教会は反発
ウクライナ正教会は15日、首都キエフで主教会議を開き、教会を統一することを決めた。来年1月6日には、コンスタンチノープル総主教庁が独立を正式に承認する見通し。3世紀にわたってウクライナ正教会を管轄下に置いてきたロシアは激しく反発している。
バチカンでクリスマス・ツリー点灯式、砂のプレゼピオも
バチカンのサンピエトロ広場で7日、関係者や巡礼者らが見守る中、毎年恒例のクリスマス・ツリーの点灯式が行われた。また、同広場に11月下旬に運び込まれた720トンもの砂から、彫刻家グループによって制作された砂のプレゼピオもこの日、公開された。
太宰治が入院中に手にした聖書 神奈川近代文学館で公開
太宰治(1909~48)が入院中に手にし、肉筆の書き込みをした聖書が、神奈川近代文学館(横浜市中区)で来年1月20日まで初公開されている。斎藤達也氏から黒崎幸吉編『新約聖書略註 全』(四六判、日英堂書店、34年刊)を借りたものだ。
「天に栄光、地には平和」 日本聖書協会クリスマス礼拝
日本聖書協会主催のクリスマス礼拝が6日、日本基督教団・銀座教会(東京都中央区)で開催された。その後、聖書事業功労者表彰が行われた。今年は、虎ノ門法律事務所代表(弁護士)で教文館会長の宮原守男(みやはら・もりお)氏(90)が表彰された。
日本聖書協会が記者会見 31年ぶりに『聖書協会共同訳』を発行 原典に忠実で、読者に分かりやすく
31年ぶりに『聖書 聖書協会共同訳』を発行した日本聖書協会が3日、発行記者会見を日本基督教団・銀座教会(東京都中央区)で開いた。同協会の総主事の渡部信(わたべ・まこと)氏と翻訳部主事補の島先克臣(しまさき・かつおみ)氏が話した。
聖書事業功労者賞は宮原守男氏、日本福音功労賞は吉持章、藤井圭子、星野富弘の3氏
第29回「聖書事業功労者賞」表彰式(主催:日本聖書協会)が6日、日本基督教団・銀座教会(東京都中央区)での日本聖書協会クリスマス礼拝の中で行われた。虎ノ門法律事務所代表(弁護士)で教文館会長の宮原守男氏(90)が受賞した。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.