• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスから守られるよう祈ることと医学は対立しない(対訳)

【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスから守られるよう祈ることと医学は対立しない(対訳)

 

新型コロナ・ウイルスの感染拡大を防ぐために礼拝をどうすべきかと対応している中で、このパンデミック(世界的大流行)によって教会指導者はまた別の課題に取り組むよう促されている。「信仰と科学は対立するか」というメッセージを伝えることだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
While church leaders adjust services to help contain the spread of coronavirus, the pandemic has also prompted them to tackle another task: communicate a message that elevates both faith and science.

新型コロナ・ウイルスへの不安が高まる中で、公衆衛生の専門家のアドバイスに従いつつ神を信じ続ける大切さこそ、教派を問わず牧師たちには求められている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For pastors across Christian denominations, rising public anxiety over coronavirus only reinforces the importance of believing in God while heeding the advice of public health experts.

「科学は素晴らしい真実の領域であるとともに、真実を理解する領域でもあります。また、人類の繁栄を助ける驚くべき道具です。ただ、存在するすべての真実を伝えることはできません」とD・J・ジェンキンス牧師(カルフォルニア州スタジオ・シティのアンソロジー教会)は言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Science is a wonderful arena of truth and understanding truth. It is an amazing tool that can help human flourishing. We just believe it can’t address all truth that exists,” said D. J. Jenkins, pastor at Anthology Church in Studio City, California.

ジェンキンス牧師は大学で生物学を専攻した。「宗教に熱心な人やクリスチャンが神様の助けを求めながら、科学や健康の専門家である医者も信じることは、多くの人の目にはおかしく映るかもしれません。しかし、私にとってはおかしなことではありません」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Jenkins, who got his undergraduate degree in biology, acknowledged that “for a lot of folks, it’s probably pretty strange to see” a Christian or other devout person “asking for divine help—and then also trusting in science and health professionals and doctors. But it’s not strange for me.”

ほかの自然災害に関して言えば、一部のクリスチャンが「神の罰が下ったのだ」と発言したこともあったが、この新型コロナ・ウイルスの感染拡大に関しては、そのような宗教的発言はほとんどなされていない。その代わり教会は、霊的な助けと実用的な助言を組み合わせて立ち上がっている。この二つを一つにするということ自体がチャレンジであり、それはこのウイルスによって増している政治的緊張関係を超えるものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
While past natural disasters have found a few high-profile Christians asserting a link to specific divine punishment, the coronavirus outbreak has generated little if any of that religious rhetoric. Instead, churches are rising to the moment with a mixture of spiritual aid and practical counsel that presents its own challenges, beyond the political tensions kicked up by the virus.

ナッシュビルのキリスト長老教会のスコット・ソウルズ主任牧師は、「痛みから離れるのではなく、立ち向かう」方法について議論を重ねているという。不安が高まる中で、「隣人を愛せよ」(マタイ22:39)との教えに基づく行動をとるということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Scott Sauls, senior pastor at Nashville’s Christ Presbyterian Church, said he’s discussing ways to “move toward the pain rather than away from it,” acting on his faith’s edict to love one’s neighbor amid rising anxiety.

しかし、感染拡大を遅らせるために最善だと推奨されている「人と人との距離を確保する対策」によって、隣人を愛するということは難しくなったとソウルズ牧師は言う。なぜなら、クリスチャンのいちばんの責任は、ウイルスのリスクを軽視するような無責任で愛のないメッセージを広めないことだからだ。「どうすればより良く人を助けられるか」という議論は今までのところ、リスクの高い高齢者や、この危機によって過大な負担を強いられている医療従事者に絞られている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But that goal is complicated by the social distancing that’s been recommended as a best practice to slow down the disease, Sauls noted, since “Christians’ responsibility is to, No. 1, not send the irresponsible, unloving message” of downplaying the virus’ risk. He said conversations about how best to help have so far focused on assisting the high-risk elderly and health care workers overtaxed by the crisis.

米国福音同盟のウォルター・キム会長は、米国疾病予防管理センター(CDC)などの専門家の助言を最優先することを各教派に指導しているという。なぜなら、「私たちが人々に提供したい安心感は、最良の情報を求める慎重さと共にあるからです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
National Association of Evangelicals President Walter Kim said his guidance to denominations is prioritizing the advice of the Centers for Disease Control and other experts, because “the sense of reassurance we want to give is coupled with prudence in seeking out the best information.”

初期科学のパイオニアの中でも高い宗教性を持っていたアイザック・ニュートンを例に挙げ、「過去に信仰と科学の間には対立がありましたが、今は科学界と信仰者は協力して仕えるべきです」と言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Citing the high religiosity among early scientific pioneers such as Isaac Newton, Kim said that although friction between faith and science has occurred in the past, “the scientific community and people of faith really should serve as collaborators.”

全米の宗教施設は、新型コロナ・ウイルスの感染拡大につながりかねない至近距離での接触を避けるために礼拝のスケジュールを調節し、ケンタッキー州知事は今週(3月第2週)の礼拝を中止するよう要請した。州のすべての教会が完全に閉じられたということではないが、スティーブ・ウィーバー牧師(ケンタッキー州クランクフォートのファームデール・バプテスト教会)は科学的・信仰的に考慮したという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Religious institutions from coast to coast have upended their service schedules to prevent close contact that could spread coronavirus, with Kentucky’s governor encouraging churches to cancel their services this week. While not every church in the state plans to fully close, pastors such as Steve Weaver, of Farmdale Baptist Church in Frankfort, Kentucky, said they are keenly aware of both scientific and faith considerations.

「専門家が説明する健康上の課題と、それに対処するための方策を真剣に受け止めたいと思っています」とウィーバー牧師はメールで回答した。「しかし私たちは、いつもどおりに集まって礼拝する責任とのバランスを取らなくてはなりません。神を礼拝することは、クリスチャンの私たちに命じられたことだからです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We want to take seriously the health challenges that experts are describing and their prescriptions to address those challenges,” Weaver said by email. “However, we have to balance that by our responsibility to continue our regular expressions of worshiping and gathering, which I believe is commanded of us as Christians.”

感染が拡大して24人以上の感染者が出たワシントン州キング郡(13日現在)では、パンデミックによってもたらされた霊的な困難に牧師たちが立ち向かっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In Washington state’s King County, where the outbreak has claimed more than two dozen victims, pastors are already dealing with the spiritual struggles wrought by the pandemic.

「不安感が高まる今、私たちには希望と平和の担い手となる機会が与えられています」と発言したのはアンドリュー・フォーシェ牧師(ワシントン州レントンのサンセット・コミュニティー教会)。また、祈ることで私たちは守られるだろうという「型どおりの答え」には抵抗するとした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“There’s a lot of fear right now, so we have an opportunity to be bearers of hope and peace,” said Andrew Fouché, pastor of Sunset Community Church in Renton, Washington. Fouché added that he resists “pat answers” about prayer providing complete protection.

(写真:Angelsharum)

アーロン・モンツ牧師(シアトルのユナイテッド教会)は直接ウイルスの影響を受けてはいないものの、隔離に直面している教会員には「恐れと信仰の間に緊張関係がある」とした。先週の日曜日(3月6日)にモンツ牧師は、「主をあがめつつ医師の助言に従うように」と、奨励されている20秒の手洗いの間は祈るよう勧めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Aaron Monts, pastor at United Church Seattle, said he’s seen “a tension of fear and faith” among congregants who are not yet directly affected by the virus but facing growing isolation. Last Sunday, Monts said, his church suggested a way for believers to blend worship with doctors’ advice: reciting a 20-second prayer while washing their hands.

その20秒の目安となる「ハッピー・バースデー・トゥー・ユー」を歌う代わりに、「小さくても何か目的をもって行動しようと教えたのです」とモンツ牧師。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We taught, let’s do something a little more intentional with this space” than the increasingly popular advice to sing 20 seconds of “Happy Birthday,” Monts said.

しかし、祈りはしばしば、信仰と科学との間の政治的分裂の種になってきた。今回の新型コロナ・ウイルスに対する政府の反応も例外ではない。マイク・ペンス副大統領がトランプ政権の新型コロナ・ウイルス対策会議を始める前に共に祈った写真をツイートしたところ、あるコメンテーターがネットで反発したのだが、それに対して著名な共和党員が「進歩主義者が宗教を中傷している」と非難した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yet the act of prayer itself often proves fodder for political division over faith and science, and the government’s response to coronavirus is no exception. When Vice President Mike Pence tweeted a photo of a group prayer before a meeting of the Trump administration’s virus response task force that he leads, one commentator’s online pushback met with condemnation from prominent Republicans who accused progressives of maligning religion.

事実、ペンス氏の写真はクリスチャンからさまざまな反応を引き起こした。個人的であってもパンデミックであっても祈りは重要だが、この危機に対する唯一の解決法ではないからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In fact, Pence’s photo sparked a complex reaction from Christians who said prayer is valuable but not the sole solution to a crisis, whether personal or pandemic.

サウス・イースタン大学で神学を担当するクリス・グリーン教授によれば、保守派にもリベラル派にも祈りの力を「呪術的に考える」ところがあるが、「それは少数派であって、多くの議論の中では小さな声にすぎない」という。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Chris Green, professor of theology at Southeastern University, said he has seen “magical thinking” about the power of prayer among both conservative and liberal Christians, but “that is a minority, very clearly a quieter voice in the conversation.”

タルサのサンクチュアリー教会で教育牧師も務めるグリーン師は、「私と一緒に働く人の圧倒的多数は、祈りつつ働いてこの問題を解決しようと言うだろう」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Overwhelmingly, I think the groups I work with would say, pray and work” to solve problems, said Green, who’s also a teaching pastor at Sanctuary Church in Tulsa.

ピュー調査センターによる2014年の世論調査では、米国人の多くが最低でも毎日祈っていることが明らかになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A majority of Americans pray at least daily, according to a 2014 poll by the nonpartisan Pew Research Center.

ピュー社の世論調査ではまた、59%の米国人が「宗教と科学はしばしば対立する」とし、「科学は自分の個人的な信仰と対立している」と答えたのは30%にすぎない。そして、教会に定期的に通うクリスチャンは、信仰と科学が対立しているとは考えていないようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Pew polling also has found that while 59 percent of Americans view religion and science as often in conflict, only 30 percent said science conflicts with their own personal beliefs. And regular churchgoers are less likely to see faith and science in conflict.

ニューオリンズ・バプテスト神学校のジェームス・デュー学長は、信仰と科学との関係を「敵対」理論と呼んでいることを認めたものの、宗教と科学を「対話のパートナー」として考える代替案も提示している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
James Dew Jr., president of New Orleans Baptist Theological Seminary, acknowledged what he called the “warfare” theory of faith’s relationship to science but offered an alternate view of religion and science as “dialogue partners.”

神学と哲学について著書のあるデュ―学長は、「今まで以上に神様の恵みが必要です」と言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We need God’s grace more than ever before,” said Dew, who writes extensively on theology and philosophy.

「そして今、最善の働きができるような医療コミュニティーも必要なのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We also need our medical community to do its best work right now.”

執筆:エレナ・スコール

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2020/march/clean-hands-christians-scientific-responses-coronavirus.html

Share

Related Posts

おすすめ