「コラム」 一覧

神さまが共におられる神秘(30)
イエスさまは、「裁く」というよりは、むしろ「赦し」というお方です。人間の中の悪をサーチライトで照らして、「そんなに見ないで~!」と私たちが言うような目で見つめる方ではありません。私たちの中に神さまのいのちがあることを見てくださる方なのです。
神さまが共におられる神秘(29)稲川圭三
私たちも、自分の思いや考え、納得や理解によって生きるという古い生き方を捨て、キリストに信頼して生きるいのちとなるように迫られています。すべての人と共におられる神さまを認めて生きる、キリストに信頼して歩む歩みに変えるようにと迫られています。
神さまが共におられる神秘(28)稲川圭三
イエスさまは、「この世の目に見えるものに自分の根っこを這(は)わせてはいけない」とおっしゃっています。私たちはこの世の中で生きていますが、そのすべてをお創りになられた「永遠」という神さまに結ばれて生きるようにと教えてくださっているのです。
牧会あれこれ(3)賀来周一
牧師がどのように人のニーズに対応しているかを、人々は身近なところで感知する。そして、牧師が相手に誠意をもって接しているか、公平であるかなどを、言葉の端々や何気ない振る舞いの中に見て、自分自身と牧師の関係はどうなのかを自分で判断する。
神さまが共におられる神秘(27)稲川圭三
人から脅されなければ良いことを行わないなら、私たちは誰に支配されているのでしょうか。キリストはそういう支配者ではありません。「私と一緒に生きてくれませんか」という呼びかけに応える者を根本から自由にしてくださいます。そういう愛による支配です。
神さまが共におられる神秘(26)稲川圭三
脅かされるような出来事があっても、あなたがたを迫害する状況があっても、「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」という真実に結ばれて生きてほしい。そういうイエスさまからの切なる呼びかけを今日、私たちは福音として聞いています。
神さまが共におられる神秘(25)稲川圭三
「どうしてこんなことが」と思うようなことが降りかかっている方もおられるかもしれません。それは、その出来事を通して、「目に見えるすべてを超えて『永遠』という方が支えてくださっている」という大切な出会いに招かれている時だといえるように思います。
神さまが共におられる神秘(24)稲川圭三
イエスさまの愛で愛する 2012年11月4日 年間第31主日 (典礼歴B年に合わせ6年前の説教の再録) あなたの神である主を愛しなさい。隣人を愛しなさい マルコ12:28b-34 ユダヤ教の律法という掟(おきて)はたくさんの数がありました。その中で何がいちばん大切かということは、しばしば議論にもなっ
牧会あれこれ(2)賀来周一
しばしば信仰に生きているつもりでも、日常の中では、世の中にも自分にもいささか妥協気味に生きていることがある。そのような時に、「信仰において譲らず、愛において譲る」というルターの言葉はよい示唆を与えてくれる。
神さまが共におられる神秘(23)稲川圭三
「すでに与えられている神さまの恵みを見えるようになりたいのです」 2015月10月25日 年間第30主日 (典礼歴B年に合わせ3年前の説教の再録) 先生、目が見えるようになりたいのです マルコ10:46~52 今日の福音に「道端に座っていた」「なお道を進まれるイエスに従った」とありますが、その「道」
 新着
2018.12.16
神さまが共におられる神秘(30)
2018.12.16
バチカンでクリスマス・ツリー点灯式、砂のプレゼピオも
2018.12.15
映画「僕はイエス様が嫌い」 マカオ国際映画祭で審査員特別賞
2018.12.15
太宰治が入院中に手にした聖書 神奈川近代文学館で公開
2018.12.14
聖心女子大 新学長に髙祖敏明氏
2018.12.14
「天に栄光、地には平和」 日本聖書協会クリスマス礼拝
2018.12.13
宗教的理由で119人を処刑した北朝鮮、17年連続で「信教の自由特別懸念国」に米政府が指定
2018.12.13
中国当局、地下教会牧師らを拘束 バチカンとは関係改善を模索
2018.12.12
「今年の漢字」は「災」、聖書では
2018.12.12
潜伏キリシタンの信心具を調査 長崎県、来年度から全容把握へ
2018.12.11
遺愛女子中学・高校がキャロリング 函館市内にキリスト誕生の喜びを届けて
2018.12.10
【CHRISTIANITY TODAY】クリスチャンは飲酒できるのか──プロテスタント教会出席者1000人の考え(対訳)
2018.12.09
神さまが共におられる神秘(29)稲川圭三
2018.12.09
日本聖書協会が記者会見 31年ぶりに『聖書協会共同訳』を発行 原典に忠実で、読者に分かりやすく
2018.12.08
聖書事業功労者賞は宮原守男氏、日本福音功労賞は吉持章、藤井圭子、星野富弘の3氏

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.