コラム

神さまが共におられる神秘(52)稲川圭三
私たちが人の悪いところや自分の悪いところしか見えないで、苦しみのサイクルに入ってしまうことをイエスさまは知っておられます。だから、そんなところから抜け出して生きるように、「人をイエスさまの目で見る」ということです。
神さまが共におられる神秘(51)稲川圭三
永遠の命の神さまと一緒に生きる 2016年4月17日 復活節第4主日 (典礼歴C年に合わせ3年前の説教の再録) わたしは彼らに永遠の命を与える ヨハネ10:27~30 今日は復活節第4主日を迎えています。毎年、「良い羊飼い」のたとえ話が読まれますので、「善き牧者の主日」と呼ばれます。そして、今日は「
神さまが共におられる神秘(50)稲川圭三
大勢の人の中にあって、何の関わりもない時、かえって自分がすごく寂しく、空虚で、ひとりぼっちに思えてしまうことがあるかもしれません。そんな時、イエス様は、「私が共にいて、あなたの中に立ちたい。あなたのいのちの根幹を満たしたい」と望まれます。
牧会あれこれ(8)賀来周一
ナマの人間関係を作るのに最もよい手立ては訪問伝道にあると私は考えている。裏を返せば、教会が信徒のところにやって来るのが訪問伝道であり、牧会である。信徒が教会に来るのとは逆の方向性を持った伝道牧会と言えるかもしれない。
神さまが共におられる神秘(49)稲川圭三
「あの人の中に神さまのいのちがある? とんでもない。あの人のほうがこっちに来て謝って、『自分が間違っていた』と言って頭を下げない限り、そんなこと絶対認めない」。でも、イエスさまは違っていました。弟子たちの真ん中に立って「平和」と言われました。
【イースター・メッセージ】神さまが共におられる神秘(48)稲川圭三
マグダラのマリアはイエスがどこにいるのか分かりませんでした。その後、お墓の前で泣いていたマリアに向かってイエスが声をかけた時もイエスだとは分かりません。またお墓のほうに目を向けてしまいます。しかし、それがイエスだと分かる時が来ます。
神さまが共におられる神秘(47)稲川圭三
今日から聖週間が始まりました。イエスさまの十字架にあずかるとは、イエスさまがなさったことを見守ることとは違います。イエスさまと一緒に生きることです。自分を傷つける者の中にも、神のいのちがあるという真実を受け取って祈ることにほかなりません。
神さまが共におられる神秘(46)稲川圭三
この女の人は、「ああ、私はこの人の前からは逃げられない」と分かったんじゃないでしょうか。決してその前から逃げられない方の前に自分の身を置くこと、これが根源的な回心です。そして、イエスさまは言われました。「わたしもあなたを罪に定めない」
牧会あれこれ(7)賀来周一
人生を変えることのできるものがある。それは己の決断の仕方である。そのためには、変えることができるものは何であるかを〈知る〉ことから始まる。そして、起こったことを知れば、〈耐え忍ぶ〉時が過ぎる。時間は急ぐためにあるのでなく、待つためにある。
神さまが共におられる神秘(45)稲川圭三
私たちが「子よ」と呼ばれる理由は、人間の側にはありません。神さまの側にあります。自分の資格とか、どうでもいいものはその場に置いて、ポンと「神さまの側」に行かなくては。そのことに私たちが出会うために、イエスさまは今日のたとえを話されました。

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.