コラム

神さまが共におられる神秘(7)稲川圭三

「力あるわざ」を行いたい 2015年7月5日 年間第14主日 (典礼歴B年に合わせ3年前の説教の再録) 預言者が敬われないのは、自分の故郷の中だけである。 マルコ6章1~6節 説 教 「イエスは……故 …

【連載小説】月の都(7)下田ひとみ

「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。

【連載小説】月の都(6)下田ひとみ

「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。

【連載小説】月の都(5)下田ひとみ

「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。

【連載小説】月の都(4)下田ひとみ

「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。

【連載小説】月の都(3)下田ひとみ

「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。

【連載小説】月の都(2)下田ひとみ

「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。

【連載小説】月の都(1)下田ひとみ

「月の都」は、キリスト者の自死をテーマにした小説。作品中には3組の夫婦が登場する。幼い二人の子供を持つ牧師夫妻。無神論者の夫とカトリック信者の妻。大学教授の夫と、夫を崇拝する妻。各々の夫婦が織り成す人間模様。その葛藤、秘密、そして愛……。

新連載小説「月の都」──キリスト者の自死に射す一条の光 下田ひとみ

伝道師の自死があったことを、ある牧師から聞きました。そのとき、それでも細長い一条の光を感じました。「月の都」は、この時の感動を基に、自死をテーマにストーリーを創り、書き上げた作品です。作品中には30代から60代までの3組の夫婦が登場します。

神さまが共におられる神秘(6)稲川圭三

今日、私たちの心の中に、自分を怖がらせる何らかの要因があるかもしれません。でも、イエスさまはそのままに「恐れることはない。ただ信じなさい」と言われます。「永遠のいのち」の神さまのレコード盤に、私たちのいのちの針を、ただ置いたらよいのです。

 新着
2020.08.12
【今日の聖書】8月12日 エフェソの信徒への手紙4章17〜24節
2020.08.11
カトリック教会 改めて「核なき世界」への注力を訴え 2020年8月10日
2020.08.11
2020年8月11日「収穫の主に願いなさい」
2020.08.11
韓国のコロナ新規感染者28人に ソウル・南大門市場で集団感染 2020年8月10日
2020.08.11
30年間続いた南北教会の「光復節共同祈祷文」 今年は実現しない? 2020年8月11日
2020.08.11
【今日は何の日】1492年8月11日 初のコンクラーベにより、アレクサンドル6世が選出される。
2020.08.11
ベイルート爆発で各国が緊急支援 キリスト教各派も乗り出す  2020年8月11日
2020.08.11
【今日の聖書】8月11日 ルカによる福音書12章16〜21節
2020.08.10
2020年8月10日「人の子には枕する所もない」
2020.08.10
【夕暮れに、なお光あり】 あいさつ 小島誠志 2020年8月11日
2020.08.10
【今日は何の日】8月10日 焼き鳥の日
2020.08.10
【今日の聖書】8月10日 ルカによる福音書12章13〜15節
2020.08.09
2020年8月9日「これはわたしの子、選ばれた者」
2020.08.09
【CHRISTIANITY TODAY】今こそ核兵器について考えるべき時 -教皇フランシスコが「核の抑止力」を非難し、新戦略兵器削減条約(START条約)失効を間近に控えるいま、プロテスタントはどこに立つべきだろうか?-
2020.08.09
【今日は何の日】1483年8月9日 システィーナ礼拝堂開場

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.