【今日は何の日】1931年11月3日 宮沢賢治が手帳に「雨ニモ負ケズ...

「雨ニモ負ケズ」は数ある宮沢賢治の詩の中でも、最も広く知られているものではないでしょうか。この詩の最後は「サウイフモノニ ワタシハナリタイ」ですが、この「そういう者」のモデルになったのが一説では斎藤宗次郎というクリスチャンだったのではないかと言われています。