日本基督教団総会議長 石橋秀雄

投稿日:2018年5月30日 更新日:

Print Friendly, PDF & Email

キリスト教各派が共に日本伝道に取り組むために

宗教改革500年は、カトリック教会とプロテスタント教会が共に祝うことができました。一致を求めて取り組んできた成果です。

今、日本のキリスト教各派が、主から賜物を生かし合い、分かち合って、共に日本の伝道に取り組むことが切実に求められています。

この時、「クリスチャンプレス」が誕生し、キリスト教各派の情報が正確に分かりやすく深く伝えらえることは、キリスト教会の大きな喜びであり、力です。そのお働きに期待しています。

日本基督教団総会議長 石橋秀雄

-

今週のテーマはいのちのみことば
Print Friendly, PDF & Email

わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。」

「もし、わたしが自分自身について証しをするなら、その証しは真実ではない。

わたしについて証しをなさる方は別におられる。そして、その方がわたしについてなさる証しは真実であることを、わたしは知っている。

あなたたちはヨハネのもとへ人を送ったが、彼は真理について証しをした。

わたしは、人間による証しは受けない。しかし、あなたたちが救われるために、これらのことを言っておく。

ヨハネは、燃えて輝くともし火であった。あなたたちは、しばらくの間その光のもとで喜び楽しもうとした。

しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている。

また、わたしをお遣わしになった父が、わたしについて証しをしてくださる。あなたたちは、まだ父のお声を聞いたこともなければ、お姿を見たこともない。

また、あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない。父がお遣わしになった者を、あなたたちは信じないからである。

あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。

(ヨハネによる福音書 5:30-39)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.