• HOME
  • 記事
  • 海外
  • 新型コロナ・ウイルスは北朝鮮でも感染が広がる?──激しい迫害下にある北朝鮮クリスチャンへの新たな脅威

新型コロナ・ウイルスは北朝鮮でも感染が広がる?──激しい迫害下にある北朝鮮クリスチャンへの新たな脅威

 

世界各地で感染が拡大している新型コロナ・ウイルスの脅威は、北朝鮮も例外ではない。迫害や組織的な抑圧にさらされている北朝鮮のクリスチャンにとって、この世界的感染拡大は新たな脅威となっている。

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」のホームページ

北朝鮮政府は感染者の存在を認めていないものの、平壌(ピョンヤン)市は1月7日、中朝国境にある新義州(シニジュ)市の病院で高熱が続いた5人の死亡を公表している。政府は新型コロナ・ウイルスによるものではないとしているが、熱や咳(せき)など、感染が疑われる患者を隔離して治療していたことを保健当局は示唆している。

もし北朝鮮国内で感染者が確認されれば、衝撃は計り知れない。北朝鮮国内は医療施設や薬品が不足している。数年前に発生したコレラやSARS(サーズ)によって多くの子どもが路上で死亡していた事実がそれを物語っている。

北朝鮮人クリスチャンで、現在、海外に逃亡しているティモシー・チョウ氏は次のように告白する。「私はコレラに感染した子どもの一人でした。食料や薬もなく、ただ死を待つだけだったのです」。そして、投薬や隔離などの一切の治療行為を受けなかったと、当時の様子を振り返る。「たとえエリート階級であっても、期限切れのパラセタモール(解熱鎮痛剤)やイブプロフェン(非ステロイド系消炎鎮痛剤)が配給される始末」と元北朝鮮外交官は話す。チョウ氏は続ける。「この事実こそ、北朝鮮ではウイルスに感染した患者に対して一切の医療行為を提供できないことを表しています」

北朝鮮クリスチャンはより厳しい状況に直面している。そして、北朝鮮国内には多くのストリート・チルドレンが存在し、彼らを世話することができないのであれば、感染拡大の影響をより大きく受けることになってしまう。

キリスト教迫害監視団体オープン・ドアーズの活動も影響を免(まぬか)れない。具体的な影響は安全上の理由で言えないが、神の民のためにオープン・ドアーズの協力者を引き続き用いてくださるように祈ろう。そして、北朝鮮クリスチャンの健康のために。迫害下にある北朝鮮クリスチャンは30万人以上で、そのうち少なくとも30%が医療行為を受けられず、食料もない状態で強制労働下にあるといわれている。

そして、北朝鮮政権に神の憐みがあるように。彼らの心がキリストの愛によって開かれ、真実を直視できるよう祈ってほしい。

本記事は、ブラジルのキリスト教メディア「ゴスペル・プライム」に掲載された記事より翻訳し、編集しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.gospelprime.com.br/coronavirus-pode-ter-atingido-a-coreia-do-norte/

Share

Related Posts

おすすめ