クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】新型コロナ・ウイルス対策で教会も政府からの融資を受けられる(対訳)

 

米国では、教会や関係団体が受けられる新型コロナ・ウイルス関連の経済対策支援が過去最大規模になっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Churches and ministries in the US have never before been offered the kind of financial relief now available through the coronavirus stimulus package.

連邦政府の打ち出した3500億ドル(約37兆円)規模の中小企業向け融資の対象に「宗教団体」が含まれたことは、宗教関係の雇用者が受給資格を得られるようロビー活動をしてきた「信教の自由」啓蒙団体などの人々にとって、祈りが聞き届けられた結果となった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For some—like the religious liberty advocates who lobbied to clarify eligibility for faith-based employers—their inclusion in the federal government’s $350 billion small-business loan effort comes as a major answer to prayer.

しかし、多くのキリスト教指導者は、前例のない対応に依然として慎重だ。政教分離という長い伝統を持つ国で、政府の経済政策の一部として与えられる支援金を教会が受け取ることは良いことだろうか。もし受け取ることになったら、それはどのようなものになるのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But for many Christian leaders, the unprecedented setup still raises questions. With the country’s long tradition of church-state separation, is it a good idea for congregations to accept the funding that comes as part of a government stimulus? And if they decide to, how does it work?

米ドル紙幣(写真:Hidro)

4月3日に発表された特別審査基準では、「教会を含む宗教団体の雇用主は、給与保護プログラム(PPP)に参加することができる」と述べられている。これにより、新型コロナ・ウイルスの発生により財政的に苦しむ中小企業がローンを申請することができる。ただしそこには、「給与や住宅ローンの費用をカバーする用途」という条件がつけられている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Special guidance released Friday stated that religious employers including churches would be able to participate in the Paycheck Protection Program (PPP). It allows small businesses that have suffered financially due to the COVID-19 outbreak to apply for loans, which can be forgiven if used to cover payroll and mortgage costs.

今週、倫理と信教の自由委員会(ERLC)のラッセル・ムーア会長は、南部バプテスト連盟に対して次のように説明する。「このプログラムは教会の『救済』ではなく、大量の失業を食い止めるための広範囲な社会保障の一部です。この経済支援は(政教分離を脅かす)危険を伴うものとは考えず、今の状況下でローンが支給されることによって教会が政府の監視にさらされることもありません」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This week, Russell Moore, president of the Ethics and Religious Liberty Commission (ERLC), assured Southern Baptists that the program “is not any way a ‘bailout’ of churches” but part of a broader safety net to stave off widespread unemployment. He wrote that he did not see the financial relief as a dangerous entanglement, saying that funding through a forgiven loan in these circumstances would not open up a church to government oversight.

福音派財務責任評議会(ECFA)のダン・バスビー議長は、少なくとも数万の教会がPPPローンに申請すると予想している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Evangelical Council for Financial Accountability (ECFA) president emeritus Dan Busby anticipates that tens of thousands of churches at minimum will apply for the PPP loans.

この1週間、同教派の財政部は、問い合わせへの対応、オンライン・セミナーの開催、また政府支援の申請項目についての教会指導者へのアドバイスなどに奔走してきた。こうした支援策はPPPだけではなく、新型コロナ・ウイルス対策によって被害を受けた一定の項目に対して、最大で1万ドル(約107万円)までが貸し出される低金利の災害救済ローン(EIDL)もある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Over the past week, financial resources ministries have been rushing to answer FAQs, host webinars, and advise leaders on whether or how to pursue the government options, which include not only the payroll loan forgiveness but also the Economic Injury Disaster Loan (EIDL), a low-interest loan of up to $10,000 for particular costs due to the coronavirus shutdowns.

バージニア州にある小さな町の牧師は4月6日、このように皮肉を込めてインスタグラムに投稿した。

「ええ、中小企業への融資申込書の書き方は神学校でもしっかりと教えられましたからね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Ah yes, seminary taught me well on how to fill out loan forgiveness forms from the Small Business Administration,” one small-town Virginia pastor remarked sarcastically on Instagram on Monday.

「クリスチャニティー・トゥデイ」の関連出版社でもあるチャーチ・ロー・アンド・タックス社が4月2日に開催したオンライン・セミナーの参加者は、過去最高の1万2000人にのぼった。キャピン・クルーズ、ガイド・ストーン・ファイナンシャルなどの会計事務所や、(前述した)ERLC、ECFAも同じように、経済対策ローンとその申請方法に関するセミナーを開いて参加者の疑問に答えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Fellow Christianity Today publication Church Law & Tax held a webinar for a record-setting 12,000 registrants last Thursday, while organizations like the accounting firm CapinCrouse, Guidestone Financial, the ERLC, and the ECFA have shared similar resources to help answer questions about the stimulus loans and how to apply.

先週前半、教会が融資を初めて断られた時に起こった大きな疑問は、「そもそも教会には本当に受給資格があるのか」ということだ(受給資格はあるのだが)。そしてもう一つの疑問は、「通常給与の2カ月半分に相当するこの支援申請をどのように申請すればいいのか」ということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
After some lenders had initially turned churches away early last week, the biggest questions have been whether churches really qualify in the first place—they do—and how to submit their loan applications, which can be used request as much as two-and-half-times their typical monthly payroll.

(ECFAの)バスビー議長は、政府がこの経済支援ローン対策(ケアーズ法)を成立させ、宗教団体の雇用主を支援対象に含めたガイダンスを発表するまでにかかった時間を「奇跡的なまでに速い」と評価し、教会や関連の非営利団体を支援対象に含むことを明確に優先させたジョシュ・ホーリー上院議員やトム・コットン上院議員などの努力を、ほかの福音派指導者と共に称賛した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Busby called the speed at which the government passed the loan package through the CARES Act and issued the guidance addressing religious employers “miraculous,” joining evangelicals leaders in applauding the efforts by legislators such as Senators Josh Hawley and Tom Cotton, who prioritized explicitly including churches and religious nonprofits.

ここ数週間で業務が「倍増」したというクラウン・ファイナンシャル・ミニストリーズ(以下、クラウン)は、より包括的なアプローチでPPPに関する情報を提供した。クラウンのチャック・ベントレーCEOはこう述べる。「私たちは約25億ドル(2500億円)の融資を受ける資格がありますが、申請はしません。借金を負うことを避けるためだけではなく、私たちにとって大事なのは、私たちがこの活動のために納税者の資金を受け入れるべきではなく、『備えてくださるのは神様だ』という信頼を持つべきだと考えているからです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Crown Financial Ministries, whose workload has “doubled in intensity” during the past couple of weeks, has also offered guidance on PPP, but with a far more apprehensive approach. Crown CEO Chuck Bentley explained that though the ministry qualifies for around a quarter-million-dollar loan, it won’t be applying. In addition to avoiding taking on debt, “our bottom line is that we think we should not accept any taxpayer funds for our ministry, and that we should trust the Lord to provide,” he wrote.

「ほかの人がローンを受け取ることを罪だとは思いませんが、教会指導者には、急いで援助を受け取る前に、祈りと思いを深めるよう求めています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bentley told CT that though he doesn’t believe it is sinful for others to take the loans, he urges leaders to be prayerful and thoughtful before rushing to accept the assistance.

「それは本当に神の国からのマナ(恵み)でしょうか。いえ、それは皇帝からのマナです(マタイ22:21)。長期的に見たとき、教会が(政治に)救いを求めたことは、人々の目にどのように映るでしょうか」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Is it really manna from heaven? It’s manna from Caesar, that’s for sure,” he said. “What’s it going to look like in terms of the optics in the long term, that this is where the church went for a rescue?”

すでにプロテスタント教会の半数以上で献金額が大幅に減少しており、外出禁止令がいつ解除されるかも分からない中で、指導者たちは支給されうる援助を集めるのに必死になっているかもしれない。ライフウェイ・リサーチ社の調べでは、礼拝などを取りやめたことで月定献金が減少した教会の牧師のほとんどが、その減少率を25%以上と答えている。失業率が急上昇する中で、教会の財政状態がどれほど悪化するかは誰にも分からない。ローンは先着順に支給されるため、「急いで申請しなければ」という思いも働いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
More than half of Protestant churches have already noticed a significant drop in giving, and there’s no end to the shutdowns in sight, so leaders may be eager to take whatever relief they can. LifeWay Research found that, of the pastors who saw tithing decrease when their churches stopped meeting in person, most reported declines of 25 percent or more. With unemployment skyrocketing, they don’t know how much worse things will get for the financial health of their congregations, and because the loans will be distributed on a first-come, first-served basis, there’s incentive to apply early.

バスビー氏は、(この対策のための)基金が不足したら再び充填(じゅうてん)される保証はないため、「本当に関心を持っているのであれば、今すぐ申し込むべきです」と述べた。一方、「十分に慎重になった上で申請をしたほうが賢明だと思います。政府支援を受け入れることで批判される可能性があることを団体として認識した上で、申請をするかどうかを決める必要があります。すでに(そのような批判が起こっているのを)インターネットでも見かけました」とも述べている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Since there’s no guarantee that more money will be appropriated if the initial funding runs out, “I would suggest to anyone who’s really seriously interested, now’s the time to apply,” said Busby. “Going into an application with an organization’s eyes wide open is what seems prudent to me. The organization needs to realize that they may be criticized for accepting government money—I’ve already seen it on the internet—and decide up front whether it’s the thing to do.”

「教会は、助けの手を差し伸べる先駆者となるべき」

多くの教会がさまざまな経済政策の恩恵を受け、早ければ今週か来週にも人々に給与が届けられるようにとベントレー氏(クラウン・ファイナンシャル・ミニストリーズCEO)は望んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bentley hopes churches can take benefit from a different stimulus incentive—the checks being sent to out to Americans as early as this week or next.

「支援を必要としないクリスチャン家庭には、献金を検討してほしい。この危機に耐える用意のある家庭もたくさんあります。犠牲と寛容の精神で人々にそれを分け与えてくださることを願っています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I would ask the families to consider, if they don’t need it, possibly that could be something that they give from,” he said. “There are a lot of families that are ready for this crisis, and they could give sacrificially and generously.”

急きょオンライン牧会を行うことになった牧師たちになされた多くアドバイスにベントレー氏は同意する。それは、オンラインでも献金ができると教会のメンバーに伝え、この危機にあっても決められた額をささげる重要性を強調すること。そして可能であれば、一時的な給与の削減を申し出ること。それは、彼のチームが10年以上前に不況によるリストラを回避するために行った措置だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
He’s also echoed the advice being given to pastors who are suddenly ministering from across screens: Be sure to remind congregants of online giving options and emphasize the importance of regular tithing during this time. And perhaps be willing to take voluntary, temporary salary cuts—a measure his team implemented during the recession more than a decade ago to avoid layoffs.

募金活動を行う団体は、「キリストの体」である教会全体をサポートするため、各教会の枠を超えて信徒の力を結集している。アンド・キャンペーンが主導するチャーチ・ヘルプ・チャーチ運動は、緊急の資金支援が必要な教会のために、4月中に50万ドルの調達を目指している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Beyond the congregational level, fundraisers are rallying believers to offer their support across the body of Christ. The Churches Helping Churches Initiative, led by the And Campaign, aims to raise half a million dollars in April for cash-strapped churches that need immediate assistance.

「連邦政府は、米国の人々と非営利団体に一定の支援を提供しようとしていますが、まず私たちが兄弟姉妹の支援を行うべきだと信じています。低所得者の多い都市部にある教会の多くは、人口が密集しているためにウイルスが広がり、また教会員が職を失ったことで大きな打撃を受けています」とアンド・キャンペーンのジャスティン・ギボニー代表は語る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Although the federal government has moved to provide some assistance to Americans and nonprofits, we believe that the church should be the first to help their brothers and sisters in need,” said Justin Giboney, president of the And Campaign. “Many of our churches in low-income, urban areas have been hit hard because of the virus’s spread in densely populated areas and the loss of jobs for hourly workers, who cannot do their work remotely.”

同団体は、有名なスポーツ選手(元ニューイングランド・パトリオットのベンジャミン・ワトソン)などの支援者の協力もあり、キャンペーンを始めて数日で16万ドル(約1700万円)を集めた。教会はホームページ(ChurchRelief.org)を通じて3000ドルの支援金を申請することができる。同プロジェクトでは、小規模ビジネスがローンを得られるのに必要と予測される数カ月後ではなく、今後数週間のうちに支援を行いたいと考えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In just the first few days, it raised $160,000 with the help of partners like former New England Patriots tight end Benjamin Watson. Churches can apply for $3,000 grants through the site ChurchRelief.org, and the initiative hopes to provide them in the coming weeks, rather than the months expected to be needed to get the small business loans.

「(数カ月のうちに)多くの教会は手遅れの状態となり、最も支援が必要なタイミングを逸してしまいます。教会は地域社会にとって重要な役割を担っており、その必要経費は増加しています」と同プロジェクトは述べている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“By then it will be too late for many churches and missed the moment of greatest need,” the initiative stated. “Churches’ costs are increasing right now as they provide critical assistance for their communities.”

また教会は、教派関係の銀行やキリスト教信用組合、そのほか信仰的パートナーに資金援助を求めることができる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Churches may also turn to denominational banks, Christian credit unions, and other faith-based partners for financial assistance.

非営利金融サービス団体「スライベント・ファイナンシャル」(ルーテル系)は先日、オンライン募金キャンペーンを完了し、350万ドルの寄付と150万ドル分の貸与主を集めた。この資金は、1100の教会、フードバンクやシェルターなどの救援活動に携わる組織に与えられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Thrivent Financial recently completed an online fundraising campaign, raising $3.5 million in donations plus a $1.5 million match. The money will go to 1,100 churches and organizations involved in relief efforts, like food banks and shelters.

信徒たちは個人レベルでも支援の動きを見せている。「あるECFAの加盟教会の献金額が半分まで落ち込んだとき、教会メンバーの一人が小切手を差し出し、その差額を補いました」とバスビー氏は語る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And individual congregants are stepping up. Busby shared that an ECFA member congregation suffered a 50 percent drop in giving its first week, and one of its attendees cut a check to make up the difference.

選択肢があるのは良いことだ

「いま財政難に陥っている教会や伝道団体にとって、このローンは『大きなチャンス』だ」と雑誌「教会法と税」で書いたのは、公認会計士で税理士のテッド・バトソン氏。ただこのプログラムは、受給を求める教会だけでなく、(支援する側の)政府や銀行にとっても新たな試みだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For churches and ministries experiencing financial shortfalls at this time, the loans represent a “significant opportunity,” said CPA and tax attorney Ted Batson, writing for Church Law & Tax. But the program is new for everyone—not just recipient churches but also the government and the banks.

「このローン・プログラムは複雑です。申請プロセスが設計され、フォームが作成され、規制やその他のガイダンスが作成されるため、『中小企業局』と貸し手が数週間、当て推量でやることを予期しておいてください」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“This is a complex loan program,” he wrote. “Expect the [Small Business Administration] and lenders to be flying blind for several weeks as the application process is designed, forms are created, and regulations and other guidance are created.”

中小企業向けローン制度に教会や伝道団体も含まれていることに対して、外部からの最も大きな批判の一つは、教会や伝道団体には納税義務がないということだ。しかし、信教の自由運動を推進している人々はこう主張する。「ほかの『非営利非課税組織』が新型コロナ・ウイルス関連の支援を申請できるのであれば、雇用主が信じる宗教によってその団体が不適格とされるべきではない」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
From the outside, one of the biggest critiques around churches’ and ministries’ inclusion in the small-business loan program is their tax-exempt status. However, religious liberty advocates argue that if other 501(c)(3) organizations can apply for coronavirus relief, an employer’s faith convictions shouldn’t keep a group from being eligible.

確かに、非営利団体には所得税を納める必要はないが、納税をしていないわけではない。教会や関連の非営利団体でも、教役者でない者の給与については所得税を納めており、牧師でさえ一部免除された額の所得税を支払っている。こういった人々も2週間前に制定された経済支援策のもとで、一般の雇用者と同じように、補助金や中小企業向けローンを利用することができる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And while nonprofits don’t pay income taxes, that doesn’t mean they carry no tax burden. Churches and faith-based nonprofits pay payroll taxes for non-ministerial positions, and even pastors pay income taxes, though some of their pay is exempt. Under the stimulus package put into law less than two weeks ago, they are able to take advantage of individual stimulus checks and small-business loans—same as nonreligious employers.

新型コロナ・ウイルスのパンデミックによって引き起こされた経済的後退が続く中で、政府が教会を支援することについて一般の人々の目を気にしている信徒でさえ、自分たちが支援の対象に入れられたことに安堵(あんど)している

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As the economic downtown caused by the coronavirus pandemic continues, even Christians who recognize that others may be concerned about government funding are relieved to be included and have this opportunity.

「教会や牧師には、自分たちの状況や信念に応じて(政府支援を)利用するか、しないかを自由に選ぶことができます」と語るのは、南部バプテスト連盟の金融サービス機関であるイドストーン・ファイナンシャルのO・S・ホーキンス代表。「私たちが牧師に『何をすべき』と伝えることは決してありませんが、この経済支援を通じて援助を受けたいと考えている牧師や教会に、その選択肢があることは良いことです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Churches and pastors have options available to them depending on their own situations and convictions,” said O. S. Hawkins, president of the Southern Baptist Convention’s financial services agency Guidestone Financial. “While we would never tell a pastor what he must do, it is good that the options are available for pastors and churches who may wish to avail themselves of the options available through this legislation.”

あらゆる危機と同じように、将来の経済を予測できない状況の中で、指導者たちは神からの命令を仰ぎ、信頼できる助言者に頼る。取るべき対応はコスト削減だろうか、助けを求めることだろうか、手元資金に頼ることだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As with any decision in a time of crisis, leaders will be seeking direction from God and trusted counsel on what moves to make—cost-cutting, seeking relief, relying on cash reserves—when they can’t predict their financial future.

EFCAのバスビー氏は語る。「教会のリーダーとキリスト教団体には、洞察力が必要とされています。慎重に決断を下さなくてはなりません。今、自らの存在について問う団体がたくさんあります。多くの教会やキリスト教団体が給与保護プログラムに急いで申請している理由の一つは、今後の財政計画について(教会が)慎重であるよう求められているからでしょう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Leaders of churches and Christ-centered organizations need to be discerning; they need to be prudent in their decisions,” said EFCA’s Busby. “Those are soul-searching questions that organizations are asking themselves right now. I think the need to be careful in cash planning for the future is one of the reasons that is driving a lot of churches and Christ-centered organizations to apply for the Paycheck Protection Program early.”

執筆:ケイト・シェルナット

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2020/april/coronavirus-stimulus-loans-churches-payroll-sba-ppp-grants.html

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.